縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
07 | 2013/08 | 09
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ただいまeveryone.
untitled.jpg


西オーストラリア走行距離7,000kmモーターホームの旅をして帰ってきました。

7,000kmは北海道の北端から九州の南端まで(約3,000km)ドライブして
もう一度折り返すと言えばいかに長距離かわかってもらえるでしょうか。

西オーストラリアの南に位置するパースの町を出発して北上していると、
宿泊地のキャラバンパークで出会う人達の間で
'never never' と言っているのを何度も聞きました。
never arrive=簡単には行き先へ到着しない広さ。ということを表現している言葉なのですね。
右も左もずっと同じ景色が続く直線道路を どこまでも果てしなく走り続けた毎日でした。
オーストラリアはなんと大きな大陸でしょう!!
二度と経験することのない貴重な体験をしたと思います。
日本人とは滅多に出会いませんでした。

オーストラリアは今は冬で 旅を始めたパースでは寒い日も雨にもあいましたが
亜熱帯地域に入った頃は、日中の気温が37度になる日もあり
キャラバンパークに到着すると、プールに入ってしばし体を冷やす日課になりました。
プールは社交場になっていて、北上する人 南下する人達が
so beautiful! oh! lovely. を連発して、訪れた場所やレストランの情報交換をしています。
ホテル宿泊ではこんな出会いはないそうで、キャラバンパークの楽しみなんでしょうね。

私も日本語英語で大阪のおばちゃんを発揮して 仲間入りしてきました。
豊かな胸と栄養たっぷりのお腹でも、水着姿で夕食時まで過ごしているのは
涼しくていいのでしょうが 私に真似はできません。
オーストラリアの人はそれなりにカッコイイのですよ。

次回からは、関空を7/9に出発して 8/26帰国するまでの48日間の旅で見聞きした話しと
大自然の写真を掲載します。
P1050531s_convert_20130817205239-2.jpg

最後になりましたが
管理人が旅行先から送付した ローマ字の読みづらいメールを
工夫してブログにアップしてくれたensachi姉と ハナコのママの努力に感謝いたします。




ensachi 帰国です
今日は最後の日になりました。
ダーウィン発の切符を早くに変更したのです。
これは、こちらの旅行の都合です。
元気に帰ります。
                 Sachiyo


元気に帰っておいで。

ベトナムに行くと言い出さなくてよかったよ。


フォト アルバムⅡ
260_convert_20130824221245.jpg
359_convert_20130824221417.jpg
461_convert_20130824221556.jpg

   
写真説明はありません。

ジョン夫妻は、次の旅行がもう決まっていて、
行き先はベトナムだそうです。

ensachiさんは予定通り8月末に帰国するようです。

ensachiさんの一大イベントも大詰めを迎えました。

私はというと、
老兵は消えるのみ、の心境です。

ensachiメモより
ポートヘッドランドへ移動の途中に、
123輌連結trainが私たちのcrossingで止まった。
私たちのモーターホームは信号を渡れるでしょうか!?

4連結road train
(道を走る電車と呼ばれるほど長い自動車)は、
64個タイヤがついていた。

エイトマイルビーチで泊。
キャラバンから少し歩くと目の前にビーチが出現。
美しいビーチが果てしなく続いてました。

※このシーンらしき写真があるか、探してみます。


一面の黄色いジュウタン
大空と丘の水平線が美しいですヨ(分かってもらえますか?)
一面の黄色いジュウタンでね。


と、ensachiさんの手紙に↓のような線画が書いてある。
分かる人にはわかるのかな。


フォト アルバム
523_convert_20130822230029.jpg
473_convert_20130822225755.jpg
458_convert_20130822230350.jpg
421_convert_20130822230207.jpg


一足早く帰国されたtomomiさんに
ensachiさんが託した手紙が、20日に届きました。
手紙とともにデジカメ用のメモリチップが同封されていました。

それをブログにUPしてほしいということでしょう。

手紙といっても、
学校からの連絡帳を破りとったかと思われる用紙に、
達筆で書いてあるのは、
まるでメモや資料みたいなものです。

おまけに、私はデジカメを持っていないときてるので、
困難を極めた作業にはまり込んでいます。

やっとの思いでここまで漕ぎ着けた努力の跡を
汲み取っていただいたら幸いです。


おびただしい写真と彼女のメモに押しつぶされそうです。、


441_convert_20130821224532.jpg
379_convert_20130821223719.jpg
375_convert_20130821223418.jpg


ensachi ワニを抱く!!
ブルームのワイルドパークにて

ワニを抱きましたよ!!!!
すばらしい写真を送ります。
 Love from sachiyo
ワニー2


ensachiさん 勇気あるなあ
と、思っていました。
でも、こんなチビのワニだったんですね。
ensachi 亜熱帯に入る
8月17日付けのメール

残り一週間になりました
亜熱帯地域に入ったので37度です。
毎日プールに入って涼んでいます。
膝まで浸かって水の中を歩いたり
ワニを抱いたり
初めての経験ばかりです。
ローマ字は読みにくいので
これで終ります。
  ensachi


