縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

2番目の訪問地・20年振りのモーロング
             <西オーストラリアをモーターホームで北上7000km旅の前に>

    ゴールドコーストの出発は霧のために、3時間も遅れました。
    ニューキャスル空港へ到着し、迎えに来ているTimを捜すと
    杖をついて歩いてくる姿が見えて、一瞬たじろぎました。
    あれから20年の月日が経ったんだ・・・

    20年前、私が1年間モーロングに滞在した時
    Timはモーロング・セントラルスクールの日本語の先生でした。
    私はその助手をしながら、一ヶ月単位で先生宅や生徒の家
    地域の警察官・農家でステイさせてもらっていました。

    どっこいしょ!スーツケースを彼の車に放り込むと
    空港から300km西へ、モーロングまでドライブします。

    広いオーストラリアでは、車なしでは暮らせないのでしょう。
    今もなおTimの運転は健在で、一旦はホットしたけれど
    昔、教えてあげた ♪夕焼け小焼け とか ♪春が来たを歌いながら
    お喋りしながら、車を100km以上で飛ばすので
    始終ヒヤヒヤしっぱなしでした。

    オーストラリアは赤茶けたドライな国に違いありませんが
    今年は、道の両脇にうっすらと緑の草が生えていたのが
    新鮮に映りました。
    雨が多かったそうです。
    
    その道端にカンガルーが死んでいるのをよく見かけました。
    夜道をドライブすると、カンガルーがライトに寄ってきて
    追突するのだそうです。
    衝撃は強くて危険です!
           標識

    やっとモーロングのダウンタウンに着いた時は、夕暮れでした。
    町並みはというと・・・ちっとも変わっていなかったです!!!
    20年も変わらない小さな田舎町、私は大好きです。
    今どきの大阪では考えられませんよね。
    
    買い物がある度に通った、たった一つのスーパーのドアを押すと
    陳列が少し変わっていたかなァ~
    空気までそのままに感じ、昔に舞い戻ったような錯覚。
    当時好んで食べた、ミューズリーとローリーを買ってしまい笑われました。
    懐かしさよりも、嬉しかったのを思い出しています。





    

    


コメント
Timは私も知ってる
貴女が奈良へ連れてきて、
そのときちょっとだけ話をしましたね。

覚えていますか?

日本の娘さんと結婚した人でしょう?
ITの会社を起業するとか言ってなかったっけ。

ついこのあいだのことのような気がします。


v-239v-237Timに恨みはないけれど
動物愛護の私は、カンガルーが死んでるだけでショックです。
それだけでもすでに限界なのに、
自分の乗った車はフルスピードで走っているわけでしょう。

そんな車内で赤とんぼを歌うなんて
どうかしているとしか思えません。



[2013/11/18 20:57] URL | ensachi姉 #- [ 編集 ]

残念でした!!
日本の女の子と結婚したのは デスです。
シドニーに住んでいて、今回も会いたかったけど
私が行く少し前に引っ越しました!!
引越し先は ニュージーランドです。

明るいうちのドライブだったから
カンガルーに当たる心配はなかったよ。

「この先、牛、羊に注意」なんて標識もあったなァ
牧場から集団移動して、道を横切るわけ。
車はしばらく待ちぼうけ。
[2013/11/18 22:18] URL | サチヨ #- [ 編集 ]

勘違い
そうそう、日本の女の子と結婚して
ITのビジネスをはじめたのはデスでしたね。

いまはニュージーランドに住んでるのですか。

いまさらこんなこと言っても遅いけれど、
私はTimも知ってるよ。

20年前のensachiさんのオーストラリアの話題のなかに
Timのこともちゃんと出てきました。

[2013/11/19 20:44] URL | ensachi姉 #- [ 編集 ]

覚えていてくれたのね。
あの当時はパソコンがなくて
連絡はもっぱら Airmailでした。
国際電話は高かったから、かけるのは母と話す時位かな。
モーロングのダウンタウンにたった一つあった公衆電話。
日本へ電話して、日本語を話せることが嬉しかった!!
その時の気持ちが蘇りました。

ensachi姉に送ったAirmailには
Tim先生が沢山登場したと思うよ。
[2013/11/19 22:39] URL | サチヨ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ensachisan.blog.fc2.com/tb.php/130-c4cf3113
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)