縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

冬に向かって

華麗な花

先日の寒波では、ここらあたりも雪がうっすらと積もり、
冬の到来がいつもより早いようです。
そんな中、20年ほども経つカトレアが
見事に咲いてくれました。
温室は無し、夏は外にほったらかし、
ほとんど世話らしいこともしないのに、です。
思うに、植物でも動物でも
いつしか置かれた環境に順応してくるような気がします。
けなげですねえ・・
カトレア満開 
            冬の雑木林とカトレア

コンニャクの話し

先日、近所のM夫人から、コンニャク作りのお誘いあり。
我が家でも5年ほど前からコンニャクイモを育て、
自家製コンニャクをつくっております。
コンニャク作りはかなりの力仕事で、
いつのまにかコンニャク作りは連れ合いの趣味となり、
どこやらで、コンニャク談義をしては、
コンニャク友をつくっていたようです。
そんなコンニャク友の一人、M夫人は、
うちとは違う作り方だそうで、
ではと、夫婦揃ってお伺いしました。

なるほど作り方はぜんぜん違い、どちらがラクかはなんとも言えませんが、
(手作りコンニャクは、とにかく根気と体力が必要なんです)
M夫人とわが連れ合いには、それぞれ自分のやり方に自負がありそうで、
お互い、会話はしているものの、相手のやり方がいいなんて
これっぽっちも思っていないのがありあり。
私が思うに、量が多いときは、Mさん方式、
少なければ、連れ合い方式が、とは思いましたが、
二人の前でそんなことは言えません。
M家では、コンニャク作りは夫人の領域らしく、
ご主人は一言も意見をはさむこともなく、夫人の指示に従って
ニコニコと助手を務めていらっしゃいました。
おみやげに頂いた、作りたてのコンニャクを前に連れ合いは
なんだかいろいろ、いちゃもんをつけておりました。
M夫人もそういえば、
どなたに差し上げても、わたしのが一番おいしいと言ってくれますねん、
と、自画自賛してましたっけ・・。
うち製のと一緒にピリ辛こんにゃくにしましたが
どちらがどうということもありませんでした。
コンニャクイモ2 コンニャク完成
        コンニャクイモ1キロ             コンニャク完成 約4キロ

しかし、コンニャクという名称、
いつ、どこのどなたがつけたのか、あの質感をぴったり言い得て、
ほんと、感心するばかりです。

しめ縄作り

公民館行事で、しめ縄作りがあり、これまた夫婦で参加。
あちこちで講習会をされている農家のご主人が先生です。
ワラ打ちをしたワラがすでに準備されていて、ワラを綯うだけなんですが・・
これがなかなか思うようにいかず、皆、悪戦苦闘の様子。
ワラと格闘すること小一時間、なんとかコツも呑み込めて仕上がりました。
そうなると面白くて、夢中になるのが悪い癖、
こんなに作ってどこへ飾る?というほど出来ていました。
出来たものに、水引きや稲穂などの飾りをつけて、初めてしめ飾りを自分の手でつくりあげました。我ながらなかなかの出来ばえです。
最後に先生が、小学生にも教えてるが、毎年自宅のしめ飾りを作っている子もいます、とのこと。
そんなことを聞けば、負けてはいられません!来年も作る気満々の夫婦でございます。
しめ縄作り しめ飾り
       ワラで縄綯いをする                                    しめ飾りの完成     
                                       

恒例の歳末行事

三重県の志摩地方で、連れ合いがみかんを少々作っています。
海の見えるみかん山には小屋があるので、毎年泊りがけでみかん採りに行きます。
この数年、ensachiさんや妹、アイちゃんなども参加して、賑やかなみかん採りです。
みかん採りが完了したら、皆で浜へカキ獲りにいきます。
カキ養殖が盛んなところなので、流れたカキがあちこちに付き、
天然カキの状態で我々に獲られるのを待っているのです。
大潮の日、潮が最高に引くのを待って獲りに行くのですが、
潮の引き方が案外だったり、カキが小さかったりと、狙いどおりにいかないのは素人の辛いところ。
今年、私は大枚をはたいて膝までの長靴や、肩の付けねまであるゴム手袋などを奮発、
気合をいれて浜に着くと、すでに高齢の先客がいて、なんといっぱいやりながらカキ獲りに興じています。
自作の道具なんかを使い、ほろ酔いながらも器用にカキを次々ゲット。
なるほどその手があったかと、目からウロコでした。ただ、おじさん気をつけて帰ってね、足が千鳥ですよ。
ensachiさんはお正月,家族のために磯の香プンプンのカキフライをいっぱい、という意気込みでした。
が、しかし、腰痛のため、カキ剥き専門状態で、私がせっせと運ぶカキを、ひたすら剥いておりました。
まあ、そこそことれたようで、帰りは鼻歌交じりでしたね。
冬の暖かい日差しのなかで、恒例の一大イベントは
今年もこうして無事おわりました。
ハナコママ カキをとる サチヨカキ剥き
     カキとり                     カキがとれました          ensachiさんカキ剥き 慣れたものです       


この一年、いろんなことがありましたが
健康で過ごせたことが一番ありがたいことです。

どうぞ皆様、よいお年をお迎えください


 


