縁 は 異 な も の
68歳の挑戦から”縁は異なもの”にタイトルを変更しました。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

のんびりと宇陀路を歩く
第28号
大ちゃんを誘わなかったことがバレてもいいです。
その日はパパ(大ちゃんのご主人様。彼女の会話にはいつも、パパがパパがと登場するので、こう呼ばせてもらいます)が風邪引きで、大ちゃんは病院へ付き添ってあげていました。
誘っていても断られていたのですからね。

その日はぐずつく天気予報にもかかわらず、青空が見え始め、ハナコのママとensachiは急きょ
宇陀歩きを決行しました。
1又兵衛桜又兵衛桜
重なる山々を遠くに眺めて、点在する農家や田畑の中を歩きたくて、目的地は何もありません。
1フォックスぶらぶら歩きをしていると、農家の前にフォックスフェースを見っけ。

ヒルトコcafe1ヒルトコcafe
ここは狙っていたお食事処です。食べるのが優先するのはいつものこと。
メインのグラタンもポタージュもすでに胃袋の中。写せなくてゴメンナサイ。


2かぎろひ公園
” ひむがしの野にかぎろひのたつみえてかえりみすれば月かたぶきぬ ”   
      柿本人麻呂がこの地で詠んだ歌です。
踏みしめると落ち葉がカサコソと鳴るだけの誰もいないところに、立派な梁の茅葺休憩所がありまして、もったいないね。と喋っていました。後で知ったのですが、かぎろひが見頃になる冬場には沢山の万葉ファンが、早朝6時頃の真っ赤な朝焼け=かぎろひを観る会に集われるとか。茅葺建物は、昔の雰囲気作りに大いに役立っているのでしょう。
かぎろひ公園1
かぎろひ公園

yasai

帰宅して体重計に乗せたら、全部で10キロありました。
このお野菜を作った人は、ハナコのママのオトウチャン(ハナコのママがこう呼びます)です。
野菜の横に、生産者の顔写真を付けたかったけれども、本人の許可が下りず残念。

ハナコのママの夏のブログを覚えておられますか?
  < 胡瓜が冷蔵庫に入ってる。台所のカゴにも山盛りに積まれている。そこへ、台所窓の外か
     らオーイの声と胡瓜が入って来る。 どうするの、この沢山の胡瓜を! >

そんな場面もあるのでしょうが、今は野菜が高値で貴重です。
新鮮野菜を前にして、欲が出るensachi。  持てるだけにしたら、と言われても
美味しさを知っているだけに、残すことが出来ず、全部リュックと手提げ袋に詰め込んだのでした。

ハナコのママとオトウチャンが小倉に住んで以来、ensachiが頂き続けた農作物はトラック一杯分かな~
10数年のお礼を込めまして、ありがとうございます。そして、これからもよろしくね♪



第28号で秋のシンフォニーは終わります。
秋を探した10月の初めから、コスモス ススキ もみじ イチョウ メタセコイア等々 腕自慢の素敵な写真に感動した2か月です。
こんなにも美しい秋が、身近にあることを、気づかせてもらいました! 可笑しな表現ですが、ぼやっと見過ごしていた景色が目に入り、心に響いたのだと思います。何と素晴らしいことでしょう。皆さまのご参加のおかげです(^^♪ ありがとうございました。
まだまだブログは続きます。年の初めの特集号もしますよ~ 遊びに来てくださ~~~い。お待ちしています。





近江路の紅葉
滋賀県近江八幡市にある、聖徳太子によって建てられた(605年) 石の寺 教林坊に行って来ました。

随筆家 白洲正子が愛した近江の隠れ里 教林坊と言う説明に惹かれて。
赤い色ってこんなにあったかしらと。真っ赤な紅葉のトンネル。濃い赤の絨毯は朝から降り出した雨にしっとりと濡れて、
なんと美しい!
暫し立ち尽くすばかりでした。                     第27号  by ようこ

近江路 ①縮小


近江路 ②縮小


近江路 ③縮小


近江路 ④縮小


近江路 ⑤縮小

信貴山
第26号      by 利峯庵

日曜日なのに、奥様だけがお出かけされてしまい寂しい、、、と言われる利峯庵さんは仲良しご夫婦。
当麻寺のおぜんざいが美味しいと言っては、毎年のようにお二人でドライブされると聞いています。
今回の写真は信貴山です。
大きなトラが祭ってある信貴山は、沢山の阪神ファンがお参りに来ます。利峯庵さんは、阪神ファン。それもあるのでしょうが、近場にある信貴山は四季折々、やはり奥様とご一緒にドライブしたくなる場所なのでしょう。

あ1

本堂から東を眺めると眼下には奈良盆地が開けます。
元旦には、ここで初日の出を拝もうと訪れる参拝客で大賑わいします。
い1

キレイですね♪
う1

ユーモラスな張り子のトラ。
柏原には全国でも数少なくなってしまった、張り子のトラの伝統工芸を守り続けている有名人がおられます。
え1

お1

メタセコイヤ と 百済寺(ひゃくさいじ)
第25号 by まいど~る

メタセコイヤって 身長が100mになることもあるって木 ご存じですか?

滋賀県高島市マキノ 2400m続くメタセコイヤ並木道はメルヘンチックでおしゃれな街道。
恋人と散歩したら映画のヒロインになれますよ❤

201611262342131d6.jpg

20161126233939af6.jpg


20161126233941169.jpg


琵琶湖をくるっとまわり 東の方へ 「地上の天国」と呼ばれる百済寺(ひゃくさいじ)へと

201611262339373a2.jpg

20161126233754e1e.jpg

201611262337538f7.jpg

2016112623375111d.jpg

20161126233749c51.jpg

20161126233616edf.jpg


20161126233614a64.jpg


20161126233612c91.jpg

紅葉の美しさに吸い込まれ 奥へ奥へと本堂までのぼりました。
1400年前 推古天皇 聖徳太子の時代 百済人の為に建てられたそうです。
四季折々の表情を持つ山の優しさに包まれ まさに、地上の天国です。






KAZさんの通う道 route166
KAZさんがクルマで鈴鹿サーキットに通う道すがら
高見トンネルの入り口で撮影された写真です。

KAZさんの秋 紅葉

高見トンネルを抜けて松坂市内に入って撮られた写真です。
見事な黄葉に、先を急ぐのも忘れて思わずレンズを向けられたのでしょう。

版黄葉 縮小


KAZさんの秋 黄葉2


KAZさんは、もとは最先端のIT企業に勤務されていた方です。
どういう経緯からか、いまは鈴鹿サーキットで汗を流して働いておられます。
最近は、岡山サーキットまで仕事を広げておられます。
岡山まで片道クルマで3時間!何がKAZさんをそこまでさせるのでしょうか。

バイト仲間のまいどーるさんが、
KAZさんは実際のところ何屋さんですか?と何度もお尋ねになる。
するとKAZさんは、今回の質問には マーシャルや ですと
応じておられました。
ちょっとついていけない会話ではありますが、
この掴みどころのなさが、シャレててなかなか魅力的です。

                                     by スマイル


最新の記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

訪問客