縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
06 | 2013/07 | 08
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

今日届いたメールです
機械に強い人達が多くて幸いです。
不思議なことですが 日本語もうまく出てこないです。
変な話し方をしています。
さて 今日は110キロで5時間走って 
デンハムの町に到着です。
ワイルドフラワーは少し咲いています。
9月には満開するようです。残念!!
インド洋がきれいです。
海の色が白浜とまた違います。
夕日が沈むのを浜辺に座って眺めている・・・ 
なんとリラクスタイムでしょう。
リクイッシュと言う菓子が私の便秘に効きます。
皆食べ過ぎてはいけない と云いますが
皆も大好きです。
どこまでも続く直線道路 
これぞオーストラリアの経験です。
大ちゃのメールは、
ロビンさんの家のパソコンに届いてるかも。。。


そのとき、そのときの光景は
ありありと目に浮かぶようにわかるのですが、
旅行の流れがちょっと分かりにくいです。


ウェーブロックや、荒野の墓標の写真が送れなくて残念、
とのことですが、撮影禁止なんでしょうか。

写真が送れないといわれると、余計に見たくなりますね。

そうなんだ、
オーストラリアはインド洋に接しているんだ、と
なぜか衝撃を受けました。

ウェーブロックや、造幣局の金塊や、荒野の墓標や、
ワイルドフラワーが、目の眩むような代物であろうと
インド洋の持つ壮大な可能性を
超えることはできないと感じてしまうからです






TV番組で、「兼高かおる世界の旅」を覚えていますか?
彼女は世界で一番美しい街はパース、と言いました。

造幣局の前です。

金塊を造る実演を見ました。
持って帰りたかったけれども、重すぎてポケットに隠せませんでした。

スワンベル・タワーです。
オータリクラブの人は 
もっと高くして有名にして観光客を集めたいと言ってます。
私はシドニーや、ゴールドコーストのような
観光都市にならないほうがいいと思います。

セント・ビーチにドライブしました。
インド洋に面しています。
これからの旅は、この海岸を眺めながら続きます。

明日はウエィブ・ロックへ行きます。
明日からはモーターホームの旅が始まります。

  Love from Sachiyoジョンとツーショット
多分 Mr.ジョンとensachiさん
AUの造幣局前で

ぱーすのまちをはなれて 
ウエーブの形をした大きな岩を見に来ました。
写真を送れないのが残念です

今日は東京から 
ともみさんとすみれさんが空港へ到着したので
これからは日本語が話せます。

モータアーホームは 
もう一人のローマさんも加えて6人で満員になりました。

ともみさんが持参した機種でひらがながかけます。
でも 余り時間がないので これで終わります。

 Love from Sachiyo 

ensachi 旅の便り
7月29日

パースを離れて4日目の朝です
小さな粒の種が入った食パンを二枚 トーストしてマーガリンとベジマイトを塗ります。
これが私のお気に入り朝食です。
今朝は久しぶりの好天気。洗濯物でキャラバンパークは花盛り。
3~4分で波しぶきが吹き寄せる海岸通に出る。
向こうは島かと思ったら湾になっていて内海は静かだ。
ここはキャルバリーナショナルパーク

ここに着くまではトイレ休憩とコーヒータイムの他はドライブ又ドライブがつずきました。
800キロほど走ってきました。
エミューが道をあわてて横切りました。大空と丘の水平線がきれいです。
  ensachi より


毎日が忙しくて
写真の整理が出来ず、
今回は画像なしだそうです。
でも、こんな光景、見てみたいよ!
取れすぎても・・・
暑いですねえ
今年は梅雨も短かったので
夏野菜の成長がすごい、すごい!
これは、今朝採れたスイカと野菜です。
いくら、無農薬、有機育ちのおいしい野菜といえども
食生活がかたよりすぎかな、と思うけど、
この時期しか食べられませんものね。
皆さんにおすそわけできればなあと
思いながら、あれこれ料理しています
取れたて野菜2


キュウリがいっぱい取れました。
さっそくキューちゃん漬けを作りました。
左の2キロのキュウリでできるキューちゃん漬けが右のやつ。
とってもおいしいよ~
キューちゃん漬け2







ensachi 旅便り 5
Perth Mint & Cottesloe Beach

TV番組で 兼高かおる世界の旅 を覚えていますか?
彼女は世界で一番美しい町、パースと言いました
パースの町並み2


造幣局の前です。
金塊を造る実演を見ました。
持って帰りたかったけれども、重すぎて
ポケットに隠せませんでした。
建物&サチヨ2


スワンベルタワーです。
ロータリークラブの人は
もっと、高くして、有名にして観光客を
集めたいと言っています。
スワンベルタワー2


サンセットビーチにドライブしました。
インド洋に面しています。
これからの旅は この海岸を
眺めながら続きます。
サンセットビーチ2


明日はウエイブロックへ行きます。
明日からは モーターホームの旅が始まりです。
  Love from Sachiyo



 ensachiさん、  旅を満喫している様子、元気そうですね。
 いよいよモーターホームの旅が始まるんですか。
 どんな便りがくるのか楽しみです。

ensachi 旅の報告 4
Rottnest Island (ロトネスト島?)

