縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

秋深し・・
スマイルさんのミステリよもやま話、
なかなか奥が深そうでした。
もうちょっとステキな写真とともにお聞きしたかったですね。

さて、秋も深まり、しかしながらここにきて暖かな日が続いたためか、
いつもなら咲ききらずに終わるバラがきれいに咲いてくれました。
雨や霜が来る前に全部切って、生けてみたら、
春に咲くよりも深い色がとてもきれいです。
   名残りのバラ



今月の始めにensachiさんが遊びにきました。
しょっちゅう、二人で遊んでいるように思われそうですね
はい、その時もカエデの里「ひらら」というところに行ってきました。
古い木造の小学校が、
校庭には世界中のカエデを植え、
ひららの里

教室は地元の工芸品や手作り作品の売店やカフェに、
広い木の階段を上った二階の教室では、何人かのアーティストたちが、
11月のフェスティバルのための作品作りをしていたりして、
とってもすてきな場所へと変身しているのです。
二階のアーティストの一人がアメリカ人で、
ずうずうしくもハローなどと言って部屋に入れてもらい
Ensachiさんの会話力で話がはずんだんですが、
並の日本人よりも、日本のことをよく知っておられ、
二人で感心のしまくりでした。
教室

我らが年代にはなんとも懐かしい小学校そのもので、
ちょうどカエデの紅葉も見ごろとあって、
おもわぬ風景を楽しみました。、



青蓮寺を訪ねて

中将姫ゆかりの尼寺、なんて聞くと行ってみたくなるのが
私たちです。
「ひらら」の里から車で10分ほどなんですが、
ほとんど詣でる人もないそうで、
たまたま私たちの会話を漏れ聞いた地元の方が
車で先導して連れてくださったのですが、
えっ、こんな道をと思う、細い山道の先にそのお寺がありました。
青蓮寺

深い木立を抜けたら、手入れの行き届いた境内に
端正なたたずまいの本堂があり、私たちの声を聞いて
庫裏から出てこられた尼さんが、本堂の扉を開けてくださいました。
いろいろな縁からこの寺の住職になりました、とおっしゃるその方は
凛とした面差しのきれいな方で、
最後には二人のためにお経まであげてくださいました。
庵主さん

日頃、深い宗教心など持たない二人ですが
なにやらありがたく、清々しい気持ちで帰りの途につきました。


おまけ
毎年開かれる地元の文化祭に
出品された菊ですがきれいでしょ!
いっぱい褒めたら我が家にきました。
「管(くだ)もの」の菊、だそうです。
銘があったんですが、忘れました。
菊の花

コメント
懐かしの小学校
教室横の廊下(立たされた人もいたんじゃない?)には、
真ん中に白線が引いてあり、右側通行と書いてあるのを見つけ
‘走ったらいけません。右側通行!‘なんて叫んでた生徒の声まで蘇ってきた、何とも親しみのある昔の校舎でした。
ハナコのママのドライブで、近くにある素敵な場所を見つけるのが、とっても楽しいのですよ。
[2015/11/19 21:30] URL | ensachi #- [ 編集 ]

ハナコのママさんのテーマは
四季折々の美しさですね。
文章とのハーモニーが抜群です。

もしかしたら、実際に目にするよりも
文章を読みながら、こうして写真を眺めるほうが
はるかに効果的な気がします。

バラの花はハナコのママさんのイメージそのものですね。
ため息が出るほど綺麗です!
ン十年連れ添ったご主人が、いまだにぞっこんなのもうなずけますね。

行ってみてよかったという穴場というのが
結構あるんですね。
古い木造の小学校がうまく活用されて
見事な観光スポットに生まれ変わっている。
素晴らしいですv-34

尼寺ももちろん素晴らしい!
でも、出品された大輪の菊をいっぱい褒めたら
我が家にやってきた。
どうしてそうなるのか、
ミステリ的には残念ながら尼寺の負けですね。
[2015/11/19 23:50] URL | スマイル(*^▽^*) #- [ 編集 ]

暮らしの中に美しさを 🌷
四季折々の美しさ---はハナコのママのテーマですね(^^♪
そこに惹かれて、チョロチョロ付いて回るensachiです。

ところで、ミステリー的には尼寺だと思うのですが。
地元の先導車がなければ断念していたような、木がうっそうとした山道を老婆二人の車が走りました。杖を突いて登った先には、写真の門があって、人影はなく掃除がきれいに行き届いていた尼寺。ミステリー的には、バッチリでしょう!
[2015/11/20 08:22] URL | ensachi #- [ 編集 ]

モシモシensachiさん
老婆二人がうっそうとした山道を・・、
なんて鬼気迫る様子で恐いです。

まあ、確かに尼寺に至るあの道は恐かった v-356
しかしですよ、同年代の尼さんが、凛としたきれいな方、としているのに
私たちを老婆とは。
もうすこしチャーミングな描き方にしてもらいたわ v-359



[2015/11/20 15:08] URL | ハナコのママ #- [ 編集 ]

老婆二人は
言いすぎですよ~~
誰も二人を老婆とは思っていません。
知的な雰囲気のシニア二人でしょう。

ハナコのママさん、これなら気にいってもらえますでしょうか。

言われてみれば
草深い山奥の尼寺は、ミステリアスですね。

しかしですよ、大輪の菊の一本仕立てが
ハナコのママさんが褒めただけで
自分のものになるのも魔法のような気がします。
私やensachiさんが、どこで何を褒めても
それが自分のものになったためしがありますか?

