縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

シーツーサミット完漕走
第20号
 地元三重県開催のシーツーサミットに参加しました。この競技は、海から山の頂上までを
人力で移動するものです。今回は三重県紀北町で、初の開催です。
一人で参加のため、写真は少ないです。
 カヤックで11キロ、自転車で22キロそしてハイク(登山)が6キロの合計39キロです。
カヤックは、コースをそれながらもなんとかゴール、自転車は道路がほとんど平たんに
助けられ、登山はガーン・・・・あまりの急斜面に打ちのめされ、ヘロヘロでのゴールでした。

       シーツーサミット完走
     写真は便石山(べんしやま)頂上のゴール地点です。


 今回の大会で、一番のご褒美は、地元の方が用意してくれたアマゴの塩焼き(先着100名)です。
燻製状態まで焼いてあり、味が凝縮していて美味しかった。

       アマゴ
   写真は半分食べた後の頭の部分です。


 モンベルのスタッフの方、そして紀北町の皆さんありがとう。
 でも、来年参加するかどうかは、ヒザに聞いてみないと分かりません。



庭の花たち
九州の地震早く収まることをお祈りします。
桜は大好評でした。全国的にはまだ続いていると思いますが。今回は目休めとして庭の花たちを紹介します。又
最後に問題があります。回答はコメントでお願いします。正解者には、もちろん豪華賞品はありません。


IMG_2198_convert_20160423214809.jpg
クレマチス1


IMG_2199_convert_20160423214826.jpg
クレマチス2


IMG_2212_convert_20160423214853.jpg
クレマチス3


IMG_2200_convert_20160423214913.jpg
マーガレット


IMG_2202_convert_20160423214929.jpg
サンザシ


IMG_2205_convert_20160423214951.jpg
木香バラ


IMG_2207_convert_20160423215012.jpg
アーモンドの実


IMG_2208_convert_20160423215032.jpg
コデマリ


IMG_2211_convert_20160423215057.jpg
クリスマスローズ


IMG_2214_convert_20160423215116.jpg
ハナイカダ


IMG_2215_convert_20160423215140.jpg
バラの蕾・・・・5月初めにはきれいな花を見せてくれると思います


ここから問題です。春に咲くヒマワリのような菊のような花は何でしょう?
IMG_2180_convert_20160423214723.jpg
コメントで回答ください。           以上です。













アーチェリーバイアスロン??・・?それは何ですか?
超・超マイナーなスポーツを紹介します。「アーチェリーバイアスロン」又の名前は「スキーアーチェリー」です。

参加メンバー全員
参加メンバーはこれで全員です


オリンピック競技のバイアスロンをご存知でしょうか。バイアスロンではライフル銃を使いますが、国内では
銃のハードルが高く、銃をアーチェリーに持ち替えたスポーツが「アーチェリーバイアスロン」です。
 国内でアーチェリーをやっている人はあまり多くありません、そしてクロスカントリースキーをやる人は更に
多くなく、「アーチェリーバイアスロン」は超・超もう一つおまけに超マイナーなスポーツになっています。

ここで、競技の概要を説明します。クロスカントリースキーでコースを5周します。1周回るごとにアーチェリーで
4本の矢を射ちます、合計16本です。アーチェリーは距離18m、的は直径16cmで外れると矢1本につき
1分のペナルティが課せられます。スキーの滑走時間+ペナルティの合計が記録となります。
ちなみに、初心者コースは1キロ×5周、上級者は2.5キロ×5周です。

スタート
初心者コースのスタートです。経験者は背中に弓を背負っています。

立ち射ち
1週目が終わり、立った姿勢で弓を射ちます


ひざ射ち
2週目が終わると、ひざを地面につけ射ちます


コースの途中には登りも下りもあります。登りは特にきついです。登り
登りは、両手のストックを使いながら、スケーティングの要領で登りますが、これがきついです。


下り坂最高
下りは最高です。BSの番組で「人生下り坂最高!」・・と言うのがありましたがあれと同じです。


的はドロップダウン方式で、矢が当たると倒れます。
的
矢が当たり、的が1つ倒れています

滑走時間は初級コースで40分~、上級コース1時間25分~で、記録はこれにペナルティの時間が追加されます。
個人的にはマタギスポーツと呼んでいます。私はアーチェリーからこのスポーツに入りましたので、スキーが早いより
矢が当たった方が価値が上なんだと豪語していましたが、今年は弓が当たりませんでした。
(試合結果は個人情報のためすぐには公開しません)

このブログを見られて、「アーチェリーバイアスロン」に興味を持たれた方は、お知らせください。バックアップします。
尚、大会は毎年このぐらいの時期(2月初旬)に、野沢温泉スキー場(オリンピックバイアスロン会場)にて開催しています。

あなたもオリンピック会場でマタギになりませんか?







冬の遊び 燻製作り
寒中お見舞い申し上げます。

寒いですね~ 。 温暖なはずの伊勢志摩地方も、池に氷が張っています。
さて、冬でないと出来ない遊び、燻製作りをやっています。本当は冬でなくても出来るのですが。
今回は鶏肉の燻製作りです。

味付け・・・秘伝のタレに漬け込みます。

IMG_1926_convert_20160125171906.jpg

タレは醤油と昆布出汁と塩としょうが唐辛子他です。秘伝でもなんでもありません。

風乾・・・・風に当て乾かします。扇風機で一気に乾かすより、自然の風に2日ほど当てるのが良いようです。

IMG_1927_convert_20160125171934.jpg

加熱・・・手作りの燻煙器です。下に七輪をセットし、炭火で加熱します。狙いは80~100℃で2時間です。

IMG_1929_convert_20160125172017.jpg
(写真は右側が上です)

燻煙器の扉を閉じた状態です。

IMG_1930_convert_20160125172040.jpg
(写真は右側が上です)

 温度管理・・・燻煙器の右側に取り付けた温度計は95.4℃です。適度の温度です。

IMG_1931_convert_20160125172211.jpg

温度のコントロールは、扉を少し開けたり閉めたりで行います。

燻煙・・・選定したブドウの枝を炭火に乗せ、煙を出しています。時間は40~50分です。

IMG_1934_convert_20160125172114.jpg

本来の燻煙は保存性確保が目的ですが、現代は香り付けがメインですので、もっと短い時間でもOKです。

燻製完成・・・美味しそうな色になっています。

IMG_1942_convert_20160125172147.jpg

味付けのベースが醤油ですので、日本酒に合います。又、煙がブドウですので、白系ワインにも会います。
理由は、ブドウの木が甲州だからです。本当かな?

次は、アジの干物に挑戦です。

それでは、寒い日が続きます。皆様ご自愛ください。






プチ木工
12月 皆様忙しそうなので、軽いテーマを!
 (いつも軽いテーマですね!・・・の陰口は言わない約束でお願いします)

某USA鍋メーカーのフライパンを清水寺より落ちかけながら買いました。でもフタのつまみは
金属製で、調理中は熱くて素手では触れません。

フタのつまみ金属



そこで、DIY(DaれがIったか、へたのYoこ好き)精神に火が付き、フタのつまみを木で作りました。
設計図はこんな感じです。図面が出来ると、半分完成した気持ちになります。

設計図


つまみは6角形にし、ひっくり返しておいても、転がらないようにしました。

木のつまみ


完成品はこんな感じです。どうでしょうか?

それでは皆様、良いお年を、お迎えください。