縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
03 | 2014/04 | 05
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

利峯庵テレビデビュー
                    利峯庵が探偵ナイトスクープにデビューした。

大阪駅の歩道橋で、探偵ナイトスクープのロケとは知らずに、携帯のカメラを向けると呼び止められ、

澤辺探偵にコブラツイストをかけた。

これが完璧に決まった。

利峯庵は70歳。後でかけ72歳の人に歳で負けたのでコメントはカットされていた。。



                 P4270001_convert_20140428165222.jpg


次は ハナコのママさんにバトンタッチします。よろしくお願いします。
緑は目に優しい
山里では草木がいっせいに芽吹き
若葉が目にも鮮やかな
季節になってきました
光の七色の中で
緑は最も人の網膜に
負担をかけない波長だそうです
で「は目に優しい」
と言われているようで
長時間緑に囲まれていても
疲れることが少ないと言われているらしいです

山菜

近くの山で 採ってきた山菜です
ご存知だと思いますが 
左から ウド  タラの芽
  上が こしあぶら 下が こごみ
  右は 誰でも知ってる 椎茸です
あと タケノコ  わらび もあるんですが
採ってすぐ 湯がいたり あく抜きをして
 原形や 原色 をとどめていませんので
画像に入れませんでした

現物は届けられませんが
画像でご勘弁を・・・


次は

自然薯

前回 自然薯のパイプを伏せた画像を載せましたが
今回は植えつけの画像です

目印の竹の棒のところに 芋が出来るように
そしてパイプの皿に芋が伸びていくように
植えつけます

竹のところの種芋の先が白くなっていますが
これが 「芽」です
この芽が成長して 上のほうへはツルとして伸びます
また この芽のところから新しい芋が下へ真っ直ぐ伸びます
それで 下へ伸びるのをパイプで遮り 
斜めに伸ばして掘りやすくします
 まだまだ作業は続きます
 秋の収穫まで作業工程を紹介していきます

さて
 そろそろミツバチの分蜂といって
 巣の中で新しい女王蜂ができると
 古い女王蜂が群れの半分の蜂を連れて
 巣別れする時季がきました

 この状況は 次回に・・・


  では バトンを ローテーションに則り
      利峯庵さんに お願いします
       利峯庵さん よろしく
さようなら 交通科学館
  ”しょうむない”はピンポーンでしたか。
  ensachiが答えましたが、全員わかっていた! でしょうね。

  平城京跡の散歩に同行できそうです
  痛かった足が、子守で明け暮れるうちに治りました。
  これって・・若さでしょうか!?
  


半世紀以上も鉄道ファンを楽しませた、港区にある交通科学館が4月初めに閉館しました。
交通科学館

なくなる前に行きたいナ・・と言う私を、6年生に進級した孫が案内してくれました。
幼児のころよく連れて来てもらった、父親方のおばあちゃんも誘おうヨ・・と提案してくれて
その日は楽しいデートになりました。

館内はレトロな駅舎やミニチュア列車などが一杯で、子供連れで大賑わい。
寝台車をのぞき込んでいた私は、寝台車に乗った日を思い出しました。
今は40歳を過ぎた娘が、小学1年生の時に行った
たった一度っきりになった家族スキー旅行で、寝台車も初めての日のことです。

スキーといえば、独身時代にも何度か行きました。
カニ族と呼ばれた大きなリュックを背負い、板スキーを担いで
大阪駅中央コンコースに座り込んでいた風景が
ゲレンデを滑る姿とセットになって蘇ってきました。

黒い煙をはいて、今にも走り出しそうな機関車は
しばらく、私を遠い日々へと運んでくれました。

  バトンはpomeさんに渡します。
  夏野菜植え付けとかの準備にもかかるんでしょうね。

次の方とは どうやら私みたい
アイちゃんさまへ

ものすごい労働力を傾注しての
こだわりの薪ストーブ生活に仰天しています。
一冬に2トンの薪・・・
こんなことは誰にでもできる芸当ではありません。

こんな記事を読んでしまったら
次の当番は何を書けばいいのか、途方にくれてしまいます。


私はウォーキング中の出来事か、
読んだ本のネタしかありません。

ウォーキング中に、朱雀門で一服していると、
たまにボランティアのガイドさんが話しかけてくれます。
ボランティアのガイドは、ほぼタイプが決まっています。
全員が男性で
会社を退職したのがいつだったか思い出せないほど、
現役時代が遠のいた人ばかりです。

