縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カナーボン~80マイルビーチ ・ 西オーストラリアをモーターホームで北上7000kmの旅
カナーボン泊(8/2)~80マイルビーチ泊(8/8)
アボリジニ

①3両連結ロードトレイン
 ロード(=道路)トレイン(=列車)は列車と呼ばれるほど長い車のことです。
 何両連結車に会えるかと期待していましたが
 見たのは4両連結が最長で64個のタイヤがついた車でした。

②80マイルビーチで見た夕日
 80マイルは約130km、それ程続く砂浜のビーチが目前に広がりました。
 大陸の広さに感動です。
 ジョンはすみれさんを伴って魚釣り。
 ずっと広がる、遠浅の海辺に一本の糸を垂らして魚を待っていたようです。
 
③カナーボンでは家々にブーゲンビリアが綺麗に咲いていました。

④アボリジニの壁画を岩場へ見に行く。
 その岩場の窪みに人骨らしき頭蓋骨を見つけて、それにはビックリしました。

⑥資源が豊かなオーストラリアです。
 遠くに炎を見つけたのですが油田だそうです。

途中でタイヤの空気が抜けたような違和感があるからと
ブリジストンタイヤでチェックしてもらった。異状なくてよかった。

ロビンが私に質問した。
  「西オーストラリアへ来る前に想像していたのと違うか?」
私 「何と遠いこと!と実感している」
ロビン 「never never=簡単には目的地に着かない」
私 「星空を見上げ、日没を眺め、どこまでも続く道と、果てしない同じ景色に
  オーストラリアの大きさを体で感じたが、想像では味わえなかった」

⑤のスライドショーが消えました。
 バカナウエーで野宿した写真です。
野宿

 キャラバンパークの灯がないので、星空を見るチャンスでした。
 星はキラキラと大きく見え
 プラネタリウムのように360度グルーッと広がる夜空でした。

 翌日は、朝日が登り紅のスクリーンに黒い木々のシルエットが美しくて
 見とれるだけで、朝食の準備はしません。
 非常時の水と電気はありますが、使わないで
 70km先にあるスタンドまで朝食をとりに走りました。
 なんと トーストサンドと水で16ドル(約1,600円)もしました。

 恐ろしかったのは暗くなってトイレに行くと
 ゴキブリが何百匹だったでしょう!ぞろぞろ歩いてきて・・
 あれには参りました。


 
 

コメント
満天の星空
うらやましい(*^^*)

オーストラリアは夏でも雲が少なく星がよく見えるのですか?
日本の山はよく雲がかかりチャンスがほとんどないんです。

でも、自然の恩恵!?のゴキちゃんの大群は厳しすぎる:;(∩´﹏`∩);:
[2014/01/26 16:57] URL | なお #- [ 編集 ]

写真の番号表示で
苦労しているようですね。

誰にでもできる簡単な操作が
できないのではなくて、
ブログ人口の一部の人しかできない
高度なことに挑戦しているのですから
ジタバタするのは仕方がありませんよ。

シニアとしてはめざましいほどのブロガーぶりを
発揮していると思います。

頑張って!
[2014/01/27 21:32] URL | 姉 #- [ 編集 ]

と励ましながら
こんなこともできるかな、とつい言ってみたくなる。

たとえば
ロードトレインの上方にある鋭い三角形は
いったいなんだろうか?と目を凝らすいとまもなく
次の画面になってしまうでしょう。

これを何とかしてほしい。

クリックすると、
その画面でずっと静止させたままよく観察できる。
そんなことができたらいいな・・・と 
ensachiさんにできるかな~~イヒヒ(~_~;)

[2014/01/27 22:03] URL | 姉 #- [ 編集 ]

夜空がきれい!
星が大きくて、近くに見えました。
南十字星を教えてもらったら
ポインターの星が一等星なので 一段と輝いて
その先をたどれば毎晩、南十字星を見ることができました。

雲も出ていたけど・・
毎晩星が輝いてた。空が大きいからかなァ
トイレのため夜中に外へ出ても、星あかりで怖くなかったです。
[2014/01/28 17:57] URL | サチヨ #- [ 編集 ]

鋭い三角形は?
日除けのテントだと思います。
プールサイドも あんな形のテントをよく見ました。
なぜ三角形に反り上がってるんでしょうね?