P1050531s_convert_20130817205239-2.jpg
P1050577s_convert_20130817204909 -2
P1050595s_convert_20130817205010-2.jpg
P1050628s_convert_20130817205058-2.jpg
P1050705s_convert_20130817205139-2.jpg

と、いろいろ珍しい体験をしてご機嫌のensachiさんです。
今回は画像の説明がありませんので
どうぞお好きに想像してくださいね。




遅ればせながらm(__)m
モンキーマイアです。↓野生のイルカがこんなに近くまで寄ってきますモンキーマイア 

ともみさん親子は明日荷物をまとめて 12日早朝帰国します。
日本語のメールは最後になります。
ここはブルームの町へ来ています。
1880年頃に日本から こんなに多くの人がこの町へ真珠鳥の仕事をしに来ていたのです。
海に潜ったて亡くなった日本人のお墓で手を合わせました。
このちでも日本の人は 良い働きをしていたようです。
恐竜の足跡がある岩場の浜に行きました。
愛する奥様のために 岩場に作ったと言うプールも見ました。
昨日の昼食はazukiと言う名前の日本のレストランで サーモン刺身をごはんとキッコーマン醤油とワサビをつけて食べ 今日はシーザーズサラダとガーリックパンで 食生活は満足です。
今は8:30です。シャワーを済ませてお休みタイムになります。
プールでひとおよぎ 楽しいです。

グレートバリアリーフです。↓ハートの形のサンゴ礁です
 グレートバリアリーフ

こんなメールが届いていました。
鮮度が落ちていて申しわけありません。
写真は勝手に探してきてUPしたものです
しばらく便りがありませんので・・・
ensachiさんからの便り、
遊びほうけているのか忙しいのか、
便りがありません。
便りのないのは元気な証拠と
言いますから、きっと元気なのでしょう。

それで我が家の話しを少し

世間では熱帯夜だ
炎暑だと大変な様子ですね。
我が家は標高500Mの高原に位置しているので
さすが昼間は30度までいきますが
朝晩はヒンヤリと気持ちよく
13日など、なんと16度まで下がり、
涼しいを通り越しておりましたよ。
もちろん、エアコンなんかかけません。
扇風機でじゅうぶんしのげますからね。

バラと夏野菜


写真のバラは今年の二番花です。
ほんとうはこんな暑い時期は、
秋バラのためにも
咲かせない方がいいんですが、
私は、出てくる蕾は全部咲かせます。
なぜって、寒さが早くて
秋バラが満足に咲かないことが多いから。
温度差があるので、けっこう綺麗に咲いてくれます。
夏野菜とツーショットで。

少しは涼しく感じてもらえたかな?



enschi 感動、感激する
目の前に突然明るいブルーの海があらわれました。
走り降りたら 果てしなく広がる砂浜が続くビーチです。
80マイルですよ!!!!
感動して涙が滲みましたねエ これはすごい。見たことのない海の景色です。

昨夜はポートヘッドランド宿泊でした。
シャワーで隣り合わせた婦人が声をかけてくれて 
20年来の友達と約束の再会をして旅行をしている と話すと
It is so beautiful story.
と涙ぐまれて 私はこの婦人の心優しさに胸打たれ どちらともなくハグしあっていました。
オーストラリアでもホテルでは このような交流はなくて キャラバンパークならではだと聞きました。
良い旅を続けています。


8月8日付けのメールです。
80マイルは約130キロぐらいですか、
それはすごい、感激しますよね。
日本では絶対見られません!

