縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

暑いけれど

ああ~暑い暑いといってるあいだに、オリンピックも終わりましたね。
日本選手の活躍に、連日テレビの前から離れられませんでした。
最後のオリンピック旗の受け渡しは、
すったもんだの末の小池都知事が着物姿で登場し、
堂々たる彼女の姿に、なかなかやるなあと同性として拍手。
私自身はムダ遣いの温床のような
東京オリンピックなんかいらないと思ってはいますが・・・
東京五輪のロゴマークはしぶくていいと思います。


体験
今夏のすさまじい暑さに、みなさんひっそりと籠っていらっしゃるんじゃないでしょうか。
ご多分にもれず、私もそのくちですが、
先日、地域のイベントに、思い切ってエイヤッと出かけてきました。
子ども向けの催しですが、屋台や映画上映があり。
暑かったけど、賑やかな子どもたちの歓声で盛り上がっていました。
体験コーナーで、蚕から糸をとる作業をしていて
参加させてもらいましたが、これがおもしろい。
繭になった蚕をお湯に浮かべ、糸口をみつけて五本ほど束ねて一本にして、
糸繰り機でクルクルと巻き取っていきます。
糸が切れもせず、からまりもせず、するすると伸びるのは驚きでした。
蚕
  お湯に浮かぶ繭(白)と 糸を巻き取られた後の蚕

糸繰り
    ピンボケですが糸を引いているところ

体験はここまでですが、
この糸をさらに何本も寄りあわせて一本の糸にしたのが生糸だそうです。
これはお遊びでやっているなら楽しいですが
女工哀史で知られる娘たちの、辛い人生を想像したら、
今のこの時代のありがたさが身にしみます。

子どもたちにこそ体験してほしかったんでしょうが
往年の乙女たちが、「昔蚕を飼ってたわ、懐かしい」などと言いながら
糸を繰ったり、真綿作りのまねごとなどをして大人気でした

繭の中の死んだ蚕をとりだし、繭をそのまま広げる作業を体験しましたが
その糸の強さは、
一個分の繭の小さな糸の塊が畳一畳の大きさに広がるとか!
それを何枚も重ねたものが真綿といわれるんですって。
へぇ~でした。
繭張り
   一個の繭を広げたところ
   これを更に畳一枚の大きさに広げる

昔、我が家にもありました、真綿で作ったあれは、
たしか「亀の子?」だったかしら、背中に当てると暖かいんですよねえ・・・
恥ずかしながら、蚕の偉大さがいまさら分かった次第でした。


ブルベリー
この暑い今頃に採れるブルーベリーです。
朝の涼しいうちに採るのですが、
一粒が小さいのと、黒く熟したものだけを採らないといけないので
けっこう手間がかかり、欲しい人、採りにきていいよって思ってしまいます。
ジャムにしてプレゼントすると、
ブルベリー
目にいいと、年配の方にはとくに喜ばれます、ほんとに効くのかしら。

寄せ植え
夏の庭は暑さに負けて、たいした花もないのですが
今年の寄せ植えが、思いのほか素敵に仕上がり自画自賛しています。
寄せ植え

お・ま・け
モモンガ息子が長期出張の為、どうしても預かってくれと
フクロモモンガを置いて帰ってしまいました。
両手の中にコロンと入ってしまうぐらいの子に
付いてきた荷物の多いこと。
餌は夜一食でいいのですが、グルメらしくて
モモンガミルクは必ず、
煮干、ゼリー、あれば生の果物を、
スイートコーンやハチミツは大好物、同じものは続けるとダメ、
と、あれこれめんどくさいこと。
昼間は小さい袋の中でひたすら寝るばかり。
夜中に活動しているようですが、私たちにはとてもお付き合いできません!
とはいえ、一週間もしたら、こんなふうにちょこっと顔出しもするようになり、
いつのまにか我が家に馴染んでいるようです。
もも

まだまだ猛暑、続きそうです
熱中症にはくれぐれも気をつけましょう





コメント
蚕はすごいですね
真綿はふんわり暖かで、当時も重宝なものでしたが
こうしてできるんだとこの話を聞いて、一層貴重なものに思います。

子供向けだったのですね。
柏原では綿を育てているので、町内のちょっとした催しで綿を紡いでいます。先日は子供がゴザの上で、綿から種を取り分ける作業をしていました。
この歳になって ヘエ~と知ることが多いですね。
面白い話を聞かせてもらいました。
[2016/08/24 10:45] URL | ensachi #- [ 編集 ]

ホント、面白い話題でした
ついつい、話に引き込まれましたよ。
どの章もなかなかのものです。

オリンピックはメダルの数が最高でした!
本当によく頑張ってくれましたね。
厚化粧の方も、暑い土地で日本古来の着物姿で素敵でした。
石原慎太郎氏は反省してください!

