縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
08 | 2014/09 | 10
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

さざんかホールにて
シンデレラと王子さま

↑の写真はMさんが撮影してくれたものです。

シンデレラの公演後、出口でのショットです。

握手をしてもらいましたが、
王子様は白い手袋をはめていました。

志摩地方のお祭り2件
志摩地方のお祭りを2件紹介します
  1.波切(なきり)のわらじ祭り(9月13日)
  大きなわらじを作り、敵を追い払ったとの故事よりこのお祭りがあります。
  真意のほどは別として、人間と比べるとこんなに大きいです
わらじ 赤ちゃん


浜辺よりわらじを海に送ります
海辺


神社よりわらじが運ばれてきました
神社より

そしてわらじは男衆4人により沖合へ
わらじは海へ

とっても素朴なお祭りです

2. 安乗の人形芝居(9月16日)

会場は200人ほどが入るところで、ステージ右には歌いの方(謡曲師?)と
三味線が付きます。謡曲師の方はプロのようでした。
会場


人形を4~5名の方が操作しています
人形1

志摩市設立10周年を祝い一献・・・とお祝いのお人形です
人形2

地元の保存会の方も活躍しています
保存会

幕間にもち投げもあり、なかなか面白いお祭りでした

     以上です

夏も終わったようで、ちょっと淋しいですね
生涯学習とは・・
私が公民館で受けてる講座の話し
今回はアコーディオンの演奏会というので
前々から楽しみにしていました
が、なんと演奏者は81歳にもなられる方
ちょっと、驚きました
でもね、とてもお年には見えない若々しさで、
ユーモアをまじえてのおしゃべりもお洒落、
さすが曲目は少々昔のものが多かったんですが
そこはそれ、こちらだって何の違和感もなく口ずさめる年代で、
歌い、聞き、大いに盛り上がりました
タンゴが弾きたくて、中学生の頃からアコーディオンを始めたそうで、
もう、暗譜では無理で、とおっしゃりながらも弾かれた
エル・チョクロ、ビオレッタに捧げし歌、小さな喫茶店、さらば草原よ、等々
目をつむって聞いていると、情熱的なカップルが
目の前で踊っているかのような素敵な演奏でした。
こんな歳のとりかたが出来るって最高ですね!


去年ほどではなかったけど、
この夏の蒸し暑さもしんどかったですね
こんな時期にはこれに限ります
特に風呂上りには最高です、えっ、ビールかって?
それもいいですね!!
いえいえ、布・ぞ・う・り のこと
作っては、友人知人に差し上げてます
けっこう喜んでくれました
布ぞうり
さて、毎年頼まれて、布ぞうり作りの講習会をしていますが
いつも、中途半端で終わるので
今年は、何がなんでも一足仕上げよう、と気合を入れたので
皆さん何とか、仕上げてくださいました
どんな出来上がりでも、完成すれば、感動した!と言ってくださり
お蔭でわたしも、いい気持ちにさせてもらいました


ブルーベリー
ようやく収穫できるようになったブルーベリー
けっこうおいしいのが採れてます
真っ黒になったのから採りますが
ちょっと油断していると小鳥がおいしいところを
全部さらっていきます
小鳥さんごめんなさい
今日はensachiさんが全部さらっていきました


近くに陵墓公園があります
毎年、8月下旬にそのまわりを、ろうそくの灯りで彩る
陵灯会というのが催されます
田園地帯の真ん中なので、よけいな灯りもなく
幻想的な光景がかもし出され、なかなかいい雰囲気です
ところが今年は、雷は鳴るわ、雨は降るわで
早々に帰ってきました
ensachiさん、はるばるきてくれたのに残念でした
せっかくですので、昨年の写真で見てくださいね
陵燈会2

翌日、ensachiさんと、映画会があるという福祉センターへ
「マンマ・ミーア」なんて、おしゃれな映画をするというんですから
見ないてはないですよね
ところがです
観客は私たち二人、と、もう一人、たまたまお風呂にきた高齢の男性だけ
吹き替えにしますか、字幕スーパーにしますかというので
お隣のその男性に聞いたら、
わしゃ、どちらにしてもこんな映画
訳がわからんので好きなほうをやって~、とのこと
字幕のほうでお願いしました
全編、昔、一世を風靡した「アバ」の曲にのせて
ウキウキ、踊りだしたくなるようなミュージカル仕立てで
メリル・ストリープの素敵さが際立っていましたね

冷房の冷え冷えと
座り続けての腰の痛さに、ふと我に返り、
よかったけど、疲れたね、
うん、お風呂に入って腰を暖めて帰ろうか
と、二人でしみじみ・・
 
今年の夏はこれで終わったのかしら・・

アイちゃん、お次よろしく