縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

イギリス・ツアー 12日間
長男の職場の後輩だった方が、ご夫婦でイギリス・ツアーに行ってこられました。
12日間の長旅です。
グラスゴー、エディンバラ、リバプール、バース・・・・そして蝋人形館。
私が一心に読みふけった数々の英国ミステリの舞台、あこがれの場所です。
写真を見せてほしいと軽い気持ちで言ったら、
16ギガのSDカード2個に、合計約4000枚の写真と旅行日程表を貸してくださって
仰天してしまいました。
こんなにたくさんの貴重なものをどうしようかと思いました。
そうだわ、ブログで紹介させてもらおう。
長男に聞いてもらうと、快く承諾してくださったので、
ごく一部を掲載させていただきます。

蠎怜藤縺輔s_convert_20151109214946

たくさんの写真の中から適当にピックアップしたもので、
説明書きは省かせていただきます。

P1130606_convert_20151108224941.jpg

あの有名なアガサ・クリスティや、シャーロックホームズの伝統を受けて
英国のミステリには芳醇な香りが漂っています。
これらの写真にも、私は英国ミステリの片鱗を見てしまいます。



エディンバラやグラスゴーといえば、イアン・ランキンのリーバス警部シリーズです。
一時は、イアン・ランキンばかりを読み漁ったものです。

P1130859_convert_20151106200730.jpg

バースといえば、ピーター・ラヴゼイのダイアモンド警視シリーズです。

ある時、ダイアモンド警視が、歌劇「アイーダ」を観にいって、
アイーダが牢獄で殺されるクライマックスシーンで、
何か、周囲の気をそらせることをしてしまいました。
すると隣に座ったおばさんが、ものすごい形相で警視に囁きました。
誰が殺されたらいいか、わかったわ!

P1130942_convert_20151106202758.jpg

モース主任警視シリーズのコリン・デクスターも、イギリス・ミステリの大御所です。
彼の作品はすべて読みつくしました。

ワーグナーの音楽が好きで、
「ワーグナーには人生のすべてがある。生と死、そして後悔・・・」
とキザな名言を残したのはモース主任警視です。

モースは心臓発作で亡くなりました。
悲しかったです。

P1130710_convert_20151106195700.jpg

イギリスといえば忘れてならないのは、スパイものの名作です。

なかでも秀逸なのは、イギリス諜報部、サーカスを英雄にしたジョン・ル・カレ。
「寒い国から来た男」は、詩情溢れるスパイ小説でした。
しかし、スパイ物の分際で あまりにも詩情を追い求めるあまり、
彼の作品は最後は何を言っているのか、
よくわからないものになり果ててしまいました。
「スクールボーイ閣下」がそうです。

P1130758_convert_20151106200311.jpg
P1130643_convert_20151106195426.jpg

蝋人形館が出てくるミステリといえば、ピーター・ラブゼイの
「マダム・タッソーがお待ちかね」 がピカ一ですね。

P1130280_convert_20151106204511.jpg
P1130277_convert_20151106204349.jpg

Yさん、たくさんの写真を惜しげもなく貸していただいて
本当にありがとうございました。
コメント
なんてうれしい!
スマイルさん
英国ミステリへの思い入れがどれほどのものか、
ちょっとした解説や、写真の選択は、それの大きさをよく表していますね。
わたしも、小学校の高学年にシャーロック・ホームズ物を読んで以来、
英国ミステリーにどっぷり嵌りました。
英国ミステリといえば、
謎めいた古い大きな館、
ヒースばかりが生い茂る、寒々しい荒野、
正体のはっきりしないハンサムな男性、
そしてヒロインとなる、美女
といったところが背景としてよく出てきます。
そう、これらの写真そのものです。
そして機知に富んだ会話も大事な要素。
ダイアモンド警視が隣の席のおばさんから投げつけられた言葉、
思わずクスッとします。
それえにしてもスマイルさん、よくそんなところを覚えていますね。
そのことに感服しました。



[2015/11/10 22:05] URL | ハナコのママ #- [ 編集 ]