コメント
それぞれにコメントしたくなるよ~
カトレアの写真、見事です!
きれいな花を咲かせましたね。
育ての親が世話のしどころを掴んでいるので、
つまり、親が賢いとのびのびした子が育つのだと思います。
昔、園庭のつつじや庭木に全然水をやってない。と告白したら
庭師さんが’その環境なりに育ちます’と同じことを言ったの思いだしたわ

コンニャクの名の由来。 しめ縄作り。 恒例のミカン山。等々
ボチボチ、ツッコミ入れます (^^♪
[2014/12/26 17:54] URL | ensachi #- [ 編集 ]

カトレアは冬に咲く花でしたっけ?
最後にカトレアの花を見てからどれくらいになるでしょうか。
スーパーでも、めっきり見かけなくなりました。
20年も前の花が、以来ずっと生命を紡いできて
今年はこんなにきれいに咲いたのですね。
素晴らしい!

こんにゃくは、カトレアのような気高さがウリにはなりません。

こんにゃく自体がユーモラスなのに
ハナコのママさんの感性で
話が輪をかけて面白くなっています。
1kgのこんにゃく芋から、4kgのこんにゃくができるのって
手品みたいですね。
そばにあるタマゴが心憎い演出ではありませんか。

私も何度か、美味しいご主人の趣味のこんにゃくを頂きました。
仇やおろそかには思っていません。
ありがとうございます。

ご主人と二人で仲好く〆縄作りというのも感動的です。
稲穂がふんだんに使われた現代的なしめ縄が出来上がりました。

亡母の友田の実家でも、毎年跡取りが〆縄を作るのが
一種の行事になっています。
横に長い作りだった気がします。

さて、年末の大フィナーレは
ミカン狩りとカキ獲りでした。
まだまだ、皆さん若くて元気な人なんだと
私から見るとまぶしいばかりです。

ハナコのママさんは、お連れ合いと二人三脚で
花も実もある豊かさを享受されているとお見受けしました。


[2014/12/26 21:35] URL | スマイル(*^▽^*) #- [ 編集 ]

来年もよろしくお願いいたします!
カトレアが咲いたの嬉しいですね!!
ほうりぱなしって…20年もですか?
今年初めて咲いたのですか?

うちはシンピジュームが毎年お歳暮で届き、翌年は咲きません(T_T)

可哀想に思い今年届いたのは弟に引き取って貰いました。 


うちもほうりぱなしですが、あと20年頑張ってみます!


こんにゃく作りは力仕事なのですか…
1キロの芋で4キロ出来るなんてお得です!

こんにゃくは、やっぱりできたてを刺身で頂きたいです(^o^)

牡蠣は自然のモノも食べられるのですか?
雑菌を取るのが大変と聞きましたが。

ensachiさん 腰痛大丈夫ですか?
寒くて足場の悪い中での作業、お疲れ様でした。 
何て鼻歌で締めくくったのですか?

しめ縄も丸くてかわゆい(^o^)
皆さま どうぞ良いお年をお迎えください☆
[2014/12/27 12:43] URL | M #/95gOgAk [ 編集 ]

締めの唄はもちろん’マッサン‘
今年もミカン山に行けました。
一人さぼって昼寝をした時もありましたが、足腰はつつがなく、ビデオでお見せしたい程、年々牡蠣剥きも上手になっています(^^♪

7~8年前は、みかんがどっさり収獲できて、私も大活躍でした。
今年はと言えば、皆さまのお世話になって参加し、一人前に笑って、よく食べました。アイちゃんの奥様の手料理は上等のフルコースと言える豪華版で、これも楽しみになっています。

ハナコのママは、山裾にある小屋と言っていますが、
私に言わせると別荘です。
居間にはテレビと籐いす、奥は畳になっていてベッドがあり、火鉢の上ではシュンシュン湧いた薬缶がセントラルヒーティングしているのですよ。

今年もハナコのママ夫妻のお誘いで、愉快なこと一杯できました。
一年間の感謝と、来年も遊べるように願いを込めて Love from Sachiyo

[2014/12/27 14:57] URL | ensachi #- [ 編集 ]

聞くだけならすばらしい別荘です
アハハ、ensachiさんありがとうございます。
こんなに素晴らしく、うちのベッソウを描写していただいて。
確かにそのとおりなんですけどね・・・

カトレアは毎年、何とか咲いていますが、今年は、りっぱでした、
年のせいか、いろいろめんどくさくなってきて、
咲かないと捨てるよ!と脅したせいかしら。

カキは生で食するのは要注意ですが
火を入れる料理なら大丈夫。
今の時期、最高においしいです。


[2014/12/27 17:25] URL | ハナコのママ #- [ 編集 ]

咲かないと捨てるよ!
面白い、この言葉。効き目バツグン!!

今、アイちゃん奥様のメニューを真似て、干しゆず大根を糸で吊り下げました。 美味しくならないと、二度と作らないよ! と言おうかな。
ダメダメ、初めてのトライだから、美味しくなってねと優しく声を掛けます。
[2014/12/27 20:55] URL | ensachi #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ensachisan.blog.fc2.com/tb.php/209-0631c4c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)