FC2ブログ
縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
09 | 2018/10 | 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

曽爾高原にはまってます、第3弾、高原の山焼き。
去年秋より兜が岳、鎧が岳に登り、300年続く獅子舞に驚き、年末には大人のアスレチックと言われてる古光山で、冷や汗の

お年寄りのアスレチックを経験し、今回はやはり曽爾村大好きな岡田先生は  雄大な山焼きの見学を含む山歩きを計画してくださいました。
 
曽爾高原 7
午前中に栃岡山に登りました、登山教室ですから。
曽爾高原 9


下山してから、車で曽爾高原を見上げる場所へ。  
 
朝から点火されてるから、上のほうは黒く焼けてました。これからがクライマックスに向かう。
曽爾高原山焼き 1

曽爾高原山焼き 3


曽爾高原山焼き 4

曽爾高原山焼き 2

少しずつオレンジ色の帯が這うように進むと思うと、傾斜を駆け上る竜のように炎が登っていく。

真黒な煙とオレンジ色の炎、奈良の若草山の山焼きとはまた違った迫力です。この辺は、室生火山岩分布地、典型的な

地滑り地帯。奇岩断崖の山岳に囲まれてる この山焼きされた地形は、その地滑り地帯そのものです。 

若草山の山焼きと違うところは、曽爾高原は上から下に焼いていく、確か若草山はふもとから点火したと思います。




曽爾高原 8
午後からは、済浄坊渓谷歩きです。今日3月3日は春そのもの4月頃の気候、汗ばむほどでした。

渓谷沿いのみちの影は山の水が落ちるところはつららのなっていて、足元は滑る、緊張の歩きでした。
曽爾高原 6
はい、こんなでっかい氷柱です。一日で三度も面白い体験ができました。
お得感のある教室でした。
真っ赤な炎の祭典と、この時期真冬を思わせる氷柱、集合写真のバックは、きれいな滝です。
岩肌をなめすような滝にたくさん出会えました。
曽爾高原記念撮影 縮小
コメント
山焼き、迫力ありますね~!
相変わらずようこさんはビックリするほどお元気ですね💛
山に登ると、必ず珍しいもの、新しい発見や出会いがあるから、
ようこさんは、いつまでも若々しくて新鮮な心を
失わずにいられるんだなと思いました。

曽爾高原の山焼きは規模も勢いもスゴいですね~~♪
山を焼くことで、また高原に新しいススキが一面に広がるのですね。
この山焼きをもっと観光名物にできそうな気がするんですが・・・
迫力ある行事が知られていないのが残念な気がします。

流れ落ちる水が凍ったつららもスケールが大きいですね~♪
足元がとても危なそうです。
炎と氷と滝・・・三度も面白い体験をした
とーってもお得感のある曽爾高原冒険登山でしたね!!
[2018/03/05 19:34] URL | スマイル(*^▽^*) #- [ 編集 ]

曽爾高原の魅力
雄大な曽爾高原一面のススキが原です。
メラメラと燃え上がる炎を身近に見て、迫力満点だったことでしょう!
壮大な眺めを想像しています。

若草山焼きは、18万人程の見物人を集客する大きな行事になっています。
面積は曽爾高原の方が広いと思うのですが
消防署の方とボランティアで、春を告げる行事を担っておられるのですね。

知る人ぞ知る。カメラを構えた人が写っているものの少数と見受けますが、観光化していない大自然の中の曽爾高原焼き。
案内された、登山教室の岡田先生と参加されたようこさんには
私たちのブログで素晴らしい写真を見せて下さり感謝いたします。
[2018/03/05 22:30] URL | ensachi #- [ 編集 ]


山焼って夜の印象でしたが、朝からだったのですね。
それに上から下に焼くのも 何か理由があるのでしょうね。
火の勢いは怖い気もしますが、ようこさん貴重な経験されましたね
滝が凍ってるのも 間近で 触れる❗
このコースは行きたいです❗
[2018/03/19 13:44] URL | まいど~る #3v9IlUEY [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ensachisan.blog.fc2.com/tb.php/477-d4b02781
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新の記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

訪問客

フリーエリア

リンク