縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

噂の美人が上司にもらったモノとは
国宝 薬師寺本尊台座四神
白虎、青龍、朱雀、玄武の拓本でした

先日、約50年ぶりに職場のピカ一の美人だった同僚と
会う機会を持ちました。
あの頃は20代で、彼女は総務にいました。
ほっそりとして色白の八頭身。
日本的な顔立ちには近寄りがたい畏怖を感じたものです。
50年の歳月はその人をどう変えただろうか。
私は老い先短くなったいま、ぜひ会いたいと思いました。
今でも畏怖を感じるだろうか・・・
いやいや、相手も74歳です。

逋ス陌酸convert_20150707154344

会って良かった!というのが感想です。
美しさに目を奪われて見えなかった彼女の知性、人あたりの良さは
非常に心地いいものでした。

邇・ュヲ_convert_20150707153858

現在の 
心豊かな彼女の暮らしぶりが窺えるような場所を
案内していただきました。
まず食事処 「ひより」では常連らしくて、
彼女の顔でコーヒーのサービスが付きました。
最近公開されるようになった写真家の入江泰吉邸に行ってみましょう、
とすっかりマインドコントロールされてついていきました。
しっとりとした趣の入江邸内に、国宝 薬師寺本尊台座四神の一つである
白虎の拓本が額に入れて飾ってありました。

譛ア髮€_convert_20150707154133

それを見て彼女は、台座に描かれた白虎、青龍、朱雀、玄武、
4つとも持っている・・・と無造作に言いました。
そばにいた学芸部員が、今では国宝級の拓本は禁じられているのです。
4つ揃ってるのを、僕もぜひ見てみたい!と言ったほどです。
そんなものをどこで手に入れたん?と私は思わず聞き返してしまいましたよ。
彼女は言葉少なに、職場の偉いさんにもらったものだと言いました。
良弁杉の花瓶敷きももらったそうです。


髱帝セ浩convert_20150707154300

知らなんだ、私は何にも知らなんだ・・・
彼女のもとには貢物が列をなしていたんだわ。

しかし、
私はその真実をとても客観的に受け止めることができました。
50年という歳月と、74歳という老いには
美人と不美人の不公平感を曖昧にする不思議な力があると思いました。
コメント
写真を見てビックリ!
拓本、ふんふん・・・と聞き流してましたが
国宝薬師寺本尊台座四神はすばらしいモノですね。
こんな高価なものは単なるプレゼントとは思えません。
若い、美人の女子社員に
社長も上役もこぞって貢物をしたくなるのですね!
あわよくば、なんて下心もチラチラと。
こんな国宝級の上品な拓本を見て、下品なこと言ってすみません。
[2015/07/08 22:03] URL | ensachi #- [ 編集 ]


銀行員の私22歳が50代の支店長から4神獸の拓本を頂いた と仮定するなら…
下心はないと思います。 私の母に気がある…? いえいえ そうではなくて

ふりだしに戻ります(^_^;)

拓本に全く興味も知識もない私に、拓本をくれるのは捨てるのも同じです。

やはり 美人と言うだけではなく、それ以外の 同じ趣味とか価値観のわかる相手だったのではないでしょうか(^o^)
[2015/07/09 12:30] URL | まいど~る #/95gOgAk [ 編集 ]

フウ~ン・・
なんとも微妙な話しではありますね。
スマイルさんは年月が、
女心のもろもろの気持ちを曖昧にしてくれたとおっしゃいます。
スマイルさんはもうそれほどの心境に達しておられる、えらい!
しかし相手の彼女は、さりげなく自分の優位性を示した、と
そういうことも考えられませんか。
今では超のつく貴重な拓本らしいですが、
当時でもかなりのものだったでしょう。
良弁杉の花瓶敷き!
そんな渋いもの、
一般的に男性が若い女性にプレゼントするようなものでしょうか?
そこにはきっと何か、深~い意味があると私はにらんでいます。

スマイルさんの描写からは
楚々とした美人だったことが伺えますが、
やはり、私のまわりの人間関係を見てみても、美人は得をする
それに間違いありません!
[2015/07/09 16:23] URL | ハナコのママ #- [ 編集 ]

ハナコのママ言ってくれましたね。
素敵なあなたでも、美人は得をする、と言うのですね?
今度の女子会で、これは話題になると睨んでましたが
ハナコのママが同じ意見だったとは!
[2015/07/09 20:57] URL | ensachi #- [ 編集 ]

皆さんの反応を
大変興味深く読みました。
私は記事にするつもりがなかったのですが、
ensachiさんに誘導されて、つい打ち明けてしまったようなものです。

ensachiさんへ
とりとめもない会話の中で、ちゃんと覚えていてくれたのですね。
当時は、国民に帰属する財産を
気軽に私物化してしまうようなところが結構ありました。
平城旧跡で掘り出された奈良時代の瓦を、
公然と自分の家に持ち帰ってしまうような風潮が
あったのです。
思うに、
その偉いさんはもっと上物を手に入れていたかもしれません。
そのおこぼれを、当の美人にあげた可能性も考えられるのです。
チラチラとした下心があってのことではないと思います。

まいどーるさん、
いつもラインではお世話になっています。
まいどーるさんは、価値のわかる相手にあげたという見方ですね。
つまり、弱冠20代の彼女をそれほど高く評価していたということです。
上司は彼女なら贈るだけの値打ちがあると
考えたわけです。
たしかに彼女は、若かりし頃に頂戴したものを
ずっと大事に持っていて、
50年前のプレゼントを再確認してくれたのですから、
狙いは当たったのかもしれませんね。

ハナコのママさん
角度を変えた見方ですね。
さりげなく自分の優位性を示した・・・
ウ~~ン・・・
もし、優劣が接戦であれば断じて戦います。
しかし、最初から勝負は決まっているのですから、
私は彼女の意向に甘んじてもいいと思います。
彼女には別の一面があるのです。
それゆえに、優位性を誇示するほど無邪気ではないと
私は受け止めています。
[2015/07/09 23:41] URL | スマイル(*^▽^*) #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ensachisan.blog.fc2.com/tb.php/238-8899f20b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)