FC2ブログ
縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
09 | 2018/10 | 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

環境省でも奈良県でも絶滅危惧種のベニバナ山シャクヤク
今年3月に登山者の失火から 焼けただれた木の足元に、紅花山シャクヤクがけなげに咲いています。


火事でこげた木の足元でけなげに咲いてくれてます。


展望台から見えないとあきらめていた稲村が岳と大日岳がちらっと見えました。

流れる雲の間から、稲村が岳、大日岳が見えた!


はーい!!待っててくれました。
ベニバナ山シャクヤク、はっぱも花も優しい色です。
雨の中 登った甲斐ありました。


この時期、一週間ばかりと聞きました。

待っててくれました。

ふたりしずか

可愛い紅花山シャクヤク。

こんな木にいっぱい出会えます。(おーい!重たい! 甘えるんじゃない!)(あ、そうだった、上に伸びなきゃ!)


おーい!重たーい 甘えるんじゃない!

笹百合にもあえましたが、これ後ろ姿。 なんとすがすがしい容姿ですこと。


笹百合にも会えたけど、後ろ姿です。


後醍醐天皇の子供、皇太子が北朝の追っ手を逃れて隠れて祠。



観音の岩や


見晴らしのない山頂でも (登頂成功!はい、タッチ!)

登頂!ハイタッチ!
 


雨の中、小さな発見もありました、


雨予報だけど今を逃せば、来季まで待たないと。そんなに危険でない山だからと岡田先生は 梅雨の今日  案内してくださいました。すべて先生の写真です。

まだそんなに登っていないのに雲海が見えます。みとれてる~!



雲は流れる、大丈夫

コメント
素敵な写真をありがとう。
今回も、家に居ながらにして、山の写真とコメントを楽しませて頂きました。
紅花山しゃくやくが見つかったのね、皆さん大喜びだったことでしょう!
私は、幹がぐにゃりと曲がった木が不思議であり、面白いと思いました。
コメントも面白い(^^♪ 大ちゃんの原生林の絵を思い出しています。

雲海を眺め、その向こうに稲村ケ岳が見えるなんて!
そんな眺めの場所にもう立つことはありません。

ようこさんがお元気で好奇心旺盛で、山へ登り、奈良町行事に参加されるので、このブログが続いています。どんどん記事アップお願いします。

ensachiは写真がなくて困っています。
先日、同窓の友の写真展に行って素晴らしい写真を見てきました。
ちゃっかり、写真をブログに送って下さいと約束していますので、乞うご期待。
[2018/07/06 10:08] URL | ensachi #- [ 編集 ]

雨の中,お花はみんな元気です。
和みます,雨で濡れた花たちを見ると。
私たちも濡れて滴ってますが、美しくはない。
自分で撮った写真への説明でリアル感あるのに、人の拝借でダメですね!
でも山の空気が伝わる写真ばかりです。
皆さんから見ればどの山も同じに見えるかと。ごめんなさい。

エンサチさんのお友達の写真を楽しみにしましょう。
[2018/07/06 10:31] URL | ようこ #y8GjvvOo [ 編集 ]

興味津々で見せてもらいました
一枚一枚の写真が、とても興味深かったです!

紅花山シャクヤクの花は可憐な風情で、
大自然の中で逞しく生きる力を備えているのですね。
火事の時は、土の中で熱さに耐えて生き延びたのでしょう。

笹ユリも見つけたのですね(´ω`*)
お日様の方向を向いているのでしょうか。
前から見てキレイなものは、後ろ姿もやっぱりキレイです・・

絡み合った樹木が珍しかったです。
どの木が厚かましくて、どの木が可哀想だろうかと心を痛めながら
しげしげと眺めていました。
長い年月の間、命がけの闘いをしているようにも見えますね。

後醍醐天皇の皇子が潜んでいた祠がそのまま残っているのも
凄いな~と妙に感心してしまいました(*'▽')

見晴らしの良くない山頂でハイタッチしたり、
つり橋を渡っている昔の娘さんたち・・・
若いなぁ~と心から羨ましく感じましたョ
[2018/07/06 22:53] URL | スマイル(*^▽^*) #- [ 編集 ]

雨具の色で,年ごまかそう!
おばさん、おばあさん軍団は特に派手です。覗かれた可憐な山の花たちも驚いてることと。
天皇のプリンスがしばらく住んでたにしては狭い祠、そこまでたどり着くには、足元絶壁の場所超えないと。やはり追っ手の目をごまかすのにはプリンスも大変な危険をおかして隠れ場所にたどり着いたと。
家来はどこに寝てたのか!その空想が面白い。

あと写真はないのですが、休息で入った小屋に、コウモリも雨宿りに。しばし天井にぶらさがっていましたが、私たちのやかましさに逃げていきました。
(こうもり傘ももってないのか~?)敏明先生の声。  
あの絡んだ木も雪の降り積もる観音峰、雪の重さにこらえたのでしょう。

はい、タッチは手前の人は初参加。登頂!の時はこんなにするんや~。
岡田クラスは派手に表現する。静か~に喜んではだめです。
私もはじめびっくりしました。知子先生が一番ポーズが豊か。今回も知らない間にこんな瞬間撮られました。

大変な天候、苦労してのぼった山、仲間。
たくさん思い出たまってます。
スマイルさん、丁寧にコメント有難うございます。

[2018/07/07 11:28] URL | ようこ #y8GjvvOo [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ensachisan.blog.fc2.com/tb.php/490-083873e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新の記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

訪問客

フリーエリア

リンク