ロトネストへ行ってきました。
ロトはねずみです。
ですが、本当はちいさなカンガルーです。
フリーマントルのハーバーもきれいですよ。
ジョンの弟、マーティンさんは
ヨットを持っています。
ガールフレンドのベティさんと一緒に
案内してくれました。
  
 Love from sachiyo


P7220943s_convert_20130722214950-2.jpg

P7210907s_convert_20130722214646 -2

P7220932s_convert_20130722214750-2.jpg

 素敵ですねえ、優雅ですねえ
 我々の生活とは規模が違います
 ヨットハーバーで、ensachiさんとベティさんの
 すてきなツーショットもあるんですが
 それは、いつか本人がその気になれば
 UPしてくれるでしょう。
 
 ロトネストが、イマイチ意味不明なんですが
 そういう名前の島でしょうかね。






ensachi フォト便り パースにて
ensachiさんから フォト便りです。
パースにて、と思われます。
詳しい説明はありません。
画像を見た人に、想像してもらいたい
ということでしょうか。

パース小2

パース小1

パース小3


ポールマッカートニーがやって来た
私の趣味はアマゾンの古本屋で本を物色すること。

良さそうなのが見つかると、カスタマレビューを読んで
買うか、どうするかを決めるんです。

今回は、ジョン・リッチーの本に決めました。

楽しみに待っていると、届いたのがなんと
ポール・マッカートニーのCDでした!



ポールマッカートニー

マッカートニーがイヤだと言うわけじゃない。

だけど、晶文社の本を注文したのに、
マッカートニーが来るのはマズイでしょうが。

まず、その古物取扱業者にメールで文句を言わなければなりません。

私のどうしようもなくくだらない点は、
クレームをつける文章一つにしても、凝り性なんですね。

マッカートニーではなくて、
晶文社の本を送ってほしいと書くだけなのに
時間がかかることおびただしい。

そうして、ついに届いた注文通りの本は
帯付で古本とは思えないほど綺麗な状態でした。

むこうさんは、間違って送ったCDは着払いで返送してほしいとのこと。
当然の言い分です。

でも、そのために
私はわざわざ郵便局まで行かなければならない。

腹が立ったけれど仕方がない、行きました。

ところが、着払いだとゆうパック扱いになって
CD一枚送るのに800円もかかるのです。

普通郵便だと200円で済みます。

800円のゆうパックにしたら相手が払うのですから
そうすればいいのでしょう。
でも、私は200円の身銭を切って送ってあげましたよ。

最後の仕上げに、私は再び古物取扱業者あてに
着払いにしないで普通郵便で送った旨を
名調子のメールで知らせておきました。

その後、先方からは何の音沙汰もありません。

名調子も効果なかったみたいです。



ensach 旅の報告3
きた、きたオーストラリアらしい画像が!

「こんばんは
これが一番小さい写真です」


とのこと、
私がはるばる、ローマ字でメールを出した
返事です。
今回はうまくUPできました。

プロテアの花2
プロテアの花
アフリカからきたオーストラリアの花です

ロビン宅の夕暮れ2
ロビン宅の夕景

rozera2
ロゼラ(たぶん、この鳥の名前でしょう)

ロリキータ2
ロリキート(これもこの鳥の名前だと思います)


いいですねえ、こういう写真が欲しかったんです。
ロビンさん達のお友達、ビル&ベティのお宅にも行ったそうです。
楽しく、元気に過ごしているようです。





おいしい贈り物
ensachiさんのブログではありますが
留守中、ここを賑わせてほしいとの
彼女の要望にこたえて。

口は悪いけど心優しい、彼女と私との
昔からの友達、男性(いい年のおっさんです)。
いっつも突然夜間に訪れるので
アタフタしてしまうのですが、
例のごとく昨夜、
とってもうれしいお土産を持って
現われました。
何だと思います?
自宅で栽培している桃。
今年の桃はおいしい!
そして、日本蜜蜂のハチミツです。
これは希少なもので、
なぜなら
日本蜜蜂を飼うのはとても難しいんだそうです。
上品な甘さで香りもよく
とってもおいしい。
心していただいております。

ensachiさんの分もちゃんと頂きましたからね。

うれしい贈り物






ensachi、旅の報告2
やっとしゃしんがおくれました

ロビんはかしこいです!!!