シャワーで隣り合わせて感動のあまり
ハグしあったということは
スッポンポンの状態?
なかなか日本では体験できないことばかりですね。
またまた追加メール
毎日朝があけたら出発して コーヒータイムをとって休憩。ランチには車内でサンドウイッチを各人作る。そしてまたドライブ ドライブ。右も左も同じ景色が続き 真っ直ぐな道が続く。どこまでも走りつづける。これがaustraliaです。
今日は242kだけなので1時30分に到着。woolworthで食料を買い込み ともみ親子はプールでひとおよぎ。私はサイド chairに座って眺めている。パースから夫婦でキャラバン旅をしている 貫禄の老婦人が巧なクロールを披露してくれた。時間がゆっくり流れて 人生のrilaxtimeを過ごしている


今日は242kだけなので・・・ということは
いつもはどれだけ走っているんでしょうか。
ほんと誰が運転してるんだろう・・。

追加メール?です
ensachi姉 さんへのメールの続き?

昨夜はロードハウス野宿のことです だったので水も電気もなくて 満天の夜空を見上げて
星の輝きに感動しました。
シューチングスター流れ星を見ました。
今日はピルバラに到着。2700kは走ったそうです。
鉱業町のようです。石油とガスが採れて 小高い山の上で火が燃えていました。
アボリジニの壁画を見に岩場を散策したよ。
博物館では日本人の名前を見つけて パールを求め海に潜った人のお墓へ参りました。
fish and chipの昼食を楽しみました。



相変わらずちょっとヘンな日本語まじりです。
すでに2700Kを走ったということですが
以前、九州から大阪まで500Kを
つれあいと交代で運転しことがありますが
ほとほと疲れ、もうイヤだと思いました。
ほんとに誰が運転してるんでしょうか??
タフですね





新着メール
タイトル:久しぶりです
    
※(久しぶりではありません)

8月6日はピルバラキャラバンパーク宿泊です。
kマートでパンツ15ドルとサンダルを買いました。
昼間は日光が強くて いよいよ真夏なみ31℃になります


タイトル:続きです

昨夜はロードハウス野宿でした。
電気も水もなくて 夜空が最高に耀いていた。
夕焼けも朝日もうっとりする美しさです。


 いよいよロードツアーも最高潮のようですね~~

走行距離 2,200km、気温31℃、野宿。

私だったら、夕焼けや朝日にうっとり見惚れながら、
この旅で寿命が尽きてしまいます。
2,200km走りました
キャナアーバンのキャラバンパーク到着です
パークは1宿泊12ドルします。
ここは少し大きな町で、azc銀行がありチェックが両替できました。


本日届いたメールです。

宗谷岬から、沖縄県与那国島までの全長を検索したら、
3,600kmとなっていました。

それを基にして計算すると
ざっと、青森から門司間くらいの距離は
走ったことになるのかな。

障害物がなくて、日本の国土を縦走するより速いだろうけれど
それにしても、
思えば遠くへ来たもんだ、の世界ですね。

一泊12ドルは安いように思うけれど
どうなんでしょうか。
$12×@85=¥1020

写真はなかったので、今日の報告は苦労しなくてすみました。



ensachi 旅便り
8月1日付け

カルバリーキャラバンパーク近くの海岸です。
モターホムの住人が揃った写真です。

デザートピーと言う名のオーストラリアの花を見つけました。
蔦になって地面にはって咲いています。

デザートピーという花


モンキーマイヤーは友美さん行きたい目玉の観光の一つです。

モンキーマイア


朝食時になると海岸へちかずいてきます。
かわいい目をして あざやかなアップダウンをして泳いでいます。
イルカ

今日はパールファーマーへクルージングツアーを申し込みました。
1人3000円ほどですが 6人のかぞくわりびきになって 15000円になりました。



と、日本語でのメールが届きました。
ときどきヘンな書き方がありますが
英語漬けの日々を送るうち
頭の中がかの地のひとのようになってきたような・・。

ドルフィン(イルカ)がせっかく目の前で
飛んだり跳ねたりしてくれるんだから
シャッターチャンス、しっかり狙ってほしいなあ。


インド洋に沿った直線道路を走るモーターホーム
untitled.jpg

同乗者7人が楽しそうに並んで写った写真も
送られてきました。
でも、他の日本人の参加者の承認を得ていないので
UPできません。

とても残念です。

ファイルが添付されているのではなくて、
画像がそのままメールに入っていました。


モーターホームは、
いったい、誰が運転しているのでしょうね。
不思議の一つです。

Mr.ジョンは、もう70歳を過ぎているようですしね。

交代するといっても、こんな大型車の運転免許を持っている人が
複数いるとは考えられません。

誰が、こんなホームをあちこち移動させているのでしょうか。

燃料は重油を使うのかな。

次々と疑問符がいっぱいです。





最新の記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

訪問客