縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

大立山、はり新さんのホームページより
ようこさんの家は郷土料理のはり新さんです。
今回は、はり新さんのホームページを拝借しました。
http://harishinnara.blogspot.jp/2017/01/blog-post_24.html

スマイルさんといつもの散歩道を歩いていたら、大極殿から準備中の大パネルがニョキッとのぞいてました。
行事は見たいけど、この寒空、しかも夜に平城京で四天王を見、若草山の山焼きを眺める勇気がない二人でしたが。
さすが奈良町に根を下ろす老舗ですね。はり新さんが大立山を観光案内されていました。ラッキーでした!

2017年1月24日火曜日
はり新の観光案内(奈良 大立山まつりは25日から)
● 1月25日(水)から平城宮跡で、「奈良 大立山まつり」が開催されます。圧倒的迫力の四天王の大立山や、県内各地の伝統行事が一堂に会します。23日(月)夕方にはすでに四天王の大立山が立ち上がっていましたのでカメラに収めてきました。(奈良県内各地には、江戸時代の頃から「造りものを身代わりとして、厄を落とす」という風習があり、それを「立山」と呼んできました) 
1.jpg

写真中央は大極殿、その右側に多聞天の立山が見えます

2.jpg

多聞天の立山と大極殿。大極殿が大きいので多聞天の大きさがわかりづらいですが、その高さは7m強!


3.jpg

当日は立山の中に灯りがともります

4.jpg

立山の後ろもいいですね。四季のイメージ画が描かれています。広目天は秋。

5.jpg

増長天の後ろには夏のイメージで花火でしょうか

7.jpg

大立山と同時に楽しみたいのが県内市町村が工夫を凝らしたご当地グルメの「あったか食」。当店は祭会場には出店しておりませんが、奈良町で飛鳥鍋をご用意しております。
8.jpg

当日は立山に灯りがともされますが、夕陽を背にしたシルエットだけの立山(増長天)も迫力があります

9.jpg

大極殿前から生駒山系に沈む夕陽が見えました。ここから西の山々を拝むと視界を遮るものは何もありません。 25日の開催が楽しみです。










コメント
大立山、面白そうですね
はり新さんのホームページに掲載されているのですか?
ensachiさんが載せてくれたアドレスではクリックできません(T_T)
コピーして検索したのですが、それでも出てきません。

平城京の方から、この辺りまで賑やかな音が聞こえています。
7メートルもある立山の内側に灯りがともったら
壮観でしょうね。
大立山と大音響の演出はなかなか見ごたえがあることでしょう!
でも、夜道はシルバーカーが危険なので、
昼間の散歩のついでにみにいってきます♬

はり新さんの若ご主人の大立山記事を直接見たいです。
アドレスはblogとなってますが、ホームページなんですか?
[2017/01/27 20:59] URL | スマイル♪ #- [ 編集 ]

どうなってるのでしょうか!?
このまま打ち直すと、はり新さんのホームページが出てきます。
何年も遡って沢山載せておられますよ。知らないことを一杯調べておられます!
それにしてもです、コピーして貼り付けて出てこないとは!?
何度も見直していますが、どこか間違っていますか?
[2017/01/28 16:00] URL | ensachi #- [ 編集 ]

face book ではありませんか
私はface bookは見られません。

アカウントをとるつもりはないので、
残念ですが、見ることができません。
[2017/01/28 22:32] URL | スマイル♪ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ensachisan.blog.fc2.com/tb.php/358-e59f5b12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)