でも、とても元気で善意に溢れた方々です。

ガイドさん「松永弾正の多門城跡の中学校は、エーっとなんと言ったっけな~~?」
私    「若草中学ですか?」
ガイドさん「そうそう、それそれ」

と立場が逆転することもあるけれど、
平城京についての解説は、立て板に水のごとく
ガイドの情熱と使命感にあふれています。

平城京のガイドさんは
何処のガイドよりも温かみがあって
奈良時代のことなら惜しみなく知識を与えてくれます。

ところで
奈良時代といえば聖武天皇ですよね。
このあたりには古墳がいっぱあるのに
どうして聖武天皇の古墳がないのですか?と
私が無知なことを尋ねると、
ガイドさんはなんと答えたでしょうか?




趣味の薪ストーブ??
初めまして、アイです
状況がよく分からないまま、ブログを書くことになりました。
今回は、冬場の作業が主になる薪ストーブについてです。

紹介にありました暖炉は正しくは薪ストーブです。
2011年冬から使い始め、今年で3シーズン目になります。題目にあります
趣味の薪ストーブ??」は使ってみての実感です。これから薪ストーブをと
考えられている方へアドバイスです。

薪を購入できる裕福な方は別にして、自ら薪を調達しストーブを焚のは
正に「趣味の薪ストーブ」です。

薪作りの工程は、山に入り木を伐採し、それを道路まで人力で運び、それを自宅へ
車で運びその後、ストーブに入るサイズに切り(丸太切り)、それを斧で割り、
次に乾燥のため棚に積み込み、その後1年以上乾燥させると上質な薪になります。
1シーズンで約2トンの薪が必要です。

薪作り作業スタート
    これから丸太切り作業の開始です

ゆらゆら揺れる炎を見ているのは楽しいです。寒い日に外で薪割するのは楽しいです。
山に入り重い丸太を運ぶのも楽しいです。・・・・と思える方は是非
薪ストーブのオーナーになってください。

今後は、伊勢志摩地方のマイナーな情報も、お知らせします。
次の方へバトンタッチです。


おっ、忍者!?
こんな格好でスミマセン、ハナコです
女の子なんだけど、飛んだり跳ねたり
一日中走り回っています
これからもちょこっと登場するかもしれません
よろしくお願いしま~す 
ハナコソファ

さて先日のこと、
うらうらとした陽気に誘われ
伊賀上野のお城にお花見に 

伊賀上野は松尾芭蕉や、江戸川乱歩の生誕地で
繊細な組み紐や勇壮なだんじりでも知られています
そうそう、伊賀忍者も有名ですね
こじんまりと落ち着いた、いい町です

その日は春休みとあって、家族連れも多く
カメラ片手に子供を追いかけるパパやじいちゃんたち
で、そのカメラの先には・・・忍者が!

ピンクやブルーの忍者衣装に身を固め,
勇ましくも可愛いチビッ子忍者がいる、いる
こっちにも、あっちにも
ちょこまか走り回り、こけて泣く子も 

なんだか、とっても楽しくて、嬉しくて
のんびり平和な春の一日でした。
この忍者、石垣めざしてまっしぐら
お城に忍び込むつもり?
   ハナコのママ
ちびっこ忍者

次は伊勢志摩で薪作りに余念のないアイちゃん
おねがいします


初めまして利峯庵です。
ensachiさんのお誘いで 縁は異なもの ブログに参加することになったおばたりあんの利峯庵です。

定年後10年今年古希を迎えました。

書道、篆刻、陶芸、去年から新たに水墨画を始めましたが、どれも中途半端になっています。


この似顔絵は、篆刻用の印材で彫ったものです。自分では案外気に入ってます。

               image10[1]


     それではバトンを
           ハナコのママさんにお渡しします。
               ハナコのママさんよろしくお願いします。





はじめまして pomeさんで~す
熱心な勧誘に 落城しまして
このブログに加わることになりました
いつ姿を消すかわかりませんが
とりあえず なんとか ついていくことにします
よろしくお願いいたします


はすレンコン

さて この写真 何だと思いますか ?
先日 花ハスの植え替えをしました
その時のものです
鉢の中を全部出してしまい
去年出来た 新しいレンコンを
植えつけているところです