これからはしゃしんんがおくれます

でも これからは にほんがかけません

ノートパソコんではいほんごがつかえません

あたらしいきじをよみました ありがとう

サチヨ、カンガルー

とまあ、こんなメール第2便がとどきました。
が、画像がどんな縮小ソフトを使っても
小さくならないのです。
これは、きっと日本と外国との
画像の型式の違いからではないかと推察するのですが・・

4枚の画像がありますが
どれも、おお、オーストラリア!と言える写真かな?、というもの。
ちょっとピンボケぎみではありますが
ロビン宅の庭に遊びにきたカンガルーというこれが
いいかなあ。
元の写真では、カンガルー2尾が写ってるんですよ。
今後、写真が添付されても、うまくUPできるかどうか
こころもとないです
ようやく第二便が届きました
ロビンとジョンはよくしてくれます。
綺麗な家です。
娘にひらがなの文章を送りましたが、読めないと思います。
後で写真を送ります。
201011141408531.jpg


アップした写真はオーストラリアではありません。

私がウォーキング中に撮った写真でお茶を濁しておきます。

オーストラリアのダイナミックな写真に比べて
可愛そうなほど見劣りますが、

圧縮などと難しいことをいわないで、
間に合わせに甘んじてくれています。

メールの差出人名が、エリザベスからジョン&ロビンに替りました。
これからはジョンのパソコンを拝借するのでしょう。
旅の第一歩
ゴールドコーストの夕焼け
きれいですねえ
これ、届いたばかりのensahiさんからのメール、
ゴールドコーストの夕景ですって。
本人が写っているものは、しっかりダウンを着ているので
寒いのでしょう、酷暑のこちらからは想像できません。
元気に旅の第一歩を下ろしたようですね。

ところで、私のメールには写真は添付されてましたが
これといった文章はありません。
ensachi姉 さんには旅の印象を
こちらには写真をという魂胆なんでしょうか、
しかしあのensaghiさんが
果たしてそこまで深くかんがえているか??
ねえ、ensachi姉 さん!
昨夕 メール第一便が届きました
海岸に面したカフェで昼食しました。
雨が降っています。
パソコンが違うので、簡単に操作できません。
今朝の食事はステーキとジャンボソーセージ2個と
ベーコンつき目玉焼き2個が乗ったトーストです。

疲れた飛行機後にはカプチーノが美味しかった。

犬のロッキーが可愛いよ。
前の犬は馬鹿でしたが、亡くなりました。

以上が、ローマ字で書かれていた全文です。

遠い遠いAUから届いたレアなメールに感激しました。
柏原に居るのとちっとも変わらない・・・

画像が6個添付されていますが、
6個とも3メガバイト以上なので
サイズが大きすぎてブログにアップできません。

そもそも、受け取った私自身がみていません。
マイピクチャに、画像ではなくてファイル形式が
入っているだけです。

これが曲者なんですね。
7/9 出発
少し早い誕生日カードを頂きました。
7月11日から68歳です。

帽子・サングラス
地球の歩き方=オーストラリア=を持って行きます。

行ってきます


猛暑の日本を脱出しますので
熱中症の心配はなくなり 寒さに向かう喜び?がある昨今です。

4000kmの車の旅といいますと
北海道から九州までが2700kmだそうで
気の遠くなる車内の生活が始まると覚悟を新たにしました。
元気に行ってまいります。

ブログを見て下さっている皆様へ
暑さ対策をされて 健康に日本の夏を乗り越えてください。




初めての期日前投票
ゴールドコーストの夕焼け
ゴールドコーストの夕焼け。
この地へ7/10(水)早朝に到着する予定です。
朝日を浴びて 観光客が少ない海岸を散歩するのも もうすぐです。



今朝は期日前投票を済ませてきました。
候補者名を見てもまだよくわかりませんが 大切な一票です。

このブログでカウラ事件について書きました。
その後
遺族や関係者が訪豪されて60周年慰霊祭が挙行されたことを聞きました。
生き残った人の言葉で書かれた祭文は 胸に迫るものがありました。 
今 日本とオーストラリアは友情の輪が広がっています。 と
あの脱走の日に別れた人々に涙で報告されていました。



いよいよ出発が目前です。
帽子・サングラス・地球の歩き方本が 送付した写真のどこかに見つかれば
私が元気に旅を続けていると思って下さいね。




いよいよですね
今日はensachiさんから一時のお別れの電話がありました。

午前中は、仕事でお世話になった故人のお墓参りを
済ませてきたそうです。

彼女がいろいろやってるのは
オーストラリアに向かって飛び立つ前の
一種の儀式みたいなものでしょうか。

ああ見えて、案外几帳面なところがあるんですね。

姉にも電話して、ブログのことや何やかや
最終的なチェックをしておきたかったのでしょう。

ensachiさんは、場数を踏んでいるため、
少なくとも姉よりはるかに機知に飛んでいます。
してやられたと思うこともたくさんあります。


でも、何をするにもまわりの者を巻き込んでしまう
人間味に溢れた人でもあります。

姉は、彼女の人間味にどれほど救われていることか。

図々しいとか、場数を踏んでるとか、
こき下ろしたまま送り出すのは気が咎めるので、
贖罪を込めてensachiさんにこの記事を贈ります。