英国旅行の写真はどれも素晴らしいです!
水を得た魚のように、スマイルさんのキーボードが写真の上に記事を描いています。
スマイルさんが書けば、登場人物はすべて実在し 写真に現れるかの様ですね。
私までミステリーを読んだかのように酔ってしまいました。 
ピーターラブゼイ氏は79歳とご健在で出筆もされてる様なので、秋の夜長に読んでみたくなりました。
イギリスと言えば、最近気になったのが チーム織姫です。 なぜかオーストラリア横断のensachiさんとドーバー海峡ダブっちゃいました。
[2015/11/10 23:41] URL | まいど~る #/95gOgAk [ 編集 ]

ハナコのママさん
さすがはミステリ同好の士のコメントです。
勘どころで通じ合えたのがうれしい限りです
正直言って
イングランドで誰かと共感しあえるとは思ってもみませんでした。
感激しましたよ。

>謎めいた古い大きな館、
>ヒースばかりが生い茂る、寒々しい荒野、
>正体のはっきりしないハンサムな男性、
>そしてヒロインとなる、美女

あまりにも、的を射た舞台設定に
思わずニヤリとしてしまいました。

テレビでも、エルキュール・ポアロは楽しみに観ていました。
でも、先日とうとう病を得て亡くなりましたね。

いまは、毎日曜日の9時からBS3で「刑事フォイル」を観ています。
フォイルもまた病気にして消さないでほしいです。

「刑事フォイル」も、陽気でないところや、
思わせぶりな演出といった英国の王道は健在です。
[2015/11/11 21:42] URL | スマイル(*^▽^*) #- [ 編集 ]

まいどーるさん
>登場人物はすべて実在し 写真に現れるかの様ですね

はい、その実例がシャーロック・ホームズです。
ベイカー街が本当にあるのかどうか知りませんが、
そこには、ホームズ愛用のパイプとか、机や椅子などの調度品
ハンティング・ハットとか、マントなどが展示してあるそうです。
事件を記したワトスン博士の万年筆なども。
12日間に、ベイカー街まで足を伸ばしたのかと期待したのですが、
日程に組まれていなかったそうです。

ピーターラブゼイが、まだこの世の人だとは知りませんでした。
そこまで調べてくださったお気持ちがうれしいです。

コメントに感謝していますm(__)m
[2015/11/11 22:16] URL | スマイル(*^▽^*) #- [ 編集 ]

店員さん、丸くカットできましたね♪ 
4000枚の写真を見せてもらって
殺人が起きたり、警部補が推理したりする場面を空想して楽しんでいたのですね。ミステリーシリーズをたくさん読んでいたこと、それを覚えていることに驚きました。
スマイルさんは外国旅行をしないから
ブログの取材旅行に行ってきてもらったような、数々の写真でしたね!

エルキュール・ポアロは見ますが、遺産相続が数百万ポンドとかポンポン出てきますよね。一体いくらなんだろう?数百億円とかの相続殺人事件なんでしょうね!
[2015/11/12 15:31] URL | ensachi #- [ 編集 ]

ensachiさんへ
なんとか写真を丸くカットできました!
しかし、課題は残っていますね。
ensachiさんと機械音痴二人が、
ああでもない、こうでもないといいながら、
ひとつずつクリアしていく、
そんな時間が私はとても楽しいです。

Yさんのおかげで、私の読んだミステリと重ね合わせながら
遠い未知の国を旅することができました。

私の実際の行動範囲は、ensachiさんも知ってるように
宇和奈辺古墳から奈良ファミリーに至るコースだけです。
その間で、殺人事件が起こるとしたら
航空自衛隊の正門前を通り過ぎて
小奈辺古墳の畔くらいしかないですね。

エルキュール・ポアロの扱う事件ですが、
昨日の為替レートで換算すると
百万ポンドで1億8千6百7十4万円ですね。
数百万ポンドともなれば、
殺人事件に発展してもおかしくないです。
お金があるために死ななければならなくなるのです。
[2015/11/14 18:34] URL | スマイル(*^▽^*) #- [ 編集 ]

機知にとんだ会話、スマート(・∀・)イイネ!!
英国ミステリーについては、話したいことが山ほどあるのに
スマイルさんもハナコのママも遠慮してるようですね。
次回の女子会で盛り上がる魂胆でしょう!?

さてと、ブログですが。
ヤンミーさんwindow10の調子はいかがですか。記事お待ちしています。
ようこさん、個展以来ですがブログ記事を書く気分になられたでしょうか?
次回はハナコのママにお願いしました。
[2015/11/19 07:59] URL | ensachi #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ensachisan.blog.fc2.com/tb.php/259-29f5398a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)