自然薯パイプ

これは 自然薯や長芋を植えつけるため
パイプを伏せているところです
この上に土を盛り畝にします
パイプを伏せて土が落ち着いてから
種イモを 目印の竹のところへ 植えつけます

今 プラムの白い花
そして 桃の花も満開で
桃は 枝の上がわの 上を向いている花を落として
枝の下の花を残し 果にします

3~4月は 諸々の準備で
結構多忙です

書き始めると長くなりますので
今回は この辺で 置きます


 それでは バトンを
  利峯庵さんに お願いします
       利峯庵さん よろしく
   

人生いろいろ
 ♪ 老後もいろいろ
     楽しみだって色々咲き乱れるの~~

リレー記事をつなぐ6人の紳士・熟女をご紹介します。

① トップバッターで登場したのが ブログネーム スマイル
  ちょっとばかり乙女チックな73歳。
  怠け心が芽生えた年頃になりましたが
  何かを書き出すとのめり込んでしまい、
  恍惚状態で文章を書いている。 そうです。
  そこから生まれ出る、クスリと笑う記事を思う存分書いてくださいね。

② ブログネーム アイちゃん
  元車関係の技術者。
  それゆえか、
  山仕事も大工仕事も趣味を超える仕事ぶり。
  こよなく海、山、温泉を愛する心優しき男性です。
  退職後は、暖かい所に住みたいと言う奥様と
  伊勢志摩で暖炉のある生活を始めました。
  ただいま、伊勢志摩地方、大探検中。

③ ブログネーム ハナコのママ
  自家製のコンニャクや椎茸、季節の山菜など
  自然の恵みをいっぱい持って訪ねてくれる
  田舎暮らしを楽しむおばちゃん。
  ボカシ肥えを手作りし、バラもきれいに咲かせます。
  あれこれ興味は尽きないけど、歳には勝てず断念すること多し。
  懲りずに面白そうなことにはすぐ参加したがるちょっと素敵な人。

④ ブログネーム  pome
  口は多少悪いけど、なんにでもよく気のつく、
  犬が大好きな、頼れるおじさんです。
  野草や山菜にも詳しく、自然博士でもあります。
  それが高じて日本ミツバチの飼育に挑戦しています。
  集団でハチが逃げていく苦労話。
  それから甘い蜂蜜も楽しみで~す。

⑤ ブログネーム 利峯庵
  篆刻は注文が来る腕前です。
  書道、水墨画、陶芸を楽しむ一方で
  気楽にボランティアに出かける自称オバタリアンだそうです。
  彼は誰にもイヤな顔を見せたことがない好人物です。
  
  皆さん、ブログのことは利峯庵さんにたずねてください。

⑥ ブログネーム  ensachi
   コツコツ餌を求めて働き続けた酉年生まれです。
   武器にしていた体力が衰えてクサっていましたが、目覚めました。
   持ち前の図々しさをここで発揮致します。
   心豊かに暮らしている友達を言葉巧みに勧誘して
   エープリールフールの日から、6人によるリレーブログを始めました。

    
   バトンタッチ次の走者は
     暖かい春の日差しを浴びて、野山を動き回っているpomeさんにお願いします。
     里の便りを届けてくださいね。
  
     
     

   

  
  


  
装いも新たにリニューアルオープン!
誕生日に頂いたお花
皆さん、お久しぶりです。
今年もちゃんと桜の花が咲き始めましたね。
世の中が浮かれやすい時期になりました。


魅惑のオーストラリア紀行もついにピリオドを打ちました。
始まりがあれば、必ず終わりがあるのですから、
それは仕方がありません。


ensachiさんとハナコのママさんの前向きなアクションが奏功して
なんと!男性の方3名がリレー記事に参加してくださって
新形式のブログに脱皮することになったそうです。

思わぬ展開に 私はそわそわ色めきたっています。
それにしても
熟女二人の強引な熱意には圧倒されてしまいます。

口説きに応じてくださった3人の紳士諸氏、
心中察するに余りありますが、
いまさらもう逃れることはできませんぞ。
多趣味な男性の視点からの渋い記事や作品など
心から楽しみにしております。


 以上、ブログ再開にあたっての
スターティング・コメントとさせていただきます

これにて、リレーブログ、2番走者のensachiさんに
バトンタッチいたします。