縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
10 | 2014/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

今回は
   紙人形  12紙人形    13紙人形  

11紙人形  7紙人形  紙人形 6 紙人形 3 4紙人形 

アイさんの硬派の記事とはぐっと趣を変えて、
華やかで愛らしい紙人形で楽しんでもらうことにしました。

すべて、Mさんの作品です。よくみると、綿棒や、きれいな包装紙、ホテルのテーブル敷きなどを

有効利用しているのがわかります。

Mさんの独創的なメルヘンの世界です。

一人暮らしのお母様の癒しに何かできることがないかと考えて
作り始めたのがきっかけだそうです。

老人会や、婦人会などに招かれて、先生本人が材料持ちで
無料講習会をされていると聞いて
頭の下がる思いがしました。

そのMさんとラインをはじめました。かれこれ、3カ月になるでしょうか。

Mさんは、↓こんなスタンプをたくさん持っていて、私もペコちゃんとか、アナと雪の女王の

手持ちのスタンプをいただきました。

ドラミちゃん Mさんと二人だけのラインのやり取りは、今も毎日続いています。
紙人形の画像もラインにupしてもらったものです。

ツバメ、ヘビ、白鳥、猫、犬、白い彼岸花、通勤途中で目撃した宿り木・・・
パソコンやスマホの操作方法を教えてもらったり・・・日々の話題は尽きません。
Mさんとのホットタイムは
黄昏時を迎えた私に、気まぐれな神様がらの贈り物かもしれません。

スマホを起動すると、画面に真っ先にライン相手からの返信が
表示されるように設定されています。
この方法はラインに誘導する強力な仕組みになるなと思いました。

Skypeの優位性はラインどころではありません。
何しろ、テレビ電話ですから。
それなのに、なぜSkypeではなくて、ラインなのか。

それは、無料のテレビ電話が、通信キャリアの脅威になっているからではないか。
Skypeにばかり誘導していたら、NTTも、ドコモも、ソフトバンクも、
auもやっていけなくなります。
ラインぐらいなら脅威ではない。

そう、前代未聞のテレビ電話がなおざりにされているのは
優秀でありすぎたための悲劇だという気がします。
Skypeを創ったのはスウェーデンのニコラス・ゼンストロームと、
ヤニス・フリスの二人です。







定年後、株を購入  ??
今まで持っていた株を手放し、新たにチョイ大きい株を買いました。勇気がいりました。

今までの株は小さいため、どうしてもこの地域の動きについていけません。田舎の生活なら

ゆっくりの動きで行けると思っていましたが、田舎故距離があり、他の方は、高速移動しています。

そこで、チョイ大きい株を見つけ購入しました。外観は地域がら塩気が強いためかなり錆びています。

が、走行距離の少ないのが魅力で購入しました。磨くことにより株の価値は上がる予定です。前の株は

ネットオークションでほぼ元手の相場で売ることができました。若干、売り逃げかな?


小さい株
      これが前の株です  50 CC  4.5PS


チョイ大きい株
     チョイ大きい株です  72 CC  6Ps

マフラーの錆がひどいです。少しずつきれいにする楽しみが、たくさんあってなによりです。(本当かな?)
ここで、「」は正しくは「カブ・・・スーパーカブ」です。あしからず!!


すっかり 秋 です
うちだけの寒さかと思っていたら
下界でも木枯らし1号が吹いたとか。
我が家のここは、標高500メートル、
東北や北海道に初雪が、なんて日は、
ここも霜が降りるほどの寒さです。
で、うちのハナミズキやホスタもいっきに紅葉。

紅葉

きれいでしょ、でもこれは冬への序章、
まもなく雪がちらついたりしてきます。
夏の涼しさは天国なんですけどね。



9月のはじめ、うちのハチ君たちに大騒動が起きました。
巣箱のふちから、なんだかトローリと蜜が垂れているような感じ。

巣箱の異変
巣箱はハチ君たちでびっしり覆われ、
垂れた蜜に足をとられているわ、
それを狙ってスズメバチがホバリングしてるわ、
と、何が起きているのか、油断のならない状況で、
すぐ、pomeさんに指示を仰ぎました。 
Pomeさん、「巣蜜が落下してるのかもしれん、巣箱開けてみ、
蜜、半分採ってみ」と、いとも簡単なおっしゃりよう。
ええっ~!と仰天しながらも、連れ合いの尻を叩いて、
つなぎ服に、頭からはすっぽり網付き帽子、どこも隙間のないように、
と重装備に身を固めて、恐る恐る巣箱を開けたところ、

巣蜜落下

やっぱり巣蜜が、下に落ちています。
ああもったいない、蜜がいっぱいこぼれて。
半分の巣蜜を採り、巣箱のなかをきれいに掃除して、
と、初めての経験は、無我夢中のうちになんとか無事に終了。
採れた蜜が写真のもの、手前の黄色いのはミツロウです。

ハチミツ

わずか数ヶ月、あの小さな体で、よくもまあこんなに集めたねえ!
えらいねえ、ありがとう、と感動と感激の二人でした。
百花蜜のお味、格別でございます。



さて、pomeさんにはとても及びませんが、
うちも、素人ながら連れ合いが、農園を頑張ってやっておりまして、
今年は生姜作りに挑戦してみました。
まあまあ収穫できたんですが、生姜。
で、さてどうする?
味噌漬け、たまり漬け、甘酢漬けなどは定番。
わたくしめ、どういうわけか、生姜糖がぱっとあたまに浮かんでしまって・・
作ってみました!

生姜

われながら上手に出来上がり、
ピリッと辛くて甘い、懐かしい味に昔を思い出します♪
おおむね、年配女性には好評です。



先日、わが村の秋祭りの御供餅まきに参加せんと
ensachiさんがやってきました。
宵宮では御神灯にほのかに照らされた石段をのぼり
厳かな雰囲気の中、熟女ふたり、神様に神妙にお参りをしました。
当日、境内に組まれたやぐらを囲んで、善男善女、老若男女、
我々のようなにぎやかしも含めて、
一同、今か今かと御供まきを待っています。
さあ、ひとたび、御供まきが始まると、
みんな、われを忘れてキャア、キャア取り合い、
私たちも負けじと、ずうずうしくも浅ましい姿で、
「こっち、ぜんぜんきやへんよ~」などと声を張り上げて・・
気がついたら、けっこうな数、お餅を拾っておりました。

御供餅まき

帰宅したensachiさんからは、お餅3個食べたよ~、のメール。
私たち、氏子でもなんでもないんですけど、
いつも気持ちよく参加させてくださいます。
楽しかったねensachiさん!



この秋初めてのこんにゃく作りをし、大根もりっぱなものが取れました。
これはもう、おでんしかありません。
たくさん炊いたほうがおいしいので、大鍋いっぱい煮ました。
息子宅へも届けます。

おでん

それでも、おでんを炊いたときは、2,3日、おでんが続くのです。
はじめてのおでんはおいしいのですが、
我が家では、それからしばらくは、おでんは食卓にも話題にものぼらなくなります。
何事も、過ぎたるは及ばざるが如し、と申します、が、
毎度、反省のない私です 



寒くなりますが、皆様風邪などひかれませんように。