縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
05 | 2016/06 | 07
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 白浜便り
201606281101592c8.jpg
鬱陶しい日が続きますね。
白浜へ休暇にきています、と言えば聞こえが良すぎるでしょうか?
実際この景色の中で日々暮らし、夕飯後には温泉へ行ける生活です。
しばしゆっくりさせてもらいます。
  
20160626092226231.jpg 
知人の農家さんからスイカが届きました❗

小さく切ってフォークで食べるので
スイカ大好き婆ちゃんは、小さい頃からこうしてかぶりつくんだと見本を見せました🎵
20160626200831871.jpg

20160626200514fc2.jpg
毎朝マラソンをしていて、今朝は記録会でした。
2か月前より16秒も早くなったのは、大阪のおばあちゃんがタブレットを持って応援したからだそうです。

 201606280900452c8.jpg
もうすぐ保育園で七夕祭り夕涼み会があります、肩上げした浴衣を着ると踊らずにおれないのでしょうね。

20160628090046faf.jpg
小さくて見えませんが、ドラゴン模様の甚平はSho2歳へのお土産です。
2016062809004830e.jpg
一晴のは、風神雷神模様。でも、本当は浴衣に赤い帯を結んでほしくて少々不満げ。
2016062809004411b.jpg
賑やかな日が終わり、おやすみ前の絵本タイム。あー疲れた、大人3人はホッと一息つけました。
スマイルの近況報告
水上池の白鳥

いつもの散歩道、水上池に白鳥が戻ってきました。
二年ぶりでしょうか。
古巣に帰ってきた優雅な姿に皆さん大喜びで、誰も彼もが餌を与えにやって来ます。
私の大好きな 動物と人間のふれあいの情景です。
でも、聞くところによると、また近々姿をくらますそうです。
白鳥には白鳥の都合があるのでしょう。

はかなげで神秘的なところがいっそう愛おしく、
せめて身近にいてくれる間だけでも優しくしたい、
皆さんそう思っているようです。

       青いアジサイ街角で見かけた新種のアジサイ
                                            まるで陶製の花のようです


先日、ようこさんの案内で、久しぶりに奈良町界隈をぶらついてきました。

こんな看板を売っているお店がありました。
共感を覚える人が、衝動買いするそうです。
私も切実に共感する看板がありました❣

奈良町の看板屋さん 縮小

猫背直したいのですけれど

迷路みたいな路地の先に、ようこさん馴染みのこじんまりしたカレー専門店があります。
お店の名前は香炉里です。
それぞれ違う種類のカレーを頼んで、分け合って食べました。
カレーを分け合って食べるという発想は、サービス精神旺盛なようこさんの才覚です。

香炉里さんの にゃんこカレー (にゃんこのデザインのカレー皿) 

カレーを食べてから、ここのマスターの出演するライブを観にいきました。
マスター自作自演の「野良猫の歌」は、香炉里カレーの味には及びませんでした。
残念❣

香炉里さんのマスター
   ♡ 香炉里カレー店のマスターのライブ

それより、ハンマーダルシマーという楽器の演奏に魅せられました!
写真のお二人はご夫婦です。
ご主人はいろんな珍しい楽器を手品のように取り出して伴奏されます。
アフリカの太鼓、ジャラーン、アボリジニの笛・・・
それがハンマーダルシマーにマッチして不思議な音色を醸し出していました。

ハンマーダルシマーのライブ




奈良町キューブというテナントです。

3坪ほどのお店が 10店舗ほど軒を連ねています。
小さくてもそれぞれに店主がいて、
自分の趣味の成果や、自分のセンスにあったものを仕込んできて
販売しています。
小さくても自分のお城というわけです。
契約更新は3年。
3年の間には、夢破れて撤退する人がいる、
その一方では、
新しく一念発起で入居する人がいます。
奈良町キューブでは、街の起業家たちの野心、成功、挫折…様々な想いが
繰り広げられています。

