縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

篆刻
あけましておめでとうございます。
今年の正月が、だらだらと過ごしあっという間に3ケ日が終わりました。
今日からやっと行動を開始しました。
今回は篆刻について書きたいと思います。

私の篆刻歴
 篆刻教室は平成9年に難波の読売文化センター篆刻教室に通い始めました。
 その教室は、半年で閉鎖になったため、それ以降は、先生(印鑑店の社長)の店に通っています。
 場所は曽根崎で読売新聞社大阪本社の近くです。大阪駅から歩いて20分ほどです。
 教室は月2回今は3時柄です。
 篆刻の作品は、年1回の公募展(関西美術展覧会)、書道の競書誌、2年に一回の社中展にに出品しています。

篆刻とは
 字書では(石などの印材に文字を彫ること。特に,書画などに用いる印章を作ること。多く篆書体を用いることからいう。)
 とありました。

 制作手順は落款印を制作するのと同じことなので省略します。

 今回は実際に刻した作品を掲載します。

字入れ
 印材に文字を書き入れること。
 今回は、経徳秉哲 を選びました。

 P1050001_convert_20150106192431.jpg


刻した印材

P1060004_convert_20150106192517.jpg

押印した作品

P1060005_convert_20150106192557.jpg
        大きさは5cm角です。

公募展に出品した作品

image_convert_20110702205038.jpg    
                 寧静致遠
心身の 平静を保たなければ、遠大な境地に辿りつけないという意味です。 
             大きさは7.5cm角です。

 








コメント

’字入れ’ も ’刻した印材’ も
向きが反対なので読めなくて当然です。
ところが ’押印した作品’も読めませんでした。
経徳秉哲 が篆書体になると、こんなに難しくなるのですね!
寧静致遠も読めませんが、篆刻の作品になるととても有難い気がします。
[2015/01/07 20:09] URL | ensachi #- [ 編集 ]

主役とサイン
篆刻 てんこくすら読めませんでした(T^T)
 
落款 らっかん との違いをスマイルさんと、あーでもない こーでもない
LINEでおしゃべりしていました。

堅くて小さい石に彫るのは、細かくて集中力を必要とする作業ですね。

名前を彫ったのを書道の隅に押すのはよく見かけますが、
今回の4文字熟語漢詩?は
どこに押されるのですか?

小さくても主役なのですか?


[2015/01/08 20:43] URL | M #/95gOgAk [ 編集 ]


展覧会の書道には、漢字、かな、篆刻と部門が分かれています。篆刻作品は、額装して展示されます。小さくても主役になれるのです。
[2015/01/08 22:35] URL | 利峯庵 #- [ 編集 ]

芸術作品ですね
このレベルに到達するまで、よく続けてこられましたね。
本当に頭が下がります。
私は篆刻がとても気に入りました。

母はしばらく木彫を習っていました。
遺作が我が家にも残っています。
素朴な味わいがあって、大事にしたいと思います。

v-207Mさんとラインで交わした正確な会話は、
篆刻と落款はどう違うのかな?彫る材質が違うのかな?と私。
Mさんの返信は
篆刻は主役、落款は脇役(サインみたいなもの)、
という明快なものでした。
私は大いに納得しました。

私は何事でも検索する前に、まずMさんに尋ねます。
教えてほしいことだけがわかるからです。

来年の年賀状にはネットで篆刻の画像を探して
おめでたい文字の篆刻があれば、
それを使わせてもらおうとひそかにもくろんでいます。

篆刻の画像がネットに出回っているか、どうかは
年末までに調べれば間に合います。
[2015/01/09 12:17] URL | スマイル(*^▽^*) #- [ 編集 ]

pomeさんへ
蜂蜜をありがとうございました。

こんな日本製純粋蜂蜜はなかなか手に入りません。
極上モノです。
ラベルを見るとpome養蜂所となっています。
一歳未満の乳幼児には与えないでください。
と もっともらしいこともちゃんと書かれています。

これはてっきり売っていただけるのだと思いました。
大きな勘違いだったみたいで、
pomeさんにはまことに失礼いたしましたm(__)m

まんまと一杯食わされるのが、、
こんなに楽しいものだと思ったのは久しぶりです。
[2015/01/13 13:16] URL | スマイル(*^▽^*) #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ensachisan.blog.fc2.com/tb.php/211-3c1bf405
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)