縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブルーム~フィッツロイクロッシング 西オーストラリアをモーターホームで北上7000kmの旅
ブルーム泊(8/9)~フィッツロイクロッシング泊(8/15)
8916.gif
①ブッシュファイア
 煙のようなものを見つけましたが、近ずくまでは雲のようにも見えました。
 私達日本人があれは火事だよ!と騒いでいましたが
 ロビンとジョンは気にもしていません。
 聞くと
 古くなった木が焼けて朽ちたところへ、新しい芽が出て新しい木が生える。
 こうして繰り返すのが自然の姿だそうです。

②ブルームの日本人墓地
 ブルームは真珠養殖で有名な町です。
 ここにあった会社に雇われて、真珠取りをしていた日本人が多数いました。
 深海に潜って亡くなった人は多く
 また、当時襲ってきたサイクロンによる死亡者も多かったそうです。
 1000名程の日本人がこの地に眠っていました。
 墓碑には和歌山県西牟婁郡出身が多くて、
 どうしてだろう?と疑問を持ちました。
 
 鯨を追ってオーストラリア近海までやって来た太地町の捕鯨船が
 赤ちゃん鯨を捕獲すると母鯨の怒りを買い、その反撃で船が転覆しました。
 一命をとりとめた若者3名が
 このブルームの真珠会社で働くことになったのが始まりでした。
 その後、知人を頼って出稼ぎにやって来た西牟婁郡の人達は
 本当によく働き、ブルームの真珠養殖の発展に大きく貢献したとありました。

③ワニを抱く
 西オーストラリアを北上して行くとワニが沢山いました。
 ボートツアーではワニが水面から顔を出しているのです。
 同じ川の上流では泳いでいる人がいたり
 ヤックに乗ってボートの観光客に手を振っている人もいました。
 水泳可になってる地域は、安全に配慮してあるんでしょうかねェ
 
 ワニ園では獰猛なワニを見ました。
 体長も大きくて、飼育員がワニの近くで餌を与えるのを見ていると怖い程です。
 ここで、3ヶ月と8ヶ月のワニを抱かせてくれました。
 口には輪っかをはめてあるので、かぶられる心配はありません。
 小学生の男の子が、そのワニを抱き上げて拍手をもらっていたくらいで
 オーストラリアの人が誰も抱こうとしなかったのは
 怖いから? つまらないから?どうしてだったのでしょうね。
 tomoさんが平気な顔して抱き上げた後
 まさに私に手渡してくれているところです。

⑤アボリジニのインフォメーションセンターです。
 アボリジニアートを3枚買いました。 栞くらいの小さな物ですが
 支援の意味があるのでしょう1枚1,500円もしました。
 
⑥ワンジャーナ渓谷ツアーに参加しました。
 水の中へ入るよ、とは聞いていましたが
 靴もズボンも履いたまま、太もも位までジャブジャブ入って歩くのです。
 日本の観光地では、こんな大胆なこと考えられません!
 しかし、素晴らしい経験でした。

⑦全員がヘッドライトを消すと、洞窟の中は真っ暗闇。
 高い岩の上にクオッカの足跡が見えるとか 顔が見えるとか。
 その度にライトを当てますが
 足元の危ない石道を、皆に付いて歩くことで精一杯でした。。
 
 





 
 
コメント
ブッシュファイアに想う
これこそがお国によって考え方が違う見本では
ありませんか。

ブッシュであろうが、朽ちた老木であろうが、
日本では、何をさておいても
火事は消すものではありませんか。

何故消すのか。
それは、火事がどういう結果になるか
予想できないからです。

日本の消防団は
その跡に若木が生えてくるから
消さなくていいという考え方には賛成しないでしょうね!
[2014/02/03 23:12] URL | 姉 #- [ 編集 ]

ensachiさんも読むなら
買いたい本があります。

スティーブ・ジョブズを超える男
イーロン・マスクの人物伝です。

電気自動車テスラモータースのCEOで、
宇宙開発、太陽光発電なども手がけている
世界を変える起業家とも言われている人です。

本のカスタマレビューを読むと
彼の強みは、絶対に諦めないことと
図々しいことだそうです。

ensachiさんにとってはまんざら他人事とは
思えないのではありませんか?

