縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

追記
[ローマと訪れたダーウイン]

ブルームに着いた日に、ローマの体調が悪くなりました。
彼女は温度差に順応しにくい体を、薬で保っているようでした。
一週間に一度自分で打つ注射と
種々の薬が入った大きなバッグを持参して参加していたのです。

ローマはtomoさん母娘が大好きでした。
退屈な車中でゲームをし、明るいムードメーカー役をしてくれました。

ある日、彼女はブラジャーに止めてあったリングの束を
取り出して見せてくれました。
一つは亡くなった最愛のご主人と婚約した日に貰ったもの。
二つ目は結婚指輪。
三つ目は君に、と最後に買ってくれた思い出の指輪。
ローマは、それらを肌身離さず身につけている人です。

アデレードリバーにあるダーウイン爆撃で死亡した人のお墓を訪れて
今回のローマの旅のもう一つの目的を知りました。

1942年ダーウインが日本軍の爆撃をうけて
250人近くの人が死亡した事実があります。

ローマの父親は、ダーウインから南下したアリススプリングスに
戦時中必要なタンクを造るため召集されていたそうです。
若い時の彼には、ダーウインの郵便局で働くガールフレンドがいました。
その彼女一家が郵便局爆撃で死亡していて
ローマはその人のお墓参りをしたかったようです。
そして
父親と、タンク造りに関わった6名の名前が刻まれた
現存するタンクを見に行く予定だとも教えてくれました。

この年の3月に老衰死した父親について、父の友人とローマの兄で調べたことが、大きく新聞記事に掲載されたと聞きました。
これがきっかけで、この地を訪れたいと思ったローマは
自分の病気の心配をしながらも、今回の長旅に参加したのでした。

ダーウイン最後の日に
爆撃のメモリアルツアーに参加することになりましたが
私は行きたくありませんでした。
仕方なく付いて行ったツアーです。

ガイドに名前を聞かれて サチヨと答えると
サチコだろう? と聞き返してきたのですが、
日本のことをよく知っているよ。女には”子”がつくよ。
と言っているのでした。

バスに乗る前にそんな会話をしたので
私の名前を覚えたのでしょう。
ツアーバスの中では「サチヨは知っているか?このことをどう思う?」
と質問攻めに会い、歴史事実を知らない上に、説明している英語が
分からないので I don't know. しか言えずに大恥かきっぱなしでした。
軍票
これは日本政府発行のドル紙幣です。
旧日本軍がばらまいた「バナナリーフマネー」と呼ばれたものです。
現在は価値のない「軍票」という紙幣だそうです。

爆撃をうけた断崖にも行きました。
そこには、軍艦の残骸が残っていて
今尚、80名の日本人が沈んでいるとの話も聞かされました。
メモリアル会館では、爆撃の映像が大音量で流れました。
そこにいる日本人は私一人で、身の置き所がない思いでいたのですが
人々の目に憎さはなくて、零戦の威力を見ている風に感じられました。

ガイドが私に見せたいものがあると呼びに来ました。
気が進みませんでしたが、ロビンに促されてついて行くと
不時着したパイロットをアボリジニが助けた。
その時の日本軍服や所持品が展示され
敵国の軍人を助けたアボリジニを賞賛してありました。
このパイロットは捕虜としてカウラへ送られました。

この人こそ
あのカウラ大脱走でラッパを鳴らして脱走を指揮した人でした。
カウラの歴史に残されていた名前は偽りで
ここに記名してあるのが、彼の本当の名前だったのです。


見学が終わり、トボトボとツアーのバスへ歩いていた私ですが
ガイドの英語はなまりありますよ。早口で理解しにくいね。
そう声をかけてくれる人達の優しさを、嬉しく感じていました。
近寄ってきたガイドが私に最後の質問です。
「ツアーに参加してどう思ったか?」
もう I don't know. では通りません。
「NO more war.」と小さく答えたら、周りの人は
その通りだと和やかな眼差しを向けてくれホットしたのを思い出します。

