縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
03 | 2013/04 | 05
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

白浜日記
taue.jpg
白浜駅へ着いた時は、大雨の後でした。
こちらの地区では田植えが始まっていて
当たり一面、蛙の合唱が懐かしくてね。
”日本人のふる里”へ帰ってきたような感じです。

何の花?
ジャカランダの大木を過ぎるとすぐに北農家があります。

お弁当
今日は嬉しい親子遠足。
朝採り筍の春巻きと、畑で採れたアスパラ巻き。
大好きトマトも入ってます。
ぎっしり詰まったお弁当を、3歳児紗会は完食でした。

遠足
行き先はここ左がベアズロック。熊に見えますか。
春の海ひねもすのたりのたりかな。遠くに船が霞んでる。

志原海岸
保育園児が遊ぶ姿を眺めながら
次女を乳母車に乗せて志原海岸を散策してました。
右手の建物は道の駅で、北農園のトマトも販売しています。

表彰状
”農家の台所”から頂いた賞状です。
嬉しいです。
早朝からせっせとハウスで働く姿を見ていますのでね。




ハナコはもうオトナ?
ハナコおあずけ
この頃、とみに食いしん坊のハナコ。
でも、待て!はできるのよ。
ずいぶん遠くで待てをして、
今か今かとママの合図待ち、可愛いでしょ
ハナコ生えかわり
花のそばの白いぽちっとした物体、
実は、ハナコの乳歯。
今まで、何匹も犬を飼ったけど
乳歯がボロッと口から出てきたなんて初めて。
見るのも初めて。
普通は人の知らない間に、抜け替わるのかしら?
    ハナコのママ 記

あんころ草もち
草もち
今の時期、道の駅などでは
必ず、地元の草もちを売っていますね。
おいしいのもあれば、それほどと思うのも・・。
そこで、一念発起、
もち米はある、ヨモギはそこらへんにいっぱい生えてる
よし、作ってみよう、と。
何年ぶりかしら、
おいしい、あんこ入り草もちができました。
近くなら、皆さんにおすそ分けできるんですが・・
   
   ハナコのママ 記
木香バラ
木香バラ
ご近所さんが 木香バラ を下さいました。
お花を頂くのは嬉しいですね。
バラの短所であるトゲがないので活けるのも安心です。
名前は木香ですが、この黄花の八重咲きは芳香がありません。

bara.jpg
このように花が下を向いて、鈴なりに咲いています。
天空に咲く桜
しだれ4
天空のしだれ桜という文字に魅かれ
奈良と三重の国境にある高見の郷というところに
行って来ました。
高見という名の由来はすぐ近くにある
高見山からだと思います。
この山は厳寒期の霧氷で知られています。
さて、天空のしだれ桜、
まだ、若木が多いのですが、
山の中腹から山頂にかけて
すべてしだれ桜、それが満開!
展望台からは、遥か遠く吉野の山並みが続き
見下ろせば、針葉樹の緑の真ん中に
桜の淡いピンクが広がって、それはきれいでした。
あと、5,6年もすれば、
みごとな天空の桜の園となるでしょう。
高見のしだれ2
        ハナコのママ 記
さくら保育園
0歳児から預かって、働くお母さんをサポートしています。
ひげじいさん
トントントントンひげじいさん♪
幼児はお歌が大好き!
手遊びに合わせて、16人の園児がのってきます。

さくら保育園では
ベテラン先生がきちんと生活リズムを作っているので
昔を思い出しながらの
私の一斉保育にも集中してくれるんですヨ。
可愛い園児達です。

おじいちゃん、おばあちゃん保母がいて
お兄ちゃん先生、時には小学生のお姉ちゃんが加わり
家庭的な保育園です。

お散歩さくら
さくら並木の散歩道。鯉にエサをあげています。

退職しても、体力の範囲内で働きたい私でした。
経済的な理由もありましたが
元気の源になる何かが欲しいと考えていました。

今、さくら保育園ではほめたり、叱ったり笑ったりして
少しの時間ですが楽しませていただいてます。

女子会!?
春の花束
今朝は零下1℃、霜がおりました。
こんな日があったりして、本当の春がきます。
今、うちの庭で咲いている草花を
ちいさな花束にしてみました。


昨日、今流行りのちょっとした女子会がありました 
といっても、ただうるさいオバサン4人の集まり。
でも女子は女子ですものね。
話題? 
北朝鮮のこと、シルバー人材のこと、
安倍ノミクスのこと、ヘルパー派遣のこと等々、
まあよく話題の尽きないこと。
きっとお店の人は呆れてたでしょうけど、
我々女子は再会を約して
スッキリと家路につくことができました。
  