[2014/02/03 23:33] URL | 姉 #- [ 編集 ]

イーロンマスク
すごい人が世の中にいるのですね。
ところで
私に関係あるとは?
図々しさだけが似てる、なんてことは言わないで下さいよ。

難しい箇所は飛ばしながらでも
読んでみたい気がしています。
[2014/02/04 13:25] URL | サチヨ #- [ 編集 ]

ブッシュファイアー
大陸が大きいので
人の住まない土地が広がっている、のですね。
人家の近くならば、当然消火するでしょう。

広大に続くブッシュでは
時々は、人工的に木々を燃やすと聞きました。
手がつけられない山火事にならないように
部分的に燃やすそうです。
黒く焼けた土地の傍を車で走ったときに
”ここは燃やした跡だな”とか言ってましたから。
[2014/02/04 14:09] URL | サチヨ #- [ 編集 ]

・・・・
何処が似ているにしても
イーロン・マスクに似ているのですよ。

あまり細かいことは
どうか気にしないでください。

[2014/02/04 22:30] URL | 姉 #- [ 編集 ]

ここは燃やした跡だな
ミステリかぶれの私には

  犯人を追う刑事が言いそうなセリフに

     聞こえます。
[2014/02/04 22:42] URL | 姉 #- [ 編集 ]

ハハハ
さすがミステリーファンですね。
そう言われれば
全く刑事の言葉に聞こえてしまいます。
面白い!
[2014/02/05 21:30] URL | サチヨ #- [ 編集 ]

楽しいコメント
読んでいて、お二人の会話が とても楽しい(*^^)
とても懐かしいシーンばかりで ずい分前のことだったように思えちゃう。 私も、「ワンジャーナ渓谷ツアー」に行きたかったな。
探検みたいで 楽しそうだね~
[2014/02/07 20:45] URL | tomo #BXTL.RE6 [ 編集 ]

コアラの連絡帳
覚えていますかtomoさん?
今回の旅行のメモ用に使っていた コアラ絵の連絡帳です。
ブログを完結すべく 毎日あれを取り出しています。

けれども
退屈だった 長い車中を思い出したり
広い海や大地や奇岩やetc. を思い出し
インド洋へ沈む夕日や夜空の美しかったこと等等
あんなことこんなことを思い出していると
ちっともはかどらなくて困っています。
づっーと胸にしまっておきたい思い出が一杯でしたね。



[2014/02/09 19:27] URL | サチヨ #- [ 編集 ]

コアラの連絡帳
大空と黄色いお花畑の絵が描かれている
トレジャー・ノートでしょう?

一本の放物線の上方が大空で
下の部分が黄色いお花畑。

オーストラリアは広大な国なので
視界を非常に単純化できる風景が
広がっているのですね。


[2014/02/10 22:34] URL | 姉 #- [ 編集 ]

そうそう。
放物線の上は青い大空
下は黄色い菜の花がづーっと広がっている。

ensachi姉さんが
最初の頃に送った上記の絵から
広大なオーストラリアを理解し始めてくれていることを
嬉しく思います。
[2014/02/11 16:08] URL | サチヨ #- [ 編集 ]

賢いでしたね
オーストラリアの人たちは、
そんなことはしないでしょう?

むこうの人は、
手帳を持って旅するensachiさんを見て
いかにも日本人らしいなと思ったのでは
ありませんかv-290

そう、私もだんだんオーストラリアのことが
分かってきました!
[2014/02/15 21:11] URL | 姉 #- [ 編集 ]

これはロビンの真似です。
彼女は我が家で泊まると
夕食後はいつも日記を書いていました。
だから
4年前、白浜に寄りコロコロ太った私の孫に会ったとか
長女の家へ行ったのはその前の来日の時で
孫の一人が熱冷シートを貼っていたとか。
私よりもよく覚えているのは、この日記のおかげだそうです。

今回、私がメモを取るのを
Sachiyo's story. と呼んで協力してくれたのも彼女でした。
[2014/02/16 09:39] URL | サチヨ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ensachisan.blog.fc2.com/tb.php/153-ac8688b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)