外はあっけらかんとした青い大空が広がっていました。



その足でダーウイン空港へ送ってもらい
ロビンとジョンとローマはアリススプリングスへ旅立ちました。

夕方6:30飛行機の中から夕暮れのオーストラリアの海を見ています。
ここから見える真っ赤な夕焼けは
アボリジニの旗にある赤色だなァ~
そんなことを思いながら、暮れていく窓外を眺めていました。
さようならオーストラリア。

















コメント
パチパチ!
メモリアルツアーでは
たった一人の日本人として、一身にオージーたちの反応を
受け止めていたわけですね。
確かに、あまり居心地はよくなかったことでしょう。


ブログの雰囲気は一貫して明るく前向きで
陽の当たる面だけが記述されているので
たいへん気持ちよく読ませてもらうことができました。

ensachiさんらしい才気に溢れた
オーストラリア旅行紀行に仕上がっているように
思いました。

ブログが楽しかったり、途中でやめたくなったりは
ensachiさんだけではありません。
私までそうでしたよ。
だから、こうしてフィナーレを迎えて
私が何かしたわけではないけれど
それでもホッとしています。

これからブログをどうするのか貴女次第ですが、
とりあえず一段落して
気持ちの区切りがついた感じですね。
花束を手渡してねぎらいたい気分ですe-398


[2014/02/16 23:03] URL | 姉 #- [ 編集 ]

花束ありがとう!
ホットすると同時に、淋しい気持ちです。
ensachi姉さんのコメントで支えてもらったブログでした。
私から貴女へ、感謝の♡を贈ります。
[2014/02/17 16:23] URL | サチヨ #- [ 編集 ]

お疲れさまでした
私たちも一緒に居られたら すみれにとっても 私にとっても どんなに良い勉強になったか。。。 ひとつも英語で良い表現なんて出来なかっただろうけど、先に帰ってしまって申し訳ない。

以前、私がオーストラリアに居た頃 老人に訳もなく大声で怒鳴られた事を思い出しました。 戦争は嫌ですね。

ローマさんに そんな強い思いがあったのですね。 すみれにこの事を知らせたら どんな風に思うでしょうか。

ensachiさん、お姉さんが言う様に、素敵に書かれています。私も、花束と拍手を送りたいです。
[2014/02/17 20:43] URL | tomo #BXTL.RE6 [ 編集 ]


サチヨさんお久しぶりです。

この記事を読んで少し…いやかなり心がもやもやしました。
ローマさんがどんな気持ちで旅していたかそしてオーストラリアの人達の人間性です。
自分だったら同じように接せられるか…

オーストラリアの人達の人間性と戦争の哀しみを改めて感じました。

この記事を読んでほんとに良かったと思います。

また、一緒に旅したいです。
[2014/02/18 20:46] URL | すみれ #- [ 編集 ]

こんにちは すみれさん。
  ♪大阪には旨いもんが一杯あるんやで~~
次回はお母様とご一緒に大阪へ来て下さいね。

追記を読んで下さって、コメント頂きありがとう。
ブログを書いてよかった。
今日初めて、そんな気持ちになりました。

ローマは優しかったね。
「皆、自国のたんめに戦った人達です」
「今貴女が申し訳ないと感じることじゃないよ」
ツアーに行きたくないと言う私に、このような言い方をしてくれました。

先日、息子と二人で「永遠の0」の映画に行って来ました。
零戦パイロットの物語です。
戦争を知らない私達ですが、戦争中を生き抜いてきた人達
一人ひとりに過酷なドラマがあったことを
おばちゃんは心に留めておこうと思います。
[2014/02/19 19:58] URL | サチヨ #- [ 編集 ]

I'm happy to meet you.
tomoさん
花束と拍手をありがとう。
すみれさんのコメントも最高のプレゼントになりました。

これで旅行記はおしまい。
あとブログをどうしようか迷っています。
[2014/02/20 20:31] URL | サチヨ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ensachisan.blog.fc2.com/tb.php/156-61db7ddf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新の記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

訪問客