縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
06 | 2014/07 | 08
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

伊勢志摩の動物たち (アイです)
伊勢志摩は海岸が近くにあります。梅雨時期になると道路に顔を出すのがカニです。
犬の散歩中に出くわすと、犬・カニ合戦になってしまいます。
サル・カニ合戦だと面白いのですが、サルは2年ほど前に1度近所で見たきりで
幸いその後お会いしていません。                                                                                                                                                                                                                                           IMG_8693_convert_20140729212810.jpg
 

又海岸近くで見るのが、イソヒヨドリです。オスは胸が青とオレンジで、きれいな声で鳴きます。
ヒヨドリの名前がついていますが、ツグミの仲間です。動きも面白いです。

IMG_8666_convert_20140729213133.jpg
雛がこちらを覗いています。今年は5羽が巣立ちしました。


親鳥がエサをちらつかせ、巣立ちを促しています。巣立ちは早朝からごご3時ごろまで
続きます。その間に人が巣に近づくと独特の警戒音で威嚇します。


IMG_0922_convert_20140729213450.jpg
ムカデをくわえています


巣立ちしたばかりの雛です。正式には巣落ちです。巣からバタバタと落ちてきます。


IMG_8668_convert_20140729213707.jpg


巣立ちの次の日、フェンスの上に親鳥をみつけまいた。


IMG_0936_convert_20140729213925.jpg


なんとフェンスの足元に雛が隠れていました。


IMG_0938_convert_20140729214326.jpg


そして、親鳥をクローズアップするとエサをくわえていました。親鳥のけなげさに感動です。


IMG_0937_convert_20140729214049.jpg
イソヒヨドリ あっぱれ!!

次回テーマはブドウ狩りの予定です。







お暑いですね
梅雨が明けたと思ったらいきなりの猛暑、
ぐったりしております。
標高500Mのわが家でさえこんなでは、
下界にいらっしゃる皆さんはさぞかしとお察しいたします。
こんなでは、あれこれ考える気力もなし
ここはお気軽に、最近のお気に入りなどを連ねて見ました。


ジュリアP1020509
お気に入りのバラ
ジュリアという名前です
この渋い色が大好きです。
開ききった花容もすてき。
名前の由来は知りませんが、
昔みた、ジェーン・フォンダ、ヴァネッサ・レッドグレイブが共演した
「ジュリア」という映画をいつも思い出します。

大沢温泉ー1
花巻温泉の奥に位置する大沢温泉
この茅葺きの建物に泊まりました。
対岸には大きな混浴の露天風呂があるんですが、
私たちの部屋からもまる見え。
ちょっと入る勇気がなく断念。
旅の恥はかきすて、入ればよかったかしら。
古いけど、掃除の行き届いた、なんだか懐かしい風情の、
泉質、湯量ともピカイチの温泉でした。

ラベンダー
ラベンダースティック
ラベンダーが咲き始めたころから、雨が降り続き
今年は少ししか作れませんでした。
作っている間、部屋中にいい香りがただよっています。

ガキ岩
岩ガキ
お気に入りというよりもビックリなもの
今頃の季節に食べられるという岩ガキが
三重県の志摩から届きました
プリップリッ、磯の香りぷんぷん!
生でレモンキュッ、といきたいところですが、
なにせ、この大きさなので、
おじけづいてしまい、フライにしました。
巨大なカキフライにはなりました。

花豆
花豆の甘煮
この豆は寒冷地でしか栽培できないらしいです。
うちもかなり寒いので、一度挑戦はしたんですが無理でした。
長野の知人にいただいた花豆を甘煮にしました。
この豆、なかなかの曲者で、
圧力鍋を使おうが、何回煮こぼししようが、
全部が全部、柔らかくならないので、えらく時間がかかるんです。
それだけに、出来上がった花豆の愛おしさ、おいしさは格別です。
今回はワイン味にしてみました。
4センチほどにもなる、大きな大きなお豆さんです。

なんだかよけいに暑くなったようならお許しください
皆さん、どうぞ猛暑に負けずお元気にお過ごしください
次は、いつも元気に飛びまわっているアイちゃん
よろしく


刻字作品
 定年後の趣味をもう一つ増やそうと刻字教室に通い始めました。

 刻字を簡単に言えば、古代文字篆書を板に彫り絵具や金箔で仕上げます。
 商店街の店の板の看板も刻字と言えます。

 作り方は、① 彫りたい言葉を選び篆書体に作字します。 
        ② 作字をカゴ字にとります。
        ③ それを板(主に桂材)に貼ります。 
        ④ ノニと彫刻刀を左手、木槌を右手に持ち彫っていきます。
        ⑤ 彫りあがれば絵具で彩色、または金箔などをりまする。
         工程は以上で、小品などは部屋のインテリアに適しています。

展覧会としては、毎日書道展に刻字部門があります。大きな作品は高さが2mを超すものもあります。
そういう作品は一年かかりで彫られるようです。
私は一回出品しましたが、見事落選でした。
約一年で断念しました。

この作品はその時に彫ったもので、今でも気に入ってます。金箔で仕上げています。
左の作品の釈文は  福 如 雲   福雲の如し(昭徳皇后)
右の作品の釈文は  秉節身常苦  節を秉りて身は常に苦しみ 
              求仁志不違  仁を求めて志は違ばず

 

        013_convert_20101209162713.jpg     011_convert_20101209162232.jpg

咲きはじめました
ハスがぼちぼちとさきはじめました

はす1

はす2

はす3

はす4

はす5


自然薯は マルチをかけて 
秋までこのまま

台風などで 倒れないことを祈るのみ・・・

マルチ


最近 夕食後散歩をしてるんですが
ほたる がちらほら
増やしてみようと 捕まえてきました

ほたる


犬も歩けば棒に当たる・・・
    と言いますが

休耕中の田の草刈りをしていると
ガガガーっと 何かと思へば
鹿の角ではないか

鹿の角

こんなものが草原に落ちていました
左は去年 右は今年拾った物です


ミツバチくんは
梅雨の時期から夏は 
巣箱の中は暑いので
巣箱の外で涼んだり 中へ風を送ったり

巣箱

もも だいぶ大きくなって来ましたが
今年は アライグマ が
ももやスイカ キュウリまで
手の届くものはなんでも
食ったり引っ掻いたり
やりたい放題

檻をかけてもなかなかつかまらず
困ったものです

個体が増えているのかなー

では 今回はこの辺で・・・


 次は 利峯庵さん よろしく