縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

クオリティ・オブ・ライフ
蘭の花
ランの花

コメントにあった クオリティ・オブ・ライフ を取り上げてみます。

胃ろうをつけることが話題になった時に、医療で聞かれたのではないでしょうか。

一人ひとりの「人生の内容や生活の質」を大切に考えることです。


頂いたコメントでは、

花々を育て自分らしい生活を送っている彼女の、

バラ庭の写真を見て、

彼女の暮らしぶり(人生の内容や質)が豊かに感じられた。のだと思います。

その友をもう少しご紹介してみますね。(無許可ですのでほんの一部だけです)


ササユリ
ササユリ

  夫婦で少し早めの退職をし、購入してあった田舎で気ままな暮らしを始めました。

オトウチャンはお米を作り、畑で採れた新鮮野菜を食卓へのせます。

私の友は栽培の指南役はしますが、収穫をするだけです・・そうやったね??・・

泊めてもらった翌朝は清々しい空気を吸って、愛犬と畑まで散歩します。

籠に入れたオクラや胡瓜やレタスや豆は

その日のサラダになって、焼きたて食パンと一緒に朝食でいただきます。


  食卓の窓からは、枯葉がハラハラと舞い散る音までが聞こえてくる日があったり、

木々に据えられた巣に小鳥が入っていくのを、静かに見守ったりします。


  ササユリの強い香りが、山道へ私たちを誘ってくれるのも楽しく

蛍が光れば外へ出て、前の小川のせせらぎを聞きながら夜空を見上げ、蛍を追います。

四季折々の自然の中で、日々暮らしを楽しんでいる友です。


  友は私にその快適な暮らしをシェアーしてくれます。

積もった雪景色を楽しむ時も、つくしの芽を摘んで歩く時も、何と心が休まることでしょう。

庭でする炭火焼肉の美味しいこと!

秘密の群生地へ入り、蕨を腕一杯に抱えて帰ったこともありました。

自然の恵みと畑の収穫物は、実家から帰る娘のように山盛りになってね。

それらの美味しいお料理法も教えてもらいます。


  美味しいものを美味しく食べて、したいことをしてこれからは暮らしたい。が彼女の口癖です。

high quality lifeをしている一人だと思います。



     あなたのそばにいる 
        素敵に暮らしておられる方をご紹介下さい。





コメント
これぞ、high quality life!!
素晴しい人生ですネ

自然を取り入れたステキな暮らしぶりv-47

姉はうらやましくもあり、憧れもありますよ~~☆

でも、そんな生活をしようと思ったら、
こまめにハイクオリティを維持する努力をしなければいけませんものね。

山川さんはそういう生活を自分の力で勝ち取ったのだと思いますよ。

文章の表現もとてもよかったです。
言いたいことがよく伝わって、
クオリティ・ライフが目に浮かぶようでした。

さて、ブログのアドレスは間違いありません。

うまく送信できるようになって良かったですね。
苦労した甲斐がありましたね。

ところで、ウワナベ池のカモですが、
例の二羽は元気にしていました











[2013/02/28 22:18] URL | ensachi姉 #- [ 編集 ]

No title
うらやましい生活ですね
したいことをして暮らす、、、、いつ来るやら?
命があるかしら?
[2013/03/01 22:13] URL | 友ちゃんのママ #- [ 編集 ]

ハナコのママさん
読んでいただいてありがとうございます。

今日もウォーキング中の出来事ですが、
もっとスゴイのを書きます。

ウワナベ池を通り過ぎて、コナベ池も通り過ぎて、
そのまた次の池の畔の道で、行く手に待っていたのがヘビでした。

その細長いヘビは、道幅のやや左寄りにじっとしていました。
死んでいるのかと思いましたが、よく見ると
今日の暖かさに誘われて冬眠から目覚めたばかりのようです。

結構クルマの行き来もあるので、捨て置くわけにはいきません。

私は巳年の年女です。おまけに今日が誕生日。
72歳の巳になりたてのほやほやです。

お願いだから草むらに逃げてくれ、と棒切れで脅しもしたのですが、
尾の先を震わせ、私がヘビの周りを移動すると
それに合わせて鎌首を回し 立ち向かってくるつもりです。

そうこうするうちに向こうからクルマが走ってきました。

仕方がない、私はヘビのそばに立って交通整理をする要領で
道の反対側の端っこを通るようにと指示し
ここにヘビがいる、と
身振り手振りで説明しなければなりませんでした。

3台のクルマに同じことをしました。

最後はどうなったかというと、
私と同じ年恰好のおばさんが単車で走ってきて
突っ立っている私とヘビを見て、止まってくれました。

棒切れを拾ってきて
案外あっさりとヘビを草むらに誘導してくれました。

私は生きとし生けるものすべてを幸せにしたいという
友愛精神は旺盛ですが、
意気地がないので、いつも他力本願になってしまいます。

モグラを助けたときもそうでした(#^.^#);




[2013/03/02 00:13] URL | ensachi姉 #- [ 編集 ]

Re: 友愛精神
> 「勝手に危ない所へ行ってはダメですよ」とヘビのお母さん。
「でもね。人間って優しかったよ」>
> 草むらからこんな会話が聞こえてきそうです。
>
>
> モグラの救出作戦はどんなだったのか知りませんが、
> 子つばめの話を思い出しましたよ。
>
>
> 死にそうな燕の赤ちゃんが構内に落ちていました。
> 「駅員さんに頼んで巣に返してもらおうか?」と姉。
> 「自然界に生きるのは厳しいよ。飛べない燕は仕方ないよ」
> 旧JR奈良駅の高い天井に作られた巣を見上げ、
> 二人で小さな議論したことあったけ。
[2013/03/02 11:32] URL | サチヨ #- [ 編集 ]

友ちゃんのママへ
貴女はね、賢い二人の子供を育て上げ
今なお働きながら、孫ちゃんのお世話をしている
立派な現役お母さんですよ!

今の生活の積み重ねがね。
リタイアーした時に、貴女の貴女らしい暮らし方に繋がッていく。
そう思います。

たまにはお話しようね。
貴女から教えてもらうことが、いつも一杯あるもの。
[2013/03/03 09:16] URL | サチヨ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ensachisan.blog.fc2.com/tb.php/14-e0925c73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)