縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

西オーストラリアで出会った生き物
ikimono.gif

ワニです。毛をムシられた鶏を投げ込むと、シッポをバッシ!と叩きつけて仲間と取り合います。
この大きなワニはワニ園で見たものです。
なんとここには2000頭のワニがいます!すぐそばで見られるのも驚きです。
ボートツアーをした時は、水面から顔を出しているワニに歓声を上げ
別の洞窟探検では説明するガイトの横で、10匹程のワニがのんびり浮かんでいました。
西オーストラリア北部はワニで一杯です。

今を逃すともう絶対経験できない。
そんな時、あなたならどうしますか?

3ヶ月と8ヶ月のワニの赤ちゃんを抱かせてくれたのです。
尻尾の辺りはヘビですよ!!
抱くのは今しかない!と自分を励ます私の手はもちろん震えていて
心臓の辺りも硬直震えが来ていました。
世の中のヘビ嫌いな人に負けないヘビ嫌いの私です。
それでも持ちました!!!!!
ロビンが心配して介助に来てくれました。落としたら大変ですからね。
その様子を見ていた観光客のおばさんが
私の勇気に拍手をしてくれました

給油とポテトチップの昼食とトイレ休憩(=pitstop)に寄った店で
餌を催促に来た孔雀です。

これは”ゴアナ”です。
珍しい動物ですが西オーストラリアでブッシュを散策していて出会いました。
私の足元でガサゴソ。パット見はヘビです。
脱兎のごとく逃げる私。
あとでロビンに叱られました「怖くても逃げてはいけない。立ち止まる。
動物が去っていく方向を見届ける。さもないと戻ってきて襲われるぞ」
勉強になりました。今はヘビを見る訓練をしています。

番で来ているカラフルインコ。
メスを魅惑しようと
美しく鮮やかな色をしているのがオスに違いありません。

モンキーマイアーではイルカに餌上げができました。
tomoさんはラッキーガールでしたね。
ハンサムな若者が名指してくれて海に入ったのでした。
それに気づいて、急いで写真を撮ったけど
餌をあげ終わったtomoさんの後ろ姿しか写ってなかった

恐竜の足跡

恐竜の足跡です!!!





コメント
年末年始ありがとうございました
ブログ再開、嬉しいです\(^o^)/

ワニの抱っこのくだりは、
リアルタイムで知ってたら、
ヘビ嫌いなおばあちゃんの一大決心が
うちの子にも伝わったのに(笑)

気候の違い(文化も)に
どう対応したとかの体験談も
もっと聞きたいです(^-^)

更新楽しみにしてます♪
[2014/01/14 12:37] URL | なお #- [ 編集 ]

孫達へ。
おばあちゃんの大大決心でした。
抱くぞォー! 
と両手を出すんだけれども勝手に手が引っ込む。
何度も何度も同じことを繰り返して
ヘビの模様は見ないぞ!なにくそッって思ったら抱けたよ。

孫たちへ。
やれば出来る。勇気を出そう。また遊びに来てね。
[2014/01/14 19:08] URL | サチヨ #- [ 編集 ]

メール頂いたN氏へ
赤ちゃんワニの尻尾を見て
そのニョロッとした姿形とヘビに似た模様がいけませんでした。

手に持った感触には、ヘビの気持ち悪さはありません。
ワニの甲羅がデコボコで硬くて
ワニ抱いてるって感じでした。
Hello! と思わず言ってしまいましたよ。

写真の一番最後にある犬についてのご質問ですが。
”red dog 物語”と書いてあって
訪問した地にあるたった一軒の店には
red dogの品しか売っていないんですよ。
どんな話かと思いますでしょう?
渋谷駅前にある”忠犬ハチ公”がオーストラリアにもいたのです。

[2014/01/14 20:03] URL | サチヨ #- [ 編集 ]

あれは凄かった
ensachiさんはさすがです。ガタガタと震える手で きちんとワニの赤ちゃんを持ってました。 時間を掛けて勇気振り絞って挑んでました。。。 ロビンさんに 「リラックス」って言われてたんだよね(^_^;) ほんとに、頑張ってました。

私は、ラッキーでした。 餌付けは餌やりの管理の人が指名した人しか出来なかったので、 大勢いるうちのほんの数名だけでした。 家でビデオを観ましたが 餌やりの時、ビデオが回ってました。(^^ゞ 鞄の中で 興奮する様子が聞けました(笑) 私の長年の夢が叶った瞬間でもありました。
[2014/01/14 21:47] URL | tomo #BXTL.RE6 [ 編集 ]

