縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
07 | 2014/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

落款印の制作
急に涼しくなったので体調を崩さないようにしてください。
ensachi さんのリクエストにより 落款印の制作を掲載します。

書作品の自用印がほしくて篆刻教室に通い始めて17年ほどになります。
制作ノートも6冊目に入っています。

ここで落款印の制作手順を追っていきたいと思います。

京 子 さんの白文を刻す場合の制作手順。
① 印面を整える
    印面をペーパーで平らにする
② 撰文
    刻したい語句を決める。 今回は 京子
③ 印稿をつくる                    ④ 字入れをする。
    字書で刻す文字を選ぶ                印面に黒墨を塗り、赤墨で印稿を見ながら裏返しに字入れする
                               ⑤ 印刀で刻す            ⑥ 試印する
                               ⑦ 補刀 ― 不十分な処を補う  ⑧ 捺印する - 完成した落款印
image31.gif                         image2.gif

今まで刻したいくつかの落款印を掲載します。 大きさがまちまちで申しわけありません

kazuko.gif  miti.gif  nakazima.gif ouetu1.gif  rinn.gif








雨の多い夏でした
台風や異常気象で 
各地で大きな災害をもたらした夏
被災された方々に 
お見舞い申し上げたいと思います

さて 桃は 
日照時間が少なく
気温も平均的には低く
例年に比べ甘みが少なく
良いものができませんでした

加えて アライグマにかじられ
仕方なく檻を仕掛けました
2匹捕獲しました
捕まえてみるとかわいいものですが
当方にとっては害獣です

アライグマ

雨の多い今年は もうひとつ
カブトムシが大発生
これも 桃が大好き

7月20日ごろから
毎日10~15匹
述べ 100匹以上捕獲
子供さんの居られる家へ差し上げ
喜んでいただきました
当方にとっては害虫ですが・・・

カブトムシ

雨の多い時期はいろんな虫が
たくさん発生するので
我が家の ヤモリも
大忙しです

やもり

はす も 八重の比較的小さな
お椀はす を最後に
時期が終わりました

おわんハス

自然薯 長芋は
イノシシに掘られないよう
囲いを 施しました
湿気を嫌う自然薯
出来栄えが案じられます

囲い

湿気が多く 蒸し暑いと
蜂たちも 箱の中では
耐えきれず
7群 逃亡しました
残ったのは 空の巣ばかり
蜂の逃亡後の巣です
上から見たものです
この巣は 溶かして
蜜蝋を採ります

空

夏の終わりは
ツバメの旅立ちです
当家で育った子たちも
長い旅に備えて
トレーニング
近くの電線に集合した
総数77羽
うち3羽は 盆すぎて巣立ちしたもの
しっかり渡ってくれるだろうかと
心配です

ツバメ

では 今回はこの辺で

 次 利峯庵さん よろしく





台風が去った白浜で過ごす
台風の影響で、10日に行われる白良浜の花火大会は延期になり
ホテルは打撃を受けたと聞きました。

孫達は期待していた日置川が増水して、カヌーができずションボリしていたので
少しでも泳がせてやろうと、連れて行ってくれたのが周参見海水浴場です。
地元の若者に人気があるこの飛び込み場所は、深いのですが少し我慢して泳ぐと
すぐ浅瀬に着くので、孫はスリルが気に入って、2日も通いました。
毎日通ったのは、志原海岸にあるリバージュ温泉です。
源泉に浸かって、お肌ツルツル(^^♪  にはなりませんでしたが、露天風呂は最高ですね。
縮小飛び込み周参見


お盆は、提灯を灯した玄関前に、迎え火の松明を焚いて、簡易祭壇を作り、お線香を     
あげます。子供達は線香花火に興じ、スイカを食べて里帰り気分を味わいました。 
む縮小花火


雫の滝です。 寒いこと! 冷たいこと!!
真夏にこんな別世界があったとは驚きです。
対向車が来たらどうしよう?! と 慣れない者なら怖がりそうな細い道を10分位走ると
大雨かと間違うような爆音が聞こえ、谷川への下り口がありました。
苔むした危ない石段を30m程歩くと、滝がまき散らす霧が、冷え切った世界を作っていたのです。
滑りそうで動けないばあは、ただただスゴイの連発。
ベテラン義息子がいるので任せてますと、孫は氷のような体になって急流ではしゃぎまくってました。
川雫の滝


庭でバーベキュー
とれとれ市場で買って来てくれた、エビ・ホタテ・さざえ・いかの海鮮焼肉でした。
いつも来て思うのですが、白浜は新鮮な海の幸・山の幸に恵まれています。
右、バケツの中に入っているのは、大騒ぎして捕まえた沢ガニですが、よく見えません。
バーベキューかに