 ハナコのママ 記


自己陶酔的な記事で恐縮です
スミレの写真とは関係のない話です。
‘時代の流れ’とも無関係な話で申し訳ない。

ブッカー賞をとった「フェンス」という本の話です。
ensachiさんにも是非にと勧めて読んでもらったのですが、
期待に反して ぜんぜん面白くなかったそうです。

普通は面白くないのだと暗い気持ちになりました。

姉撮影すみれ


アメリカのフェンス職人3人組が、親方の指示で、
あちこち遠くまで長期間にわたってフェンス作りに飛んでいきます。

フェンスを作らすと、見事な腕前の3人ですが、
リーダーを除いた後の二人ときたら
まったくのちゃらんぽらんで、そのいい加減さにはハラハラします。

ちょっとでも目を離すと、二人はタバコを取り出して
今晩飲みにいくスナックの話ばかりしています。

物語は、最初から最後まで
タバコを吸って休憩し、時々フェンスを作るだけ。

ちょっと変わっているところは
行く先々で雇い主と喧嘩になったり、事故が起こったりして、
そのたびに、結果的に怠け者二人の手にかかって、
雇い主が殺されてしまうのです。

死体を放っておくわけにもいかないので、
仕方なくその辺に埋めてしまいます。

死体が気になって、フェンス作りどころではないと思うのですが、
3人はそうは思わないらしく 
持ち主がいなくなった真新しいフェンスが、あっちでも、こっちでも
立派に出来上がっていくのです。


その面白さを共有できると思ったのですが、
ensachiさんはぜんぜん乗ってきてくれませんでした。





千紘1歳お誕生祝い
ちょうど大阪のおばさん家に来ていたので、皆でお祝いしました。
[広告] VPS

初めて動画を載せてみました。
高画質にすると有料になりますので・・・
この辺でご勘弁願います。
明日香の里の石舞台
石舞台
うらうらとした天気に誘われて
明日香の里までちょっとドライブ。
実は今朝の新聞に石舞台の桜が満開とのこと。
休日なら人の波だったでしょうが、
ほどほどの人出で、
ゆったりとした飛鳥の景色を楽しんできました。

小学生の頃、
遠足で来たときは
まわりが田んぼの
な~んにも無い小高い丘の真ん中に
むきだしの巨石だけがあったっけ。
たかだかウン十年前のことだけど
いにしえの石舞台の前で
わが時の流れを感じてまいりました

   ハナコのママ 記




くるみの木
くるみの木記事


今年は早くから咲き始めた桜ですが
花散らしの雨にもあわず
今日もまだ
枝枝を盛り上げるようにして花をつけている
佐保川に沿って果てしなく続く桜並木を見ていると
花咲じいさんが日本中に
パッツと花を咲かせてくれたんじゃないかと
今日はホントに思ってしまいました。

奈良へ向かう車窓から見た、リュックを背負ったハイカーが
一列縦隊でお元気に歩かれている姿
も微笑ましかったです。




先日も帯解寺へお参りした帰路、奈良へ寄り
一条通りにある”くるみの木”で昼食にしました。
白浜に住む娘夫婦が
ネットで人気のあるお店だと案内してくれたのです。

たまたまこのお店は、私が育った場所にありました。
昔々、明かりのない真っ暗な夜道が怖くて走って帰ったことや
線路沿いに蛍を追ったこと、月見草が咲いていたことなど思い出し。

焼きそば・オムライス・ピザとケーキを食べましたが
素材を生かした綺麗な美味しい品々でした。




ようやくの春
クリスマスローズ2
つい先日まで0℃近い日が続いていたのに
春は確実にやってくるんですね。
例年より早い開花のクリスマスローズです。
ムスカリ&水仙
こちらはムスカリと水仙。
おなじみの黄色とブルー、
春のうきうき感をいっそう感じさせてくれますね。

世間では桜の開花で盛り上がっていますが
ここらへんは中旬以降でないと満開にはなりません。
でも、コブシの花が今、あちこちの雑木林で満開なんですよ 

   ハナコのママ 記
帯解寺
あれれれ
9月に生まれる児の安産祈願に行きました。
家族4人で写真を撮ろうとしたら、長女が(つд⊂)イナイ

もうすぐ4歳になる長女はウロウロするし
誕生を迎えた次女はママの顔が見えないと泣き出し
大きくなりだしたお腹を抱えて、ママは大変です。

帯解寺のお参りは6回目を迎えました。
帯解寺は安産の霊験あらたかと信じています。
すでに
安産祈願をした5人の孫が元気に育っているので立証済みです。