写真を見てもらえるように、一時停止いいですね。
とても私には無理です。申し訳ありません。
[2014/01/28 18:05] URL | サチヨ #- [ 編集 ]

三角形
何故こんな形のテントなのでしょうね。

センスというのはその国の文化によって
ずいぶん違うものですね。
同じように、感情も、物事の捉え方も異なると思うのです。

ensachiさんは、オーストラリアの人々と行動を共にしていて
違和感はありませんでしたか。


また本の話で恐縮ですが、
「寒い国からかえってきたスパイ」という本を読んで
非常に感銘を受けました。

この感銘を再び、とばかり
矢継ぎばやに
同じ原作者で、同じ翻訳者の本を読み漁りました。

ところがどうでしょう!

「スクールボーイ閣下」に至っては、
まったくの支離滅裂!、
「寒い国から帰ってきたスパイ」との落差は
目を覆うばかりです。

つまり、こういうことが起こっているんだと
気づきました。

翻訳というのは
あくまでも原作に基づいてはいるけれど
訳者は日本人の気質に迎合した作品に作り変えなければ
違和感があって受け入れられないのです。

それこそが訳者の腕のみせどころではないか、
海外物ばかり読んでいてそう気づきました。

しかし、ジョン・ル・カレは難解な作家です。

スクールボーイ閣下という小説を日本人に分からせるのは
もはや限界だと悟ったのです。
翻訳者は、ジョン・ル・カレを訳すのが嫌になって
しまいました。

訳者の村上博基はキレたんだと思います。
それで、どうしたかというと、
窮余の策として
スクールボーイ閣下を直訳してしまいました。

案の定、この作品は惨憺たる結果になりました。

私ももうジョン・ル・カレは読みたくありません。

翻訳者の苦労は察して余りあります。




[2014/01/29 23:15] URL | 姉 #- [ 編集 ]

外国の本
さすがです!
翻訳者がキレタところまで見破った。

読書三昧で過ごしている時は、音沙汰がなくなるんですよね。
姉の家にあるのは 分厚い本だけど
目の疲れもなく読み続けるのですか?

私は平松洋子著「小鳥来る日」を借りてきて
静かに、しかもウキウキした心持ちになっています。
[2014/01/30 16:07] URL | サチヨ #- [ 編集 ]

小鳥来る日
見るからに優しげな、静かな本ですね。

小鳥が来るだけで、どうして1冊の本になるのか、
作家の力量や想像力に思いを馳せています。

私はジョン・ル・カレに愛想尽かしして
気持ちも新たに
「数学的にありえない」上下2冊をブックオフで
210円で買ってきました。

上巻の表紙はピストルで、下巻の表紙はトランプです。

つまり、ポーカーで負けて追われる身になったことを
表しています。

それに勝敗の確率も絡んでくると思います。

☆ 私がたびたび来ないのは、
読んでる本に熱中するあまりではありません。

自分の考えを臆面もなく書いて
皆さんの顰蹙を買うことを畏れています。

でも、時々書かせてもらうことは
どうかお許しください。
[2014/01/31 21:20] URL | 姉 #- [ 編集 ]

ピストル & トランプ
 上巻の表紙が ピストル
 下巻の表紙が トランプ
ポーカーで負けて追われる身になった内容が 表紙で分かる!!
なんてクールなんでしょう!

題名が「数学的にはありえない」で勝敗の確率が絡んで・・・
こうなると私の頭はこんがらがってしまいます。
読みこなせないなァ~ が本音です。

でも
ensach姉さんの本の読み方が面白くて
もっと聞かせて欲しいです。

[2014/02/01 20:37] URL | サチヨ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ensachisan.blog.fc2.com/tb.php/152-fb23fbf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)