台風が去って、またうだるような暑さです。お元気ですか?
pomeさんにバトンタッチします。







苦労してUPしました ☆大人のジャズ☆
http://blog-imgs-68.fc2.com/e/n/s/ensachisan/2014080813261835c.mp3                ↑クリックしてください
「世紀の空売り」を二度読みました
 オーランド・ブルーム
英国俳優 オーランド・ブルーム

ウオール街の帝王と呼ばれたソロモン・ブラザーズ。
そこで債券セールスをしていたマイケル・ルイスが書いた
「世界金融の破綻にかけた男たち」を読みました。

リーマンショックと呼ばれる世界同時金融危機のさなかに
たまたま火元の近くに居たこと。
すごく頭が良かったこと。、
モーゲージ債市場で何が行われているか、
それを探るのに心血を注いだことで
アメリカン・ドリームを実現した3組の
ケースを取り上げたのがこのノンフィクションです。

モーゲージ債(主に住宅ローンを証券化したもの)とか、
サブプライムローン(優良でないローン)とか、
CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)
CDO(債券担保証券)etc.

金融用語がやたら多くて、
そのたびに前のページを繰って確かめながら
なんとか読み終えたあと、
再び最初のページに戻って読み始めました。

難解ではありましたが、ウオール街に群雄割拠する
ゴールドマンサックス、モルガンスタンレー、JPモルガン
ベアスターンズ、リーマンブラザーズ、ドイツ銀行などの面々が
どんな手口を使って
自分たちのひねり出した詐欺まがいの金融商品を
カモに売りつけたか、目が離せませんでした。

サブプライムローンの最悪の例を紹介します。
メキシコからやって来たイチゴ摘みの出稼ぎ労働者、
ストリッパー
ローンを組んだ翌月から支払いできない貧困者・・・

とても返せそうにない人たちがローンを組まされて、
たくさんのそんなローンを一緒くたに混ぜ込まれて出来上がった
住宅ローンの大きなプールが、
トリプルAモーゲージ債として売られていたのです。

さらに進むと
もっと複雑怪奇な金融商品が作り出されて
投資銀行によって売リ捌かれました。
CDO(債務担保証券)というシロモノです。
こんな幽霊みたいな商品が堂々と通用していたのです。

どの投資銀行がいちばん悪賢いか。
ゴールドマン・サックスですね。
嘘をつくのと、物を隠すのが上手い。
サブプライムローン市場が炎上しはじめたときに
真っ先に非常口から脱出して
自分たちが脱出したあとの扉を閉めたのが
ゴールドマンサックスだと作者は述べています。

炎上するという意味は
住宅ローン債務不履行が続出することで、
ローンに裏づけされた債券の値打ちが
紙くず同然になることです。
最初の2年間は釣金利といって安く設定されています。
3年後からは12%くらいの利息に跳ね上がる
変動金利なのです。

遅かれ早かれ破綻するのは間違いない債券を
投資銀行が売ったいちばんの顧客はドイツ人でした。
モーゲージ市場が収拾のつかない状態になっている
いまわの際にも
ドイツ人は律儀にこの債券を買っていた!


 では、ウオール街の混乱のなかで マイケルルイス 世紀の空売り
桁外れの利益を生み出した前述の3組は何をしたのでしょうか。

3組とは

隻眼のマイケル・バーリ医師によるサイオン・キャピタル、

ヘッジファンドのスティーブ・アイズマンとそのパートナーたち、

チャーリー&ベン&ジェイミーの素人3人組です。

彼らはコツコツとモーゲージ債の保険
(CDS→クレジット・デフォルト・スワップ)を
買い込んでいました。
モーゲージ債が紙くずになったら、
もとの価値の保険金が下りるのです。
彼らが買ったということは売り手がいたということです。
ここで売り手というカモになったのが、
AIGというアメリカ最大の保険会社でした。
AIGが遅ればせながら逃げた「あと釜のカモ」は
やはりドイツ人でした。
ドイツ人はウオール街のしたたかさに免疫力がなかったようです。

ゴールドマンサックス、ベアスターンズ、メリルリンチ
モルガンスタンレー、JPモルガン・・・
火付け役も巨額の損失を出しました。
劣悪な商品ですが、
誰かに売るために在庫を抱え込んでいたからです。
投資銀行は、CDSという保険を買った
頭の切れる少数の人たちに儲けをさらわれました。

しかしながら、それでも今なお
ウオール街には星条旗が掲げられて
世界のマネーを呼び込むのに忙しいのです。

それではensachiさん、お次をお願いします。