縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

さようなら 交通科学館
  ”しょうむない”はピンポーンでしたか。
  ensachiが答えましたが、全員わかっていた! でしょうね。

  平城京跡の散歩に同行できそうです
  痛かった足が、子守で明け暮れるうちに治りました。
  これって・・若さでしょうか!?
  


半世紀以上も鉄道ファンを楽しませた、港区にある交通科学館が4月初めに閉館しました。
交通科学館

なくなる前に行きたいナ・・と言う私を、6年生に進級した孫が案内してくれました。
幼児のころよく連れて来てもらった、父親方のおばあちゃんも誘おうヨ・・と提案してくれて
その日は楽しいデートになりました。

館内はレトロな駅舎やミニチュア列車などが一杯で、子供連れで大賑わい。
寝台車をのぞき込んでいた私は、寝台車に乗った日を思い出しました。
今は40歳を過ぎた娘が、小学1年生の時に行った
たった一度っきりになった家族スキー旅行で、寝台車も初めての日のことです。

スキーといえば、独身時代にも何度か行きました。
カニ族と呼ばれた大きなリュックを背負い、板スキーを担いで
大阪駅中央コンコースに座り込んでいた風景が
ゲレンデを滑る姿とセットになって蘇ってきました。

黒い煙をはいて、今にも走り出しそうな機関車は
しばらく、私を遠い日々へと運んでくれました。

  バトンはpomeさんに渡します。
  夏野菜植え付けとかの準備にもかかるんでしょうね。

コメント
痛くないのは何よりです
痛かった足が治ってよかったね。
暖かい季節になったこと、
白浜の温暖な気候が足に幸いしたのですよ。
私も最近治ったもの。
73歳も治ったのかと ガッカリするでしょうけれど
また冬になると姉妹揃って痛み出しますよ。

交通科学館には、私も思い出があります。
夫が幼い息子と私を連れて行ってくれたのです。
息子と私の写真をたくさん撮ってくれました。

誰も足が痛くなかった古き良き時代です。
[2014/04/20 22:12] URL | スマイル #- [ 編集 ]

昔の話しもいいもんだ。
息子と一緒に若くてきれいな母親が写っているんでしょうね。

ハナコのママも
平城京跡の思い出を書いていました。

我が家の近くに、どんなお城があるのかと
楽しみに連れて行ってもらった校外学習日。
大極殿跡に松の木が一本・・・がっかりしたものです。
ハナコのママとensachiは、小学校の同級生であります。
[2014/04/21 14:21] URL | ensachi #- [ 編集 ]

思い出
ensachiさんのノスタルジックな思い出
ふんふんと肯きつつ
しかし彼女、カニ族だったか?
スキー、はてそんなにうまかったか?
な~んてね   フフフ
いやいや、思い出は
お互い、美しいままにしておきましょ
[2014/04/21 21:29] URL | ハナコのママ #- [ 編集 ]

親は皆
優等生でスポーツができて・・なんて
褒めあって
子どもにイイところを見せておく。
昔ながらの友達同志のお付き合い ハハハ
[2014/04/22 11:34] URL | ensachi #- [ 編集 ]

何やら楽しげ…
リレー形式でブログが更新されていくんですね。
それぞれの個性が出て、楽しそうですね。
と、いうことは、ensachiさん自身のブログは無くなったんでしょうか…
ふふふ、同級生同士のコメント欄も楽しく拝見させていただいてますよ。
そう、昔のことは、きれいな思い出…(^_^;)
[2014/05/21 09:04] URL | hetappy #CRSHTEAU [ 編集 ]

hetappyさんへ
ふふふ、のコメント嬉しいでした。
もうすぐ69歳になりますので、68歳の挑戦はおしまいです。
縁は異なもので集まった男女混合では
docomoショップあり、自然薯あり、アンティーク家具あり、蜜蜂の分蜂あり・・・
篆刻、書道と趣味が広がっていきそうです。
素敵な写真が載った、四季のつれづれブログをされているhetappy先輩
チョコチョコ遊びにいらしてくださいね。
[2014/05/22 16:51] URL | ensachi #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ensachisan.blog.fc2.com/tb.php/161-6f4eed64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)