褒められた人から、どうぞ持って行ってください となるのは
その言葉や、重みを
衝撃的に受け止めたからではないでしょうか。
[2015/11/21 13:13] URL | スマイル(*^▽^*) #- [ 編集 ]

ミステリ的には
さすがスマイルさん、
言うことを心得ていらっしゃる!
私も老婆は言いすぎだと。
だけど考えてみれば、
うっそうとした山道を知的な雰囲気のシニア二人が・・
よりも、老婆二人・・・
のほうがなんとなくサスペンスやミステリっぽくて
うわっ、このあとどうなるの、と期待感を抱かせますよね。
ひょっとして、ensachiはそこまで考えたか?
いや、彼女に限ってそこまでの深い考えはない、
となると彼女の本音か、
私まで仲間にしないでほしいものです。
今頃箱根でクシャミをしているかもしれませんね。

菊がうちにきたのはやっぱり大いに褒めたから。
スマイルさんやensachiさんは褒めかたが足りないのかもしれません。



[2015/11/21 22:33] URL | ハナコのママ #- [ 編集 ]

ひらら
菟田野のひららに行ってこられたのですね~。 
1000種類以上のカエデが植えられていて、ハウスの中には鉢植えもありました。
私は今年、新芽の美しい春 ツーリングの帰りに寄りました。
入り口は小さいので見過ごす場所です。
昭和初期の小学校の校舎が残っていて、その日は大学の映画同好会が撮影をしていました。
私の母の時代の校舎ですね。 かなりのレトロです。 「花子とアン」くらい?
私の時代は1970年太陽の塔が出来た万博の頃、鉄筋コンクリートの校舎です! 

尼僧のお寺があったのは知りませんでした。
私は、西昭和堂でみたらし団子を買って帰りました。

11月に薔薇の花を咲かせたなんてお見事です! さすがですね~
部屋に薔薇の写真もありましたが、蘭もどの花も見事に咲かせるハンドパワーの持ち主ですね。 菊がやってきても不思議ではありません!

[2015/11/22 16:30] URL | まいど~る #/95gOgAk [ 編集 ]

うんと誉めるぞ!これからは。
そしてあの見事な大輪の、花火がパッツと開いた菊をゲットしてみる。
さあ、どんどん褒め言葉を積み重ねましょう、スマイルさん。

ハナコのママさん、ごめんね一緒にして。
1人が知的なシニアで、横に座っているのは老婆、ではミステリアスにならないよ。ところで、このミステリーは遺産相続殺人には決してなりません。数百万ポンドがないからです!(これもハナコのママには失礼!)ではなぜ殺人が起こったのか?なかなか難しい事件になりそうですね。
[2015/11/22 19:32] URL | ensachi #- [ 編集 ]

事件もですが・・・
まいど~るさんも、ひららの木造校舎を訪れておられたのですね!
しかも・・ツーリングで。そして、その校舎は、まいど~るさんのお母様の時代とは!

尼寺は大変魅力あります。
近くならば、落ち葉掃除のお手伝いに行きたい位です。
静かで美しくて、心も洗われそうでした。
[2015/11/22 21:01] URL | ensachi #- [ 編集 ]

三人寄れば花が咲く
皆さん、話が弾んでますね(^◇^)

あんなハラハラさせるスリリングな運転をする
老婆はいませんよ。
安心してください、二人とも老婆ではありません。

本物の老婆は、いくら菊を褒めても
自分のものにならない。
そんな予感がしてなりません。

まいどーるさん

先日は自動二輪の愛車をぶっ飛ばして、
あっという間に我が家まで来てくれましたね。
かっこいい姿を写真に撮りたかったです!

フットワーク抜群のバイクで
まいどーるさんもひららを訪れておられるのですね。
昔の木造校舎には縁のない新しい世代なんだなと
今更ながら年代のギャップを感じます。

ensachiさん

労力を惜しまないで、尼寺でもどこでも掃除がしたくなるのですね。
骨身を惜しまないのが、ensachiさんのいいところです。
本物の老婆になると、ぜんぜん動きたくないのです!
[2015/11/23 18:48] URL | スマイル(*^▽^*) #- [ 編集 ]

バラがきれいに咲きましたね
名前が沢山あって忘れるけれども
あの、うす紫のバラがとってもきれいです。
秋に咲くと色が深くなるのでしょうか。

箱根の紅葉もきれいでした。
もう終わりかけでしたが、ドライブウエーから見る赤や黄色、橙色の木々はあっと声が漏れるほど美しかったです。
そして富士山の美しかったこと!
初めて、富士山が裾を引く姿を目前に見ることができました!!
[2015/11/26 08:36] URL | ensachi #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ensachisan.blog.fc2.com/tb.php/260-18a3b4f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新の記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問客