縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ワイナリーでブドウの収穫
福井のワイナリーで、山ブドウの収穫を体験してきました。(9月30日)


IMG_9696_convert_20151003110359.jpg
山ブドウの木です。青のネットは鳥よけで、9月はじめに設置したものです。


IMG_9732_convert_20151003110456.jpg
粒は12mm前後、色は真っ黒ではなく濃い紫色です。生食のブドウに比べると小粒です。


IMG_9697_convert_20151003110521.jpg
ここでは、垣根作りをしています。上からワイヤーを2本、2本、1本張っています。


IMG_9699_convert_20151003110546.jpg
山ブドウは枝を長くすることにより、実を付けます。でも場所を取りますので、枝をUターンさせています。


IMG_9708_convert_20151003110607.jpg
右と左の木、同じ山ブドウですが、葉の色付きに差があります。また左の木(紅葉)には実はなりません。
なぜでしょう?・・・・・それはオスの木だからです。メス10本に対しオス1本の割合で植えています。


IMG_9715_convert_20151003110729.jpg 
一部工程を飛ばし、醗酵タンクの外観です。ブドウ収穫後の工程の写真はありません。
(写真を撮る間を惜しんでお手伝いしていました・・・本当かな?)
収穫後のブドウは、傷んだ実を取り除く「さび取り」を行、その後軸外し、絞り工程後タンクに詰められ醗酵です。
醗酵終了後、樽に貯蔵されワインになります。説明が急に荒くなるのは、体験していないからです。お許しください。


IMG_9747_convert_20151003110758.jpg
箱入りの高級ワインになります。(いかにも高そう)


本当は自分で育てたブドウで、ワインを作れるといいのでしょうが、ワイン作りの一工程でも絡んだ
ワインが4~5年先に完成するという楽しみは、捨てがたいものです。

                  以上、福井県大野市白山ワイナリーからのレポートでした。








コメント
福井からの発信
素晴らしい体験をされてきましたね。
どういうきっかけでワイン作りに至ったのか?

いろんなことに挑戦するアイさんという人物はどんな人だろうか?

そういうさわりの疑問は頭から締め出して、
ワイナリーについての感想にとどめておきます。

写真と説明で、アイさんの手伝ってこられた 
ブドウ作りの工程がとてもよくわかります。
ワイン用のブドウは山ぶどうなのですね。
山ぶどうをこんなに手をかけて、栽培するのですね。
これだけの手間ヒマをかけたワインは
高価でまろやかな美味しいワインだろうなと思います。

アイさんが仕込みを手伝ってきたワインは
これから4、5年先にならないと完成しない・・・

いったん、人の口に触れたら
たちまち胃袋の中に流し込まれてなくなるものを、
時間をかけ、慈しんで作り上げる。
そういうのって、なんかいいですね♪

質のいいものを作る方と、高いお金を出して飲む方、
双方の心意気というのでしょうか。
いいなぁ♪


でも、私にとっては5年先のワインは
あまりにも遠いです。



[2015/10/03 14:44] URL | スマイル(*^▽^*) #- [ 編集 ]

大菩薩峠
数年前山梨県の大菩薩峠標高1,897mに登りましたが生憎の雨、霧の中を
無理をせず下山、せっかく甲府まで来たのでワイナリーを見学、
ワインの試飲が美味しかったのを覚えています。                 ワイナリーは丘の上にあり見渡す限り葡萄畑、干し葡萄とワインをザックに詰めて帰ってきましたが、残念ながら何処のワイナリーだったか忘れてしましました。老いた脳に、鞭を打って思い出します。
[2015/10/04 16:54] URL | ヤンミー #- [ 編集 ]

ヤンミーさんへ
山の思い出をたくさん、たくさんお持ちのようですねe-342
折に触れ、当ブログで思い出の小箱をゆっくりひも解いてください。
忘れているのはお互い様ですので、気楽に書いていただければ
たいへん嬉しいです。

ただいま、ensachiさんは狭い家の中に、
オーストラリアからボインのレディを二人も迎えて
ひっくり返っていると思います。

コメントする時間もないみたいです。
いましばらく、ご容赦ください。
[2015/10/05 01:17] URL | スマイル(*^▽^*) #- [ 編集 ]


福井で葡萄狩り ワイン作り ロマンチックな秋ですね! 出来上がりが楽しみです(^o^)

アイさんも登山されるそうですし ヤンミーさんも山男だったんですね! 同じ景色を味わってこられたのでしょうね。 羨ましいです(^o^)
[2015/10/05 09:59] URL | まいど~る #/95gOgAk [ 編集 ]

ようやくお出まし!

スマイルさんもensachiさんも私も待ちに待って、
ようやく載ったブログを拝見したら、
アイちゃん、そんなシャレたところに
行ってたんですか。
待たせるはずです。

みかんのワインがイマイチの評判なので、
奮起して、福井のワーナリーに勉強にいったんですか?
いろんなことにトライして、人生を楽しむ!
アイちゃんに乾杯!

[2015/10/07 15:29] URL | ハナコのママ #- [ 編集 ]

乾杯!
ensachiは、毎日ヘロヘロですが。
<いろんなことにトライして、人生を楽しむ!
アイちゃんに乾杯!
[2015/10/07 19:52] URL | ensachi #- [ 編集 ]

山ぶどうのワイン
アイちゃんの口に合いましたか?
おいしかったでしょうね。

柏原もぶどうの産地です。ワインも作られていて、先日もテレビの取材がありました。
ワイン用のぶどうも栽培されていますが、また山ぶどうとは違います。
それぞれ味や風味が違うでしょうね🎶
ヤンミーさんは、お世話もされているし、アルコールもいける、のでしょう?
美味しいワインをよくご存じなのではありませんか?
[2015/10/08 15:41] URL | ensachi #- [ 編集 ]

スマイルさんへ
今回のワインは樽で長期熟成するタイプですので4~5年先になります。
今年8月の上旬に収穫した小公子(しょうこうし):山ブドウの交配種は樽熟成しますが、半年程度ですので、来年の7月ごろには飲めます。
ご存知のように、山ブドウ系は酸味が強いタイプですので、好みがわかれます。
豚肉のみそ付けなんかによく合います。
[2015/10/08 21:23] URL | アイちゃん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ensachisan.blog.fc2.com/tb.php/251-97938d1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)