縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ワナルー~デナム ・ 西オーストラリアをモーターホームで北上7000kmの旅
ワナルー泊(7/26)~デナム泊(8/1)
パースからデナム

①モーターホーム車内です。
 
 右手にキッチン台があって、反対側にトイレと4人席テーブルがあります。
 一番奥はダブルベッドです。
 運転席の上へは簡易はしごを掛けて上がると広い空間があって
 tomo母娘の寝室だったのですが、ここは這って歩く高さでした。
 朝はベッドをテーブルにセッテイングし、布団をほりあげたり一苦労。
 皆仕事分担ができて、男1人・女5人がここで寝起きし旅を続けました。

 さて、料理を担当したのは?  ジョンです。
 奥様のロビンはジョンのご機嫌を伺い、
 従姉妹のローマは手早くすけっとします。

 始めの頃は。
 私も甲斐甲斐しい日本の主婦をしていました。
 料理するジョンの傍に立ちましたが「機嫌が悪くなるからほっといて」の
 ロビンの忠告に従い知らん顔することにしました。

 これは余談です。
 どこにでも見られる夫婦の話し。
 ロビンとローマがジョンの扱いにくさを愚痴っています。
 実際、お腹がすいて来たら子供のように怒るのですからね。
 
 でも家ではお料理を毎食作ってくれるジョンです。
 「私は作らない」と拒否する主婦ロビンは強いなァと思うでしょう?

 違うのです。
 夫婦が険悪な空気になって、私達がジョンの周りに寄っているうちに
 場がやわらかくなったときでした。
 「ロビン」といつにない甘い声でジョンが呼んだとたん
 目尻を下げてウットリした顔でジョンの肩へ身を寄せるロビン。
 なんてったってロビンはジョンを愛しているんだ。よーく分かりました。

 さて、tomoさん、すみれさんと私は「キッチンパトロール」役でしたね。
 食器洗当番です。
 tomoさんがしっかり者だったことが判明しました。
 貴女達が帰国した翌日、まな板事件があってね。
 ローマと私で当番して食器洗い場にまな板を忘れて帰ったのね。
 気がついて翌日行ったら、少し小さくて汚いのが残っていた。
 しょうがないから持って帰ったけど、スーパーがあった所ですぐに買いました。
 その後、おせっかいなご近所さんが探し出してくれて
 方々で話題になって面白かったよ。
 しかし、Sachiyoのトラブルメーカーの汚名は残るでしょうね。

②給油スタンド
③世界最古の生き物ストロマトライト
⑥最悪のキャラバンパークです。
⑩デナム
⑪ドルフィン
⑫パールファーマー

 久し振りに思い出に耽っていると、沢山書いてしまいました。
 写真の説明は次の記事に書きます。 
 

 
コメント
夢のような出会いと別れ
みんな素晴しい出来事ばかりで、
どれを取り上げてコメントしようか迷ってしまいます。

去年の夏をふり返ると、もはや現実とは思えない
夢まぼろしのような日々だったのではありませんか。

元気なうちにチャンスがあってhapppyでしたね。

世界最古の生き物が長い歴史の中で
突然変異も、進化も、引越しもしないで
先祖代々、同じ場所で同じ営みを続けているのは、
ある意味、スゴイことだと思いました。

一方では、崖のはるか下のほうに
滅びてしまった恐竜の足跡が残っているのですね。

数十億年のあいだ生きのびたストロマトライトと
絶滅したザウルス。
運命を分けたのは、からだのデカさでしょうね。
オーストラリアが唯一いまも恐竜の棲息地であってほしかったです。
[2014/01/19 22:15] URL | 姉 #- [ 編集 ]

夢まぼろしの日々?
ホンマに行ってきたんかいな? と頬をつねる。
それはありません。(笑)

あの退屈するような長いドライブは、体が覚えているからです。
それと
ブログに書くことで、一つ一つ鮮明に思い出すことができます。

私に文章力があれば
良い紀行文ができただろうなァと考えたら情けなくなります。
けれども、高望みはしません。

なんてったって、今私は
旅の思い出をブログに書くことに夢中なんです!!


拙いブログを見て下さった方が 1、431名になりました。
本当にありがとうございます。
モーターホームはまだまだ北上します。
ご覧いただけると嬉しいです。
[2014/01/22 15:47] URL | サチヨ #- [ 編集 ]

書くことに夢中
いいことですね^^

ちょっとイラつく書き方だけれど
気を鎮めて読むとなかなか面白いですよ。

ロビンが40年間変わらぬ愛を
ジョンに捧げているのですね。

日本の夫たちも、我が家の料理を一手に引き受ければ
ジョンのようにうまくいくのにね。

結局
まな板は、お隣さんが探し出してくれたのですか?
探し出してくれてうれしいのか、お節介なのか、
そこのところがよく分からなくて泣きたくなります。



[2014/01/25 23:05] URL | 姉 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ensachisan.blog.fc2.com/tb.php/150-56982ffa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)