イルカ大好きtomoさん
今でも、あの夢が叶った一瞬に戻れるのですね。
すみれさんがビデオを回してたのね。
よかったヽ(;▽;)ノ
私のはtomoさんがエサをやり終わって戻る後ろ姿が小さく写ってて・・
下手でゴメンでしたが・・ビデオがあってよかったワ
[2014/01/15 13:14] URL | サチヨ #- [ 編集 ]

ensachiさん聞いて~
そんな事あるわけない・・・
娘が気が利けば何の問題もなかったのだけれど(>_<)

イルカも好きじゃないので 娘ははるかかなたの砂浜に居たよ。
私が自分一人でビデオカメラを持って イルカやイケメンの監視員を撮ってたら ・・・ 呼ばれて(~_~;) ビデオのスイッチをオフするのを忘れてた…。 鞄の中の画像で…ガサゴソという音の中に イルカの餌を上げている時の音だけが録音されていたの。。。(笑)
[2014/01/16 15:30] URL | tomo #BXTL.RE6 [ 編集 ]

まあ!それでは・・・
tomoさんとイルカのツーショット映像がないのね。
残念ねi-241

ロビンもローマも私も遠く桟橋の方へ行っていて
遠くからアップダウンして泳いでくるイルカを眺めていたの。
大海原を悠々と泳いでいた。
ふっと海辺をみたらtomoさんが海に入ってるじゃない!?
大急ぎでカメラを構えたら・・・終わって帰る後ろ姿だった・・・
でも餌を上げたことは、最高のラッキーでしたよ。
[2014/01/16 17:37] URL | サチヨ #- [ 編集 ]

お久しぶりです
コメント書くのは久しぶりだけれど、
ブログは訪れていましたよ。

珍しい生き物の写真は面白いけれど
あのワールド・ワイド・ランドのことだから
あれくらいの動物たちはいるだろうな、
そう思う気持ちもありますね。

恐竜のスナップやツーショットがモノにできたら
たいしたものだけれど。

口だけはエライ ensachi姉でした。
[2014/01/18 15:04] URL | 姉 #- [ 編集 ]

読書三昧の毎日でした
そのうちでも
☆シスターズ・ブラザーズ☆ という本に
イカレてしまいました。

何しろ

兄、危険。弟。もっと危険。という兄弟の
殺し屋稼業です。

ゴールドラッシュに沸くアメリカ西海岸、
名高き殺し屋シスターズ兄弟の目も当てられない
ダメな旅路・・・という触れ込みですから、
どんな本か察しがつくでしょう♪

ま、ensachiさんならアレルギー反応を
起こすかもしれませんね。

私は、もっと危険なイーライという弟に
惚れこんでしまいましてね。

ちょっとズレてる彼の視点、独特の倫理観、
人やクマを殺してまわりながらも
全編に溢れるのは彼の誠実さと優しさです。
相反するものを持ちながら、
絶妙に折り合いをつけている
その割り切り方は一種痛快です。

一気に読み終わって
イーライとあまりにもあっ気なくお別れしたことが
とても寂しい今日この頃です。

[2014/01/18 15:36] URL | 姉 #- [ 編集 ]

コメントがないのは心細くて・・・
危険な弟イーライにイカレていたんですね!!

私の周りに殺し屋稼業をしていて
誠実な優しい人はいませんね。
どんな本かと手に取ったとしても、きっと面白くないでしょう ネ

私は高田郁著「ふるさと銀河線」を読んで泣いていました。
どこにもある不幸 
変な表現ですが、悲しい主人公が登場するのですが
作者の温かい目を通して書かれているので
昨今はほんわかした気持ちになってます。
[2014/01/19 12:13] URL | サチヨ #- [ 編集 ]

恐竜ですよ。足跡を見つけました!
ガシューム・ポイントは
鉄分を含む岩が幾重にも重なって出来た岬です。
インド洋を一望できる絶景スポットですが
恐竜ディノサウルスの足跡があるのですよ。

残念ながら30mも崖下へ降りられませんので
これは上に作られた複製です。

実際に見た
カンガルーやクッカバラやゴアナやワニの方が説得力ありますか。
[2014/01/19 20:04] URL | サチヨ #- [ 編集 ]

イーライを覚えてくれてありがとうm(__)m
読みたい本というのは、千差万別だとつくづく感じます。

私はどちらかというと、
泣かせるテーマよりも
なんとも言えない可笑しさを読者に贈ってくれる本を
選ぶ傾向があります。

人間としての王道で訴える本より
何の因果か、狂気の世界を描きながら
それでいて洗練されている本が好きなんです。

しかし、そんな無謀な手を使って
人の心を揺さぶることが出来る本には
なかなかぶつからないものです。

幸いなことに
日本では、誠実ではなく、優しくもない人でも
殺し屋稼業に精出してる人はあまり見かけません。


[2014/01/19 22:50] URL | 姉 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ensachisan.blog.fc2.com/tb.php/149-a2095a14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新の記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

訪問客