縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
12 | 2017/01 | 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

幕間 前座 つなぎ…と思って聞いてください
昨年のクリスマスといえば、まだ1ケ月しか経っていないのに
もはや遠い日々の回想のような気がします。

独り者にとって、クリスマスで休日の昼下がりといえば、
なんとなく街の賑わいが恋しくなるのでしょうか。
息子も、奈良の街で人混みにまぎれてクリスマスの雰囲気を楽しんでいました。

              クリスマスの夜 縮小

シャトードールのパン屋さんの店先で、小学生のお姉ちゃんと小さい弟が
クリスマスケーキを売っているのが目に映りました。
息子は、その姉弟から自分の誕生日のケーキを買うことにしました。
ケーキは2200円だったので、男の子に1万円と200円を差し出して、
ケーキを受け取り、8000円のおつりが返ってくるのを待っていました。
ところが、男の子にはどうして8000円というおつりになるのか、わからないのです!
これまで買ってもらった経験から、
1万円受け取ったら、7800円おつりを出すという学習はしていたのでしょう。

またお姉ちゃんが先生です。
10200円もらったら、どうして7800円ではなくて8000円のお釣りになるのか、
弟を説き伏せるのに懸命です!

仕方がありませんね。
息子はなかなかお釣りがもらえなくて、
お姉ちゃんの説明に男の子がしぶしぶ折り合いをつけるまで、
所在なげに待っていたそうです。

クリスマスの夜に、息子から聞いた平和な話題を書いてみました。                               メジロ3羽 縮小 メジロ 縮小


通りがかったお店やさんの表に、こんなクイズが書かれているのが
目に留まりました。
皆さんも挑戦してみてください。

10、11、15、24、40、65、?

の部分に入る数字は何でしょうか?
大立山、はり新さんのホームページより
ようこさんの家は郷土料理のはり新さんです。
今回は、はり新さんのホームページを拝借しました。
http://harishinnara.blogspot.jp/2017/01/blog-post_24.html

スマイルさんといつもの散歩道を歩いていたら、大極殿から準備中の大パネルがニョキッとのぞいてました。
行事は見たいけど、この寒空、しかも夜に平城京で四天王を見、若草山の山焼きを眺める勇気がない二人でしたが。
さすが奈良町に根を下ろす老舗ですね。はり新さんが大立山を観光案内されていました。ラッキーでした!

2017年1月24日火曜日
はり新の観光案内(奈良 大立山まつりは25日から)
● 1月25日(水)から平城宮跡で、「奈良 大立山まつり」が開催されます。圧倒的迫力の四天王の大立山や、県内各地の伝統行事が一堂に会します。23日(月)夕方にはすでに四天王の大立山が立ち上がっていましたのでカメラに収めてきました。(奈良県内各地には、江戸時代の頃から「造りものを身代わりとして、厄を落とす」という風習があり、それを「立山」と呼んできました) 
1.jpg

写真中央は大極殿、その右側に多聞天の立山が見えます

2.jpg

多聞天の立山と大極殿。大極殿が大きいので多聞天の大きさがわかりづらいですが、その高さは7m強!


3.jpg

当日は立山の中に灯りがともります

4.jpg

立山の後ろもいいですね。四季のイメージ画が描かれています。広目天は秋。

5.jpg

増長天の後ろには夏のイメージで花火でしょうか

7.jpg

大立山と同時に楽しみたいのが県内市町村が工夫を凝らしたご当地グルメの「あったか食」。当店は祭会場には出店しておりませんが、奈良町で飛鳥鍋をご用意しております。
8.jpg

当日は立山に灯りがともされますが、夕陽を背にしたシルエットだけの立山(増長天)も迫力があります

9.jpg

大極殿前から生駒山系に沈む夕陽が見えました。ここから西の山々を拝むと視界を遮るものは何もありません。 25日の開催が楽しみです。










干支の山、金勝アルプス、鶏冠山に登りました。
鶏冠山全景

琵琶湖線、草津からバスで。奇岩が織りなす風景はどこかでみた掛け軸の様。


金勝アルプス、鶏冠山、落ケ滝

まもなく落ケ滝に着きました。うえから大きな岩が落ちてきそう。


岩盤にはロープが。淡路さんはグリップきかせて上手

こんな岩盤を登るところも。上手、下手の差ではなくて、下の傾斜はロープが頼り。でもグリップきかせて 
上手な人も。
ちなみに私は登り切って写ってません。


岩の間を

岩山のわりに滑らないですが、めちゃ真剣な顔してます。フィールドアスレチックに行ってる気分です。


くぐり岩の間を


天狗岩のも登れました。

天狗岩からは琵琶湖の展望が素晴らしい。高い景色のいいところ好きな仲間ですが、正直足がすくみます。登ったはいいけど{どうして下りるんですか~!}と叫んでしまいました。標高605メートルの低い山ですが風化した花崗岩が露出してまるで岩の庭園の様でした。


柏原警察から電話
新年早々物騒な話ですが。
朝5:30に電話のベルが鳴りました。
時間が時間なので嫌な予感です。すると、留守電から”柏原警察です。”の声。
いよいよ、オレオレ詐欺が来たかと受話器を取らずに続きを聞くと。
穏やかな声で、盗難にあわれた自転車に乗った子供を補導しました。 あっ!はい私です、と慌てて受話器を耳にくっつけた。
我が家のボロ自転車ですが、マンションの駐輪場に置いてあったのを、昨年暮れに盗られていたからです。
盗難届は出していません。
買い物は歩いて、と心がけているので、年に数度しか出番がない自転車でした。
年末の買い出しには使うので拭いたところ、鍵が錆びついて施錠できなくなってしまいました。
安物を買うと、整備してお金を掛ける代物でもないよな~と思ってしまうもので、油断して放置した数日の出来事です。


さて、補導した子供が乗っていた自転車、その所有者が盗難届も出していないのに、どうして分かったのでしょう?
書いてあった名前は、5年の間に消えかかって判読できません。
署の方から、防犯登録をしていたので、と告げられて。
役には立たんやろうけど、、、まあしとこうか。と思いつつ購入店で記入したのを思い出していました。
皆さんもされていますか?
防犯登録があったからこそ、私の自転車は発見されました。 こんなことがあるんや~!と感激しています。
かご1




残念なことですが、続きがありまして。
実は必要に迫られて、発見前日に、私は中古自転車を購入してしまっていました。
”どこか引き取ってくれる所はありませんか?” 警察には大変感謝しつつ聞いてみたところ。
”いいえ、所有者に返します。”

年末に拭いたから、見栄えは良くなっています。整備したら十分乗れます。
どなたかに譲る場合は、、、防犯登録のし直しをしないといけないと忠告をうけました。
その手続きを購入した店がしてくれるかどうかはわからない、と言う問題もあるようです。
お世話になりましたと頭をさげて所轄の部屋を出ましたが、自転車が2台になって困惑していたので
心からお礼が言えたかどうか自信がありません。

お正月も終わって
七草粥のこと

七日朝、氷点下6度!
畑の野菜はみんな死んだようにへちゃばってました。
寒さがゆるんだお昼ごろ、
カブの葉が早くお食べというように
ピンと立ち上がっています。
これはもう今日は、カブのシチューしかありません。
主役はかぶとして、せっかくなので七草シチューにしょう!
野菜はうちで調達できるもので。
ジャガイモの北あかり、
芽が出かかっている泉州という玉ねぎ、
チンゲンサイ、ヤーコン、サトイモ、白菜
そしてダシ用にベーコン。
とにかくそこらにある野菜をほうりこんだということ。
少量のスープで崩れない程度に煮込み、
ホワイトソース(これだけはこだわります)
を足して仕上げるだけ。
だけどおいしいんです、これが!
七草粥ならぬ七草シチュー、邪道ですけど・・
シチュー



その寒~~い朝、ようやく昇ってきた朝日が
北向きの雑木林にさしこんだとき、
あまりの寒さで霧氷の木々が、
真っ白に輝きました。
霧氷


木の葉が落ちると、
あちこちで木に巻きついているツルを採取できます。
本格的なカゴ作りではありませんが、
適当に編んで作ったカゴは野趣に富んでいて
鉢植えや、野菜や野草を入れてみるとなかなかおもしろく、
ちょっとした冬の手遊びというところ。
先日、近所の友人がそれをあっというまに3個も作り
見せてくれました。
ツルかご


この頃、超特急で巡ってくるような気がするお正月も終わり、
新年の心がまえや目標とて特にない私ですが、
今年も健康でいられますように、とだけは深く思います。
そのうえで、楽しいこと嬉しいことがいっぱいできますように・・

ハナコのママ







素敵な賀状をいただきました。
手描きの賀状はぬくもりがあって、受け取った人は笑顔になれる。
ゴム印を趣味にしているようこさんの、素敵な仲間から届いた年賀です。


ようこ1

ようこ3

ようこ2

ようこ4

ようこ5

ようこ6

ようこ7


続きを読む
張り子の酉
1張り子の酉
 
新年おめでとうございます。
ひょんなことから、張り子の虎ならぬ張り子の鶏を買ってしまいました。
私の干支なので、なにぶんよろしくお願いします。

                         by 大ちゃん  
年賀状
youko1.jpeg
寿ぐ一年の初めですが、一笑にふしてください。  
道路を暴走する18才、
道路を逆走する81才   
遠すぎる過去と、まだちょっと間がある81才。
心して走りたい新年です。

ようこ年賀1


                by ようこさん
新春のお慶びを申し上げます まいど~る
201701021139569d2.jpg


酉年 十二支のお話しでは 鶏
私のエクセル賀状で 遊んでみて下さい!

私には バードウオッチングの年になりそうですよ❗



賀状に描いたイラストの鳥の名前です。
何と読むか分かりますか?

気をつけて見ると、私たちの周りには沢山の野生の鳥たちがいます。
見事に共存していると思います。
スマイルさんが散歩で見かけるコブハクチョウのこうちゃんの様に、あるときは心の癒しになってくれますね。

私のカメラでは大した物は撮れませんが、いいタイミング狙いで ウロウロしたいと思っています❗




お気楽な賀状
年賀状img046


もう終わりにしよう、と思い続けているのに
なかなか踏ん切りがつかないまま
今年もなんとか書き上げた年賀状。

今年はどうしようかなあと思っていたところへ、
近くの友達が「絵手紙の賀状を書きたいねん!」と、
わが家にやってきて練習するので
それじゃわたしも、と挑戦してみました。
絵手紙の極意は「下手がいい、下手でいい」だそうです。
気が楽ですよね。
それではと、字は墨をつけた割り箸で、
印は消しゴムでちょちょっと仕上げて押してみました。

今年はなんだかお気楽な、こんな調子でいきたいなあ・・・

ハナコのママ




私の酉年年賀状
ニワトリ二羽 年賀状縮小600×400

昨年は、全身麻酔1回、部分麻酔2回をして、3か所の手術をしました。
刃傷続きの1年でした。
日本の優れた医療技術と、
それからブログ仲間や、女子会の皆さんに感謝の1年でした。

今年も人の情けを受けながら、
感謝を忘れずによりよい日々を過ごせたら本望です。

この木版画は、昭和54年に亡母が年賀状用に作成したものです。
36年後にこんな形でよみがえり、
不器用な長女の役に立ってくれる、さすが五黄の寅年生まれのお母ちゃんです。



年女の年賀状
あけましておめでとうございます



酉400

今年は6度目の年女です。
次にお祝いしてもらえるのは喜寿ですね。
それまでの5年間は、元気に過ごさないといけません。

私の場合、健康的な数値を脅かす大敵は、食べ過ぎだとお医者様に言われました。
美味しいものを、ちょっと我慢する。
そんなことすら続かない意志薄弱者です。

仲間がいてくれて続いているのは、このブログ。
老化防止のために、後一年くらいやってみる?。。。なんてミミッチイことは言わないで
メンバーが順番に喜寿を迎えて、おめでとう!とブログで言い合えるまで
長く続きますことを祈願して、今年もどうぞよろしくお願いいたします。


kumi.jpg
ようこさんに作って頂いた祝箸入れ。今年は久実が名前を書き入れてくれました。

                            by ensachi