縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ホールスクリーク~ダーウイン 西オーストラリアをモーターホームで北上7,000kmの旅
ホールスクリーク(8/16泊)~ダーウイン(8/26)
last.gif
①キャサリンゴージツアーに参加。
 川幅は広いのですが、両岸は高さ数十メートルの断崖絶壁で
 日が当たらない場所ではシダ類が密生していました。
 
 日本が夏の季節は、オーストラリアは冬です。
 ところがオーストラリア大陸の北の地域に来ると
 冬の季節でも35度前後あります。
 熱帯雨林地帯になるからです。

 ここキャサリン渓谷をボートツアーしている間中
 ジリジリ照りつける日差しで干物になってしまいそうでした。
 そんな中、若夫婦に背負われて観光に来ていた赤ん坊が
 余りにもキュートで、日本風にあやすとキャッキャと笑っていました。

 この辺りまで来ると観光客と出会うようになり
 初めて、留学していたと言う日本人女学生に合い
 お互いに嬉しくて、つい親しく話したものです。

②Baob(ボアブ)の木
 太い幹の内側は空洞になっていて、牢代わりに囚人を捕らえていたので
 囚人の木とも呼ばれているそうです。
 
③この断崖にアボリジニの壁画が残っている。
 かってここは彼らにとって非常に重要な土地だったらしい。
  
④一日のドライブを終えてキャラバンパークへ到着すると
 真っ先に水着に着替えてプールへ体を冷やしに行く。
 日本の銭湯のように、プールは社交場になっていて
 ダーウインから下ってきたよ。と言う人もあれば
 これから行くんだよと言う人もいて
 ○○のレストランへ寄りなさい最高だよ。などの情報交換もする。
 彼等の会話はマーベラス! ビューティフル!の連発で
 ほめ合いの付き合い方を楽しく見せていただいた。

 一度書いたけれども
 ボインボインの肉体美を水着のままで夕方まで過ごす人は多く
 開放的な姿はあの場では似合っているのです。が
 プールに入る水着さえも苦手な私には真似のできないことでした。

⑥リッチフィールド国立公園にあるワンガイフォールズです。
 ピクニックランチを広げている人がいたり
 滝壺で泳いでいる人もいました。

⑦アリ塚
 アリの一族が棲家を造るのですが、余りの大きさにビックリします 


コメント
どのシーンも
詳しく覚えているのに感心しました。

興味深く読みましたよ。

囚人の樹も、アリ塚も、面白かったし
プールに飛び込むのも面白かったです。

いちばん想像を逞しくした悲劇は
アボリジニにとって大切な場所、
その場所にやって来た新参者〈イギリス人?〉が、
先住民を追い払ってしまった歴史上の事実です。


それぞれの写真に、さまざまなストーリーがあるのですね。
[2014/02/13 22:52] URL | 姉 #- [ 編集 ]

物忘れ激しい私ですが。
コアラの連絡帳@@ がありますので
ページをめくればメモが残っていました。

ブログに書く目的があったので今回はメモを取りました。
普段の旅行ではしたことがありません。

大きなオーストラリア大陸ですが
私の目で見たのは、ほんの小さな世界だけでした。

そこで経験したこと、楽しかったことを書きたかったのですが
文章が下手でゴメンナサイです。

ensachi姉さんお付き合いありがとうございました。
あと2記事、追記がありますので、最後まで読んでくださいね。


[2014/02/14 20:36] URL | サチヨ #- [ 編集 ]

オーストラリア旅行の締めくくり
ensachiさんの今回の大仕事も
いよいよ大詰めになったのですね。

本当にお疲れ様でした。

追記も読んで
全体としての感想も書かせてもらいますね。

[2014/02/15 21:19] URL | 姉 #- [ 編集 ]

やっと終わりです。
読みづらい文章を、何のために書いてるの?
書きたくない日がありました。かとおもうと
ブログは楽しい!と思う日もあって、それを繰り返しながら
やっとです。
自分が、してみようと計画したことに挑戦し
一年かけて、私の旅の終わりを迎えました。

協力してくれたensachi姉さんの、最後のコメントを
読んでみたくもあり怖くもある、心境です。

[2014/02/16 10:10] URL | サチヨ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ensachisan.blog.fc2.com/tb.php/154-c4f66d2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新の記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問客