あの小さな蚕の糸がそんなに強いとはね。
繭を大きく引き伸ばして幾重にも重ねると
真綿になるのですね!
生き物に備わったパワーの神秘は目を見張るものがあります。

ブルーベリーをひとつずつ摘み取って、
ジャムにするまでのなんと手のかかること!
本物のブルーベリージャムを有り難く味わいながら
いただいております。
バナナや、蜂蜜や、ドライフルーツや、パイナップルなどと
ヨーグルトにトッピングして贅沢な一品の出来上がりです。

ガーデニングはハナコのママさんの十八番ですね( ^^) _旦~~
毎回、目の保養をさせていただいています。

お・ま・け のモモンガ
お盆にはやはり出ましたね♪
フクロモモンガのお食事は

モモンガミルク、煮干、ゼリー、あれば生の果物、
スイートコーンやハチミツですって?
人もうらやむ豪華版じゃありませんか!

これだけあれば、人間の子供の一人や二人、
立派な大人に育て上げられますね。
モモンガ息子さんの甲斐性なんでしょう。
パッチリお目めの愛しい相棒なんでしょうね。

[2016/08/24 22:20] URL | スマイル(*^▽^*) #- [ 編集 ]

楽しい話題が次々
毎日の生活のなかでの発見、もの知らずの私にとっては珍しいことばかり。
繭からの生糸の取り出し方、この年で初めて見ました。
真綿の亀の甲ね、懐かしい田舎を訪ねたとき、見せてもらいました。
なんと軽くて暖かい。

ブルーベリージャム、我が家では皆大好き、市販しか知りませんが。
あ、妹がある農家で一ぱい買って ジャムにしてくれました。
感激してたべました。

ガーデニングはお手のものと、最敬礼するばかりです。

モモンガちゃんのお目目がまた可愛い!

食事が大変な手間ですね。すごいグルメにびっくり。
楽しい話題有難うございました。

[2016/08/26 14:15] URL | ようこ #y8GjvvOo [ 編集 ]

偉大なる蚕
はい、蚕のすごさをいまさらながら感じた日でしたよ
私たちの年代には真綿というのがどんなものか分かりますが、
それがどのようにして出来ていたのかなんて
詳しくしりませんでした。
温かいダウンがいつでも手に入る今、
手間ひまかかる真綿なんて
なおさら現代っ子には理解不能でしょう。

ようこさん、そうそう亀の甲ですね、
やはり昔はどのお宅にもあったんですね。
こんな言葉もうまくいいあてていて、懐かしいばかりです。

[2016/08/26 15:18] URL | ハナコのママ #- [ 編集 ]


モモンガのモモちゃん、クリクリお目めがキュート❤
どんなにわがまま言われても、グルメでも愛情をそそぎたくなります(*^^*)
息子さんも ハナコのママさんパパさん みなさんが 生き物大好きで嬉しいです🎵

蚕の繭は不思議な宝物ですね。
テレビで 女工さんが生糸を紡ぐのを観たこと有りますが、結核になるくらい 大変な労働だと思っていました。
実際には 意外と簡単 慣れると面白い って感じですね。

糸の端は簡単に見つかるのですか?
絡まって絡まって 進まない! ってことはないのですか?

まず 蚕が口から糸を出すのか、お尻から出すのか?
それすらわかっていません。

繭を畳の大きさに伸ばす?
ものすごい薄さですね~
それから亀の甲を作るのですね。
ネットで検索したら、今風の[おんぶKAMENOKOU]通販サイトでした。

東京Olympicのエンブレムは『組市松紋』と言うそうですね。
藍色 日本古風です。が、鈴鹿のレースフラッグを連想したのは私だけ?
閉会式は観なかったのですが、知事のお着物が濡れたとかで、かみこさんが高価な着物が❗っと言ってました。

ハナコのママさんのblog とても興味深くて楽しませて頂きましたよ🎵
お花はさすがお見事です🌺
うちは何も咲いていませんが、もうじきカボチャの🌺が咲くかも知れません❗


[2016/08/26 20:05] URL | まいど~る #/95gOgAk [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ensachisan.blog.fc2.com/tb.php/302-ea262c37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)