縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

続ワナルー~デナム ・ 西オーストラリアをモーターホームで北上7000kmの旅
 一つ前の記事の続きです。前の記事に写真を載せています。

②体力を考えて、1日の走行距離は300km程の計画でした。
 前の記事②の写真は命綱のスタンドです。
 ここで給油して、トイレと昼食タイムをしておかないと
 後はひたすら目的地まで走り続けるばかりです。
 
長い道路

「ワゴンズ ホー!」の掛け声で車がガタンと出発する。
「everybody ready?=みんな準備できた」と運転手のロビン。
「All rocked. All seatbelt on.=全部鍵かけた。シートベルトしたよ」と一斉に答える。
 キッチンの引き出しも戸棚も、鍵を掛け忘れたら全部飛び出して大変なことになります。

③海の中、所々に黒く見えるのが
 世界で一番古い生き物「ストロマトライト」です。
 干潮時はよく見えますが、いくら見ても岩が散らばっているだけです。
 地球上に生物が生まれた頃から、数十億年の間少しづつ成長し続け
 今なお生きていると聞いたのですが・・・
 これが生き物なのです。

⑥ここが最悪だったキャラバンパークです。
 シャワーを使っていると突然熱湯になって、隣から「アツイ!」と
 飛び上がらんばかりの声が聞こえたり
 急に冷たい水が出て「ワオー」とか。
 シャワーを終えた人がみな「危険だよ。注意しなさい」とブツブツ言い合ってた。

 「石鹸忘れた。上からパスして」なんて私達は結構楽しかったね。

⑩デナムの町はイルカで有名です。
 近くにはシェルビーチもありますが、ロビン達は興味ないのか素通りでした。
 嵐によって運ばれた小さな貝殻が10mも蓄積された海岸です。
 町のあちこちにも貝が積もっていて、貝で作ったオブジェもありました。

⑪野生のイルカと触れ合えるモンキーマイアです。
 ここはモンキーがいないのに、なぜモンキーマイア(家)?
 答えは、昔羊を飼っていた人がいて、羊をモンキーと言った。そうです。
 本当かどうだか・・・
近寄ってくるバンドウイルカは人懐こくて可愛い目をしていました。
 和歌山県太地町で白いバンドウイルカが捕獲されたと新聞に載っていましたね。

⑫パールファーマーへクルージングを予約しました。
 1人15ドルなので、6人で90ドル。
 家族割にしてもらって合計75ドルでした。
 私はおばあさん役として、残りの家族構成は?なんて
 つまらないことも面白かったワ

 farmerと単語を聞くと農場?かと思ってしまった私です。
 着いた所は、海に浮かぶ真珠養殖場でした。
 船が到着すると真っ先に出迎えてくれたのは犬でした。
 犬の名前は”ミキモト”です。
 やっぱり真珠はミキモトなんですね。
 オーストラリア産のオパールを貝に入れてパールで巻かせた
 珍しい真珠は綺麗でした。

 夕日

その日は、インド洋へ沈む夕日をしばらく眺めていました。










  







コメント
運転手さんに脱帽
今更ながら、毎日300kmも運転し続けたMissロビンに脱帽です!
出来れば老後に日本をモーターホームで名所グルメ旅してみたいです。

話かわりますが、太地町で捕獲された白バンドウイルカは珍しいようですね。
他サイトで画像見ましたが、グレーのイルカの横で泳いでいる姿がありました。

勝手な推測ですが、親子や兄弟なのに白イルカは助け、他のイルカは漁されているのでしょう。
割り切れない気持ちになってしまいました。
[2014/01/21 18:17] URL | なお #- [ 編集 ]

白イルカですね
目立つから今までは親兄弟が守ってきたのでしょう?
その白イルカだけを親兄弟から離して水族館へ入れたのね。
動物愛護の人から、親の元へ返してあげてと声が上がったと書いていましたね。

太地町と、次に私が訪れるブルームの町は姉妹都市です。
戦前、太地町から多くの人がブルームの街へ出稼ぎに行っていた歴史があります。
ブルームにある真珠の養殖会社で働く日本人は、
真面目で勤勉であると共に
そこで暮らす日本人社会を秩序よく守っている姿が、町の人々に高く評価されていたのです。

ブルームの町を訪れた私は
日本人で誇らしい気持ちになっていました。
多くの方が眠る日本人墓地で手を合わせて来ました。

歴史があって、今なお太地町とブルームは姉妹都市なのでしょう。
イルカ問題で人々の感情が壊れませんように。




[2014/01/21 20:38] URL | サチヨ #- [ 編集 ]

N氏へ
7000kmの旅行中、ほとんど運転してくれたのは
奈良町のお宅に泊めてもらったロビンです。

1年前、大腿骨に鉄を入れる大手術をした あのロビンです。
タフでしょう!

それとも・・・
ウットリ、デレーッの顔でジョンにもたれかかる姿が
あのロビンに重ならないの? かなっと思ったりしていますが。
[2014/01/21 21:59] URL | サチヨ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ensachisan.blog.fc2.com/tb.php/151-ab477bbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)