奈良町キューブの店子さん
          
潮風にふかれて
 爽やかな季節にちょっと志摩まで・・・

サミット、大騒ぎでしたねえ
何事もなく無事に終わり何よりでした。
そのサミットが一週間後に迫った18日、
ensachiと私は、伊勢志摩へ一泊二日のミニ旅へ。
きっと検問にかかるで、なんでわざわざ今や、
と外野の声も聞かれはしましたが、
いやいやめったにない体験かもしれません、と半分それを期待もし、
免許証はすぐに出せるように・・などと、準備万端整えて、
伊勢志摩に入りましたが、さて何のこともなく目的地に到着。
途中一箇所、すぐ前の名古屋ナンバーのボックス車が引っかかり、
すわ、検問!と続いて入ろうとしたら、シッ、シッと追い払われてしまいました。
後でつらつら思うに、バアサン二人の車に拘わっているヒマなんかないってことか?
と二人でうなずきあいつつも、少々残念ではありました。
とはいえ、ものものしい警備を窺える警察車両の車列を何度も見かけたし、
道筋のあちこちには他府県から派遣された警官がニラミをきかせていたし、
やはり、サミットだなあと実感した二日間でした。
警察車両1
  オバチャンたちには見慣れた光景


 華麗なる薔薇とフルコースとピザの饗宴

知人の大野氏夫妻が趣味と特技を生かして志摩市で営んでいる、
可愛らしくも素敵なプチ・ペンション。
バラが今一番きれいですよ、とのお誘いに、
例のごとく、なんにでもノリやすいensachiと共に
一泊二日で行こう! というのが実は今回の一番の目的。

花に誘われる蝶のごとく、通りがかりの人もつい、
バラを見せてくださいと入ってこられるほどの満開の薔薇、薔薇、薔薇・・
どんな言葉よりも一目瞭然、写真をご覧ください。
薔薇1

薔薇2
  夕闇せまる頃は、一層甘い香りにつつまれます

薔薇とピザ釜
  薔薇のなかに手作りのピザ釜が鎮座して

お好きな物をどうぞ、とのお言葉に甘えて
新鮮なお魚がいいな、とリクエストをしておいたんですが・・
フルコースで出してくださったお料理のおいしいこと!
ご主人のすてきなウエイターぶりと、奥様の心のこもったお料理の腕前
絶妙のカップルでしたよね、ensachiさん!

    
前菜

カキのコキーユ
 
タイのポワレ

デザート
 コースのお料理の数々、他にもあったんですよ!


朝食
   これは朝食 何もかも美味しかった!




翌日のお昼は薔薇にかこまれた庭でのピザパーティ。
大野さんが、手作りのピザ釜から、腕を真っ赤にしながら、
引き出される焼きたての小ぶりのピザは、
それぞれ具材の種類も様々で、
それがあっという間に
みんなのお腹に納まるのは、まあ見事なもんでした。
それにしてもピザがこんなにおいしかったとは・・ 
スマイルさ~ん、とてもとても美味でしたよ~

ピザ




 アイちゃん宅のイングリッシュ・ガーデン

今回のもうひとつの目的はアイちゃんの奥様が
丹精こめて作られた素敵なお庭を拝見させていただくというもの。
大野さん宅から車で20分ほどの海沿いの高級住宅地。
どのお宅も贅を凝らした建物が並んでいます。
そんな中、アイちゃん宅は少し違いました。
自然なさりげなさを装いながら考え抜かれた庭とわかる、
奥様のセンスが光る、素敵なお宅でした。
お茶をいただきながら、すっかり寛いでのおしゃべりは
もうこんな時間?と思うほど楽しいひとときでした。
それはお二人の人柄もさることながら
木工、カヌー、二胡演奏、お菓子作りetc.というお二人の多彩な趣味も、
このお宅をいっそう居心地のよいすてきな場所にしていると思いました。
アイちゃん庭
 庭の全景をお見せできないのが残念です


大野さんもアイちゃんも婦唱夫随というか、ツーと云えばカーと伝わって
それがおしゃれな手作りの棚やイスや小物になって、さりげなく置かれています。
薔薇も庭も何もかも、ensachiと私はただただ感嘆するばかりでした。


こうしてサミット寸前のものものしい志摩へのミニ旅は、
皆さんの温かいおもてなしに身も心もほっこりと包まれ、
あれこれ楽しい余韻にひたりながら終わったのでした